送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オフィスチェアのチルト機構の説明

9月2日
3020 ビュー

オフィスチェアのチルト機構は、健康で適切な背骨と背中のアライメントを保つために重要な人間工学的機能です。チルト機構にかかる張力と強度が、背中をしっかりと支えてくれるのです。

しかし、チルト機構は1種類だけではありません。一般的な人がどれだけ座っているかを考えると、このような機能は家具に必要なものです。1日のうち、座って過ごす時間はとても長いですし、8時間くらいはデスクに座っています。

つまり、私たちを支えてくれる良い椅子が絶対に必要なのです。椅子の種類によって傾斜や機能が異なるので、長く快適に使うためには自分に合った椅子を選ぶ必要があります。

ここでは、オフィスチェアのチルト機構の種類を解説しています。

オフィスチェアのチルトメカニズムの種類

オフィスチェアは、仕事中にシートをリクライニングさせることができるため、チルト機能がついているものが理想的です。長時間同じ場所にいると、体にストレスがたまり、血流が悪くなります。リクライニングやロッキングができるシートがあれば、これらの問題を克服することができます。

シンクロナス・チルト

シンクロチルト機構を持つオフィスチェアは、背もたれと座が連動していますが、体を傾ける位置によって独立して傾きます。背もたれが8度傾くと、座面は4度動くという風にです。

オフィスチェアの調整は通常、座面の下にで設置されているので、椅子から降りずに簡単に調整することができます。また、シンクロのオフィスチェアは、「ウォーターフォールシート」というデザインになっています。これは、背もたれに寄りかかったときに、太ももにかかる負担を最小限に抑えるための機能です。その上、血行が促進され、腰への負担も軽減されます。

シングルポイントチルト

これは、通常のオフィスチェアに最も多く見られるチルトです。この機構のチルトはかなり基本的なもので、椅子の背もたれや座面の中央にあります。これは、背もたれと座面を1:1のリクライニング比で傾けるものです。

小さな傾きであれば問題ありませんが、5~10度以上の傾きを持つチェアには不向きです。背もたれと座面の角度が同じ割合で変化するため、リクライニングしたときに太ももの裏側が圧迫され、場合によっては痛みを感じることがあります。

ニーチルト機構

ニーチルト機構を持つチェアの場合、ピボットが座面の前方にあるため、チルトの角度は広くなりますが、座面は同じ位置に保たれたままです。エグゼクティブチェアの多くはこのタイプのチルト機構を備えており、シングルポイントチルトとシンクロナスチルトが合体したようなチルトチェアです。

背もたれを目一杯倒しても、足が地面についたままになります。これは多くのチェアで有効ですが、ピボット位置の関係で座面奥行きの調節がうまくいかないというデメリットがあります。

フォワードチルト機構


オフィスチェアによく見られるもうひとつの傾斜機構が、フォワードチルトです。これは、座面の前側が上下に傾いているものです。座面が前傾しているため、座っている間に下半身の血流が良くなり、腰の負担が軽減されます。また、前傾姿勢に伴う痛みもかなり軽減されます。

しかし、前傾チルトは一般的ですが、通常は単独で見かけることはありません。多くの場合、他の調節機能とともにマルチチルト機構の一部として使用されます。人間工学的なソリューションとして、前傾チルトチェアは優れた選択肢です。

フォワードグライドチルト機構


フォワードグライドチルトは、フォワードチルトとは少し異なります。これは、背もたれのリクライニングに合わせて、シートパンが前方に傾くように調整するものです。

これまでのチルト機構と違うのは、背もたれと座板が同じ方向に傾くという点です。この場合、背もたれと一緒に後ろに倒れるのではなく、背もたれのリクライニングに合わせてシートパンが反対方向に、そして下向きに動きます。

フォワードグライド機構は、人間工学的に適切な下半身の傾きを維持するために必要な、わずかな傾きを保つことができる優れた機構です。また、背もたれを大きく倒しても、腕や目線の高さが自然な範囲に保たれます。

背もたれの角度は135度くらいが理想的なので、腰痛に悩む人には嬉しいですね。

シートアングルロック機構


最後のタイプは、座面角度ロック機能です。背中ではなく、体全体が上向きになるため、リクライニングした状態で作業するときに最適です。

他のほとんどのオフィスチェアのチルト機構では、背もたれの角度だけが固定されるのが普通です。つまり、背もたれに力を加えるのを止めると、座面は通常の水平な角度に戻ってしまうのです。

長時間作業をする場合、一貫して背もたれに負担をかけると疲れますが、座面の角度がないと、太ももに負担がかかって疲れます。座面角度ロック機構があれば、作業中に座面と背もたれの角度をロックできるので、腰への負担を軽減することができ、その点でも有効です。

機構部フリーチルト

チルト機能付きの椅子でも、チルト機構がないものもあります。これは重量式チルトとも呼ばれます。このようなチルトチェアでは、座面の高さ調整以外の調整機能はあまりありません。

というのも、体重調整機能付きチルトチェアは、実際に自分で調整する必要がないのです。チェアに座り、身長と体重に合わせて高さを調整すると、座面の重さによって自動的にリクライニングが調整され、人間工学に基づいた姿勢を保つことができます。

ただし、そのためには座面の高さを適正な位置に調整する必要があります。また、この機能により、チェア自体の重量が軽減されるため、取り回しがしやすくなります。

Flexispot のエルゴノミックチェア

FlexispotのオフィスチェアOC14は、チルト機構を備えた人間工学に基づいたオフィスチェアで、仕事中に快適な姿勢を保つことで、不要な痛みを抱えてしまうことがないよう設計されています。

チェアは3段階の高さ調整とリバウンドシステムを搭載しているので、手首を正しい位置に保つことができ、手首に負担がかかりすぎるのを防ぎます。また、首もストレスから保護します。

背もたれは人間工学に基づいたカーブを描いているため、背中や背骨もしっかりと守ることができ、作業中に前かがみになったり猫背になったりすることがありません。また、背もたれは30度まで傾くので、仕事中も快適にリクライニングすることができます。チェアの座面は前方近くまで傾くので、奥行きを大きくして体に合った快適なポジションを見つけることができます。

チェアにはクッション性のある肘掛けが付属しており、前後または左右の調節が可能です。これもまた、手首を正しい位置に保ち、負担をかけないようにするために役立ちます。

アームレストは腕や肘にフィットするため、マウスを操作する際にも安心です。また、クッション性があるので、肘が痛くなりにくく、手首の負担も軽減されます。

OC14は、通気性がよく、温度変化に強いメッシュ素材を使用しています。これにより通気性を確保し、仕事中も快適に過ごすことができます。また、メッシュは柔軟性に富んでいるため、くつろぎながら体に合わせて調節することができます。

人間工学に基づいたチェアは、ある特定の健康状態に対応するだけでなく、仕事中に体のあらゆる部分が快適で、保護されるように設計されています。そのため、Flexispotではさまざまな種類の人間工学チェアを紹介しています。

OC14のような人間工学に基づいたチェアとちょっとした気遣いで、手首の痛みに悩まされることなく、快適な仕事を長く続けることができるのです。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。