送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

子どもたちの身体活動を促進する7つの方法

8月23日
1961 ビュー

身体活動は子どもたちの健康的な生活に欠かせない要素です。学校は生徒が身体活動に参加して遊ぶことを奨励する上で重要な役割を果たしています。それは子どもの体に有益なのです。成長と発達を促進し、一日中それを行うことを3歳から5歳までの)年少の子どもたちには奨励されるべきです。1日あたり最低60分の身体活動は年長の子どもや青年の骨や筋肉を発達させ、持久力を高め、健康的な体重を維持するのに役立ちます。中程度から活発な身体活動が子どものクリティカルシンキング能力、成績の点数、およびテストスコアを向上させるという証明されたデータが増えてきています。

 

子どもの定期的な身体活動は何に影響しますか?

 

学童の身体活動をどのように促進できるかを説明する前に、そもそもなぜ運動が最大の関心事であるのかを理解することが重要です。簡単に言えば、学校には生徒の認知的および社会的成功をサポートするために考慮すべきことがすでにたくさんあります。それはすべて身体的な健康を超えたメリットという非常に重要ないくつかの利点に要約できます。疾病管理予防センター(CDC)がまとめた研究によると、身体活動は以下の改善に関連しています。

 

記憶力と集中力

 

研究によると、体調の良い子どもは座りがちな子どもよりも認知と記憶の発達に関与する脳の部分である神経節と海馬の容量が大きいです。授業でより集中し、教えられたことをより多く覚えることは子どもたちが学習を最大限に活用するのを助けることができます。生徒は人生の他の側面においても、記憶力と注意力の向上から恩恵を受けることができます。

 

メンタルヘルス

 

メンタルヘルスは子どもの発達に欠かせない要素であり、意識する価値のある問題ですが、身体の健康と調和する傾向があります。定期的な身体活動は子どもが不安やうつ病を経験するリスクを減らします。メンタルヘルスの問題の結果としては生徒の学校の成績が低下する可能性があります。

 

出席

 

運動は一般的な健康を改善するため、アクティブな生徒は病気のために欠席する可能性が低くなります。生徒の中にはストレスのために学校を欠席しますが、身体活動はその緩和に役立ちます。1年生でさえ、学校を欠席すると、中退するリスクが高くなる可能性があります。生徒が授業でモメンタムを維持し、徹底的な教育を受けるには出席が不可欠なのです。

 

教育の充実

 

個々の要因に加えて、健康と運動と良い成績の間には直接的な相関関係があります。より高い学業成績は学生が身体活動から得る多くの認知的利益の自然な結果なのです。身体運動が短期的にはより良い成績をもたらす可能性があることも事実です。ある研究によると、試験の20分前にエネルギーに満ちていた子どもたちの成績が向上したのです。

 

クラスと学校の行動

 

学校の日中の身体活動は学ぶ者が授業でより良い行動をとることをサポートすることもできます。特に年少の子どもたちの場合、聞くこと、じっと座っていること、指示に従うことは難しい場合があります。子どもたちが落ち着きのない状態だったり、集中できていない状態にいる時に行動することは非常に重要です。運動は生徒の動きや遊びの必要性を満たし、授業で集中して聞くための十分な準備につながるのです。いくつかの研究によると、子どもたちを元気に保つことはいじめを避けるのにさえ役立つと示しています。

 

子どもや10代の頃から運動を続けることで、生徒はより健康的な成人期になることができます。定期的な身体活動は生徒が筋力と持久力を発達させ、心肺機能を向上させ、健康な体重を維持し、心血管疾患や2型糖尿病などの将来の病気を回避するのに役立ちます。

 

どうすれば子どもたちの身体活動を促進できますか?

 

親と教師は子どもたちがより活発になり、健康になるように促進する上で重要な役割を果たすことができます。ここにいくつかのアイデアを示します。

 

医者に相談してください

 

子どもの医者は身体活動の利点を説明することができ、またあなたとあなたの子どもが子どもにとって最適なスポーツや活動を決定するのをサポートすることができます。

 

保護者と生徒にメリットを教える

 

テレビやコンピューターの画面の前で過ごす時間を制限し、代わりに自転車やトレッキングなどの身体活動を伴う計画を立てるようにお勧めしています。親は子どもたちのエナジーを保つため、子どもたちと一緒に課外活動に参加したいと思うかもしれません。私たちは学業成績とともに、彼らの幸福に対する運動の重要性について教育することで、生徒をアクティブであり続けることを可能にすることができます。これは年長の生徒にとって特に重要です。なぜなら、彼らは定期的な身体活動の利点に関する研究を理解し、家で自由な時間をどのように過ごすかをはるかにコントロールできるからです。

 

組織的な活動を計画する

 

大人または子どもはアクティブな遊びを計画することができます。サイモンセイズのようなアクティブな屋内ゲームや縄跳び、ドッジボール、石けり遊び、フリスビーゴルフ、バドミントン、バレーボールなどの屋外ゲームがたくさんあります。該当する場合、季節に応じて、地元のスイミングプール、ボーリング場、またはスケートリンクへの旅行を計画します。

 

家事を手伝わせる

 

雑草を取る、葉をかき集める、歩道を掃除する、植物に水をやる、ガレージを掃除するなど、アクティブな屋外の家事を手伝うように子どもたちをやる気にさせます。明るい音楽を流し、家族でそれらを完了することに参加するように促進することによって、家事をより楽しくします。 

 

教室での身体活動

 

教師は教室の隅々に学習ステーションを作り、授業の一環として生徒にそれぞれを歩いてもらうことができます。教師が物理的な活動を授業に取り入れることに躊躇している場合でも、生徒が授業中に頻繁に立ち上がってストレッチをさせることで、再び集中させることができます。FlexiSpotのようなスタンディングデスクを設置し、生徒が落ち着きを管理し、必要に応じて、特に授業中により簡単かつ自由に立ったり移動したりできるようにします。

 

アクティブなロールモデルになる

 

身体活動を仕事として見るのではなく、健康と体をケアするための重要な時間であると捉えてください。あなたが楽しんでいる活動を考えて、週に5日少なくとも30分それらに従事してみてください。あなたの子どもがあなた自身がエネルギッシュでありながら楽しんでいるようであれば、彼らがその習慣を見習う可能性が高くなると思います。アクティブでいるということに関し、良いロールモデルになるために最善を尽くしてください。教師は学校が終わった後にアクティブであり続けるために何を楽しんでいるかを生徒に説明できます。管理者は学校が主催する学校活動イベントに参加できます。

 

やり過ぎないでください

 

身体活動は有害であってはなりません。痛みが耐えられなくなった場合、子どもは痛みを和らげるか、それほど激しくない活動を試してみる必要があります。他の活動と同様にやりすぎないことが重要です。運動が学校やその他の習慣を妨げ始めた場合、医師に相談してください。

 

あなたの子どもが1日あたり少なくとも中程度の身体活動に従事するための時間を作ってください。それは1日を通してより短い時間帯に分割することもできます。定期的により多くの運動を褒め、賞賛し、促進することを忘れないでください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。