送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp

スタンディングデスクと背中の痛み:本当に効果がある?

2024年7月04日

スタンディングデスクと背中の痛み:背中の痛みを軽減する

長時間座っていることが原因の、背中の痛みに悩んでいませんか?現代の生活様式では、一日のほとんどをデスクで働くことが多く、これが背中の痛みや他の筋肉骨格の問題を悪化させることがあります。そこで日常的にスタンディングデスクを取り入れ、姿勢を良くし、脊椎の健康を向上させることにより、背中の痛みを著しく減少させることができます。この記事では、背中の痛みに対するスタンディングデスクの様々な利点と、その最適な使用方法についての重要なアドバイスを共有いたします。




座りっぱなしの背中の健康への影響

長時間座ることは、実際に健康障害の連鎖を引き起こすことが多いです。これらの中でも、背中の痛みなどの、健康に対する有害な影響が特に深刻です。長時間座ることによって筋肉のバランスが崩れ、背中の筋肉が過度に緊張します。このアンバランスな状態は、日常的に姿勢が悪くなる原因となり、それがさらに脊椎のバランスをも悪化させ、慢性的な背中の痛みを引き起こします。

『内科学年報』に掲載された昨今の研究によると、長時間座ることで、慢性的な疾患のリスクが50%増加するとの結果がでています。さらに、長時間座ることは椎間板を圧迫し、ヘルニアや神経の圧迫リスクを高めることがあります。座っているときの下半身の状態は、血流が減少し、それは脊椎構造に悪影響をあたえます。


スタンディングデスクで背中の痛みを軽減する方法は?

特に長時間座る方々にとって、スタンディングデスクを使用することにより、慢性的な背中の痛みを軽減する答えになるかもしれません。ここでは、人間工学と筋骨格の健康の観点から、その助けとなる方法を説明します。

スタンディングデスクはより自然な姿勢を促進します。座る、立つを交互に繰り返すことで、脊椎の自然なカーブを維持し、正しい姿勢をとることができ、様々な健康リスクを軽減します。

スタンディングデスクは筋肉の活性化を促進します。立っているとき、体の安定筋群(腹部や腰部の筋肉を含む)は座り作業に比べて、より活性化をします。スタンディングデスクを使用することで、脊椎をより良くサポートし、背中の痛みの発生を減少させます。

スタンディングデスクは血液循環の改善を促進します。立っていると言うことは、下半身の動きを促すことができます。これにより全身の血流が促進され、椎間板や脊椎構造が十分な栄養と酸素を受け取ることができ、椎間板の変性の可能性が減少します。

さらに、スタンディングデスクは脊椎への圧迫を減少させます。座っているときは、特に下背部において腰椎が圧力の影響を受けます。スタンディングデスクは体重をより均等に分散させ、腰椎の圧力を軽減し、ヘルニアや神経圧迫のリスクを減少させます。

H2: スタンディングデスクを正しく使用するためのヒント

スタンディングデスクの利点を最大限に活用し、正しい使用するために、以下のヒントを参考にしてください。

1. 適切なデスクの高さ調整

座った状態と立った状態をのバランスを考え、体に無理が無い様に調整します。
以下はそれぞれユーザーの身長に基づくデスクの高さの推奨値です(参考のみ):

ユーザーの身長(フィート-インチ)推奨デスク高さ(インチ)
5'0" - 5'4"32 - 36
5'5" - 5'9"34 - 38
5'10" - 6'0"(36 - 40
6'1" - 6'4"38 - 42
6'5"以上43以上

2. 人間工学に基づいたセットアップ

モニターは目の高さに設定して、目の疲れや首の不快感を防ぎます。画面の上部を目線の高さに合わせ、キーボードは手が届きやすい位置に置き、肘が90度の角度を保つようにします。この配置は前かがみや後ろかがみの必要を最小限に抑え、脊椎の自然な整列を保ち、背中の問題のリスクを減少させます。

3. 適切な立ち姿勢

両足を肩幅に開き、体重を均等に分配し、適切な立ち机の腰の位置を支える必要があります。次に、膝にわずかな曲げを入れて硬直を防ぎ、血行を改善します。最後に、肩をリラックスさせ、中立的な脊椎の位置を目指し、過度なアーチや猫背を避けてください。

4. 柔らかい履物とフロアマット

サポート性のある履物を履き、足と脚への圧力を軽減するためにアンチファティーグマットの使用を検討してください。アンチファティーグマットは足、足首、脚の微妙な動きを促し、姿勢を向上させ、背中への負担を軽減します。

5. 定期的に体を動かしストレッチをする

立ちながら仕事をする際は、硬直を防ぎ、柔軟性を促進するために、定期的に体を動かしストレッチ休憩を取ることをお勧めします。ふくらはぎ上げや脚のストレッチ、肩回しなどの簡単なエクササイズが有効です。

6. 体調を整える

身体の違和感や不調などの兆候には常に注意を払いましょう。体感に基づいて立ちと座りのインターバルをタイムリーに調整してください。

結論

長時間座り続けなければいけない環境から、スタンディングデスクがある環境へ移行すると、健康に良い影響を与え、様々な悪影響を軽減します。スタンディングデスクは脊椎の痛みを和らげ、生活および作業の質の向上が期待でき、これは実用的な改善法の一つと考えても過言ではありません。

よくある質問

スタンディングデスクは慢性的な背中の痛みを治すことができますか?

姿勢を改善し、負担を軽減すことで、ある程度の背中の痛みを減らすことができますが、それだけでは完全に慢性的な背中の痛みを治すことはできません。最適な結果を得るためには、他の治療や人間工学的な実践と組み合わせることが不可欠です。

座る、立つ、どのくらい繰り返せばよい?

30分から1時間の短い間隔から始めて、許容される範囲で徐々に時間を延ばしていきます。その日の体調と相談しながら、不快感や疲労を防ぐために座ることと、立つことを交互に無理せずおこなってください。

座る、立つ、健康に悪影響を及ぼしやすいのは?

基本、長時間座ることも立つことも、背中に負担をかけることがありますが、一般的に長時間座ることは筋肉のアンバランス化、脊椎の圧縮、姿勢の悪化を引き起こすため、時間が経つにつれて背中の痛みを悪化させると考えられています。