送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オフィスデザインで社員のパフォーマンスを向上させる

3月8日
318 ビュー

オフィスデザインが従業員のパフォーマンスに大きな影響を与えることをご存知でしょうか。最近の研究によると、オフィスのレイアウトや家具の種類は、従業員の生産性に影響を与えることが分かっています。実は、オフィスデザインを活用することで、従業員のパフォーマンスを向上させる方法がいくつもあるのです。

 

 

 

オフィスデザインの重要性

 

オフィスデザインで最も重要なことのひとつは、快適で生産性の高い空間を作り出すことです。快適な職場環境にいる従業員は、そうでない従業員よりも生産性が高いと言われています。

 

快適で生産性の高い職場環境には、以下のような要素があります。

 

スペースのレイアウト

 

家具の種類

 

照明

 

色調

 

これらの要素はそれぞれ、従業員のパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。例えば、オープンレイアウトのオフィスはコラボレーションと創造性を促進し、キュービクルがある伝統的なオフィスは個人の集中力を高めるかもしれません。

 

また、オフィス内の家具の種類も、社員のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。快適性を追求した人間工学に基づいた家具は、筋肉の疲労を軽減し、スタイリッシュでモダンな家具は、快適で心地よい空間を演出することができます。

 

また、オフィスの照明も従業員の生産性に影響を与える可能性があります。自然光は、気分を高揚させ、エネルギーレベルを向上させる効果があるため、オフィスには最適な照明と言えます。しかし、目の疲れを軽減し、リラックスを促すような人工照明を使用することも可能です。

 

最後に、オフィスの色彩計画も社員のパフォーマンスに影響を与えます。青や緑などの集中力を高める色や、黄色やオレンジなどの創造性や革新性を高める色は、従業員に既成概念にとらわれない発想を促す効果があります。

 

 

 

オフィスデザインで社員のパフォーマンスを高めるには

 

オフィスデザインの重要性をご理解いただいた上で、社員のパフォーマンスを向上させるために、オフィスデザインをどのように活用すればよいかを考えてみましょう。

 

レイアウトを活用する

 

社員のパフォーマンスを向上させるオフィスデザインの最良の方法のひとつは、コラボレーションと創造性を促進する空間を創り出すことです。自然光をふんだんに取り入れたオープンなレイアウトと快適な家具はコラボレーションを促進する上で理想的な環境です。

 

人間工学に基づいた家具を使用する

 

人間工学に基づいた家具は、オフィスでの筋肉疲労を軽減するもうひとつの方法です。このタイプの家具は、快適さを追求し、従業員の集中力と生産性を維持するのに役立ちます。人間工学に基づいた家具には、いくつかの種類があります。デスク、チェア、その他の家具などです。

 

スタイリッシュでモダンな家具を使う

 

スタイリッシュでモダンな家具を使うことも、オフィスデザインで従業員のパフォーマンスを向上させる良い方法です。このような家具は、快適で心地よい空間を作り出し、従業員がより楽しく働けるようにするのに役立ちます。

 

FlexiSpotスタンディングデスクは、座ったままでも立ったままでも使用できる調節可能なデスクです。デュアルモーターシステムを搭載し、操作時の安定性を最大限に高め、ボタンを押すだけでデスクを昇降させることができます。

 

自然光を利用する

 

自然光は、従業員のパフォーマンスを向上させるオフィスデザインの最良の方法のひとつです。自然光は気分を高め、エネルギーレベルを向上させるので、従業員は集中力と生産性を維持しやすくなります。

 

人工照明を上手に使う

 

自然光を利用できない場合は、人工照明を効果的に利用することもできます。人工照明を利用することで、目の疲れを軽減し、リラックス効果を高めることができるため、集中力と生産性を維持しやすくなります。

 

集中力を高める色を使用する

 

オフィスデザインで社員のパフォーマンスを向上させるもう一つの方法は、集中力を高めるとされる色を選ぶことです。青や緑のような色は、従業員が仕事に集中するのを助け、生産性を向上させることができます。

 

創造性・革新性を高める色を使う

 

創造性や革新性を連想させる色を選ぶことで、オフィスデザインで社員のパフォーマンスを向上させることもできます。黄色やオレンジなどの色は、従業員に既成概念にとらわれない発想を促し、新しいアイデアや解決策を生み出す可能性が高くなります。

 

 

 

生産性を高めるオフィスデザインの例

 

生産性を向上させるためにオフィスデザインを活用している企業はいくつかあります。彼らが一流企業であることは、驚くことではありません。

 

Google

 

Googleは、その革新的で最先端のオフィスデザインで知られています。同社は長年にわたり、社員の生産性を向上させるために、様々なデザインを採用してきました。2008年、GoogleはGoogleplexと呼ばれる新本社に移転した。Googleplexは、自然光をふんだんに取り入れたオープンなレイアウトと、快適な家具が特徴です。コラボレーションとクリエイティビティを促進するために設計された空間です。

 

2013年、Googleは再びオフィスの再設計を行いました。今回は、チャールストン・イースト・キャンパスと呼ばれる新しいビルに移転しました。チャールストン・イーストキャンパスは、オープンレイアウトで、スタイリッシュでモダンな家具が配置されています。創造性と革新性を促進するために設計されました。

 

2016年、Googleは再びオフィスを一新しました。今回は、ロンドンHQと呼ばれる新しいビルに移転しました。ロンドンHQの特徴は、自然光をふんだんに取り入れたオープンなレイアウトと、人間工学に基づいた家具です。筋肉の緊張や疲労を軽減し、コラボレーションや創造性を促進するように設計されています。

 

Googleは、革新的で最先端のオフィスデザインで知られています。同社は長年にわたり、社員の生産性を向上させるために、様々なデザインを採用してきました。2008年、GoogleはGoogleplexと呼ばれる新本社に移転しました。Googleplexは、自然光をふんだんに取り入れたオープンなレイアウトと、快適な家具が特徴です。コラボレーションと創造性を促進するために設計された空間です。

 

2013年、Googleは再びオフィスの再設計を行いました。今回は、チャールストン・イースト・キャンパスと呼ばれる新しいビルに移転しました。チャールストン・イーストキャンパスは、オープンレイアウトで、スタイリッシュでモダンな家具が配置されています。創造性とイノベーションを促進するために設計されました。

 

2016年、グーグルは再びオフィスを再設計しました。今回は、ロンドンHQと呼ばれる新しいビルに移転しました。ロンドンHQは、自然光をふんだんに取り入れた開放的なレイアウトと、人間工学に基づいた家具が特徴です。筋肉の緊張や疲労を軽減し、コラボレーションや創造性を促進するように設計されています。

 

Facebook

 

Facebookもまた、オフィスデザインによって社員の生産性を向上させた企業のひとつです。2012年、Facebookは「メンロパークキャンパス」と呼ばれる新本社に移転しました。メンロパークキャンパスでは、自然光をふんだんに取り入れたオープンレイアウトで、快適な家具が配置されています。コラボレーションとクリエイティビティを促進するためにデザインされた空間です。

 

2015年、Facebookは再びオフィスの再設計を行いました。今回は、フランク・ゲーリービルと呼ばれる新ビルに移転しました。フランク・ゲーリービルは、自然光をふんだんに取り入れた開放的なレイアウトと、モダンな家具が特徴です。創造性とイノベーションを促進するために設計されました。

 

Apple

 

Appleもまた、オフィスデザインによって社員の生産性を向上させた企業の一つです。2010年、Appleはクパチーノキャンパスと呼ばれる新本社に移転しました。クパチーノキャンパスは、自然光をふんだんに取り入れたオープンなレイアウトと、快適な家具が特徴です。コラボレーションと創造性を促進するためにデザインされた空間です。

 

2012年、Appleは再びオフィスの設計を変更しました。今回は、インフィニティループキャンパスと呼ばれる新しいビルに移転しました。Iインフィニティループキャンパスは、自然光をふんだんに取り入れたオープンレイアウトで、モダンな家具が配置されています。創造性と革新性を促進するために設計されました。

 

Amazon

 

Amazonもまた、オフィスデザインによって従業員の生産性を向上させた企業のひとつです。2015年、Amazonはシアトルキャンパスと呼ばれる新本社に移転しました。シアトルキャンパスは、自然光をふんだんに取り入れた開放的なレイアウトと、快適な家具が特徴です。コラボレーションとクリエイティビティを促進する空間として設計されました。

 

2017年、Amazonは再びオフィスの再設計を行いました。今回は、ザ・スフィアと呼ばれる新しいビルに移転しました。3つのガラスドームをつなげたもので、自然光や植物をふんだんに取り入れた開放的なレイアウトが特徴です。創造性と革新性を促進するために設計されました。

 

まとめ

 

オフィスデザインは、従業員の生産性を左右する重要な要素です。長年にわたり、多くの企業が社員の生産性を向上させるためにオフィスデザインを活用してきました。最も成功している企業の中には、自然光をふんだんに取り入れ、快適な家具を配置したオープンレイアウトを採用しているところがあります。このようなデザインは、創造性と革新性を促進することが分かっています。従業員の生産性向上を目指すなら、オフィスデザインは格好のスタート地点となるはずです。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。