送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

デスクバイクとルームランナーの比較:どっちがいいですか?

1月29日
1466 ビュー

定期的な運動は、身体的なパフォーマンスと精神的な健康を維持するために不可欠です。しかし、忙しい現代社会では、運動する時間を見つけることが困難な場合があります。特に、デスクワークが多い人や、仕事の付き合いが多い人は、そうでしょう。しかし、デスクワークをしながらでも、毎日の生活に運動を取り入れる方法があるとしたらどうでしょう。

 

スタンディングデスクとアンダーデスクトレーニングマシン(アンダーデスクバイクやルームランナー)があれば、それが可能になります。この2つのツールを組み合わせれば、多忙なスケジュールの中でも簡単に運動を取り入れることができるのです。

 

なぜ、ジムで運動する代わりに、このようなトレーニングをするのでしょうか?まず、ジムで運動する時間を調整したり、混雑したフィットネスセンターに通ったりする必要がありません。スタンディングデスクとアンダーデスクワークアウト器具を組み合わせれば、いつでも好きなときにトレーニングができます。

 

そして、過酷なトレーニングで体力を消耗することもありません。仕事への集中力を維持したまま、テンポよく仕事を進めることができます。血液の循環を良くし、カロリーを効果的に消費することで、よりエネルギーと集中力を高めることができます。このような主張は研究によって裏付けられています。

 

それがあれば、ストレスや疲れを感じずに1日を終えることができるはずです。唯一の問題は、アンダーデスクバイクとルームランナーのどちらが自分にとってベストなのかということです。

 

それは好みの問題だと思います。

 

アンダーデスクバイクとルームランナーは、どちらも優れた有酸素運動機器です。しかし、両者にはそれぞれ長所と短所があります。そこで、私たちは時間をかけて両者を比較し、どちらが自分の状況に合っているかを判断できるようにしました。

 

アンダーデスクバイクと静止型ルームランナーを様々な基準で比較してみます。この比較観点には、難易度、汎用性、減量などのようなものが含まれます。

 

 

 

調整可能性

 

フィットネスの目標、トレーニングのニーズ、快適さの好みは人それぞれなので、それに合わせてワークアウト機器を調整できることは理にかなっています。

 

どのアンダーデスクルームランナーも、走りたいスピードに調節することができます。しかし、ルームランナーの傾斜を変えるには、もっと高度な機能が必要かもしれません。これによって、上り坂や下り坂、起伏のある地形でのランニングをシミュレートして、チャレンジ精神を高めることができます。

 

ステーショナリーバイクは、特に快適性を高める方向において、より多くの調整機能を備えています。シートポストやハンドルバーを調整することで、より楽に乗ることができます。しかし、それだけではありません。ほとんどの製品では、サイクリングの難易度を上げるために抵抗レベルを変更することができます。

 

予算と設置面積

 

オフィス用ワークアウト機器は、どちらも仕様によって価格が異なります。しかし、アンダーデスクバイクは、ルームランナーよりも比較的安価です。ルームランナーにかける費用で、最高級のバイクが手に入るかもしれません。

 

ただし、「手頃な価格の」ルームランナーには欠点があります。速度や傾斜に制限があります。また、クッション性が悪く、モーターも弱いので、耐久性にも影響します。そして、一度モーターがダメになると、新しいものを買った方が安いくらいに、修理に非常に多くの費用がかかる可能性があります。

 

一方、安価なステーショナリーバイクでも、多くのものを得ることができます。モーターがなく、部品点数も少ないのが特徴です。そのため消耗が少なく、メンテナンスやお手入れよりもトレーニングに時間を割くことができます。

 

折りたたみ式でコンパクトなアンダーデスクルームランナーもあり、スペースの利用を減らすことができます。しかし、最もかさばるアンダーデスクバイクでも、ルームランナーと比較すると、使用面積が少なく、移動、組み立てが簡単で、消費電力も少なくなっています。

 

 

 

姿勢の矯正

 

どちらも体幹の筋肉を鍛えることができます。しかし、ルームランナーは、コンピュータの画面に向かって背中を丸めて一日中仕事をすることを防ぐことで、姿勢を正す効果がより高くなります。このため、腰や背中に体脂肪が蓄積され、猫背になるのを防ぐことができます。

 

また、アンダーデスクルームランナーを使って、次のような方法で歩行と姿勢を改善することもできます。

 

首と頭の位置を合わせてトレーニングする。

 

デスクの高さを調節し、モニターが目の高さになるようにする。

 

肩の力を抜く。

 

肘を体に密着させ、90度に曲げる。

 

手と肘の位置を合わせる。

 

一方、バイクを利用する場合、より姿勢に気を配る必要があります。特にトレーニングの強度と時間を上げる場合、背中を反らせる必要がある場合がほとんどです。

 

お腹の脂肪を燃焼させる効果

 

あなたは、突き出たお腹をへこませたい、またはコントロールしたいと悩んでいませんか?日中により多くのカロリーを消費することで達成することができます。運動することでカロリーを消費し、結果として生じるカロリー不足は、あなたの体がエネルギーとして余分な脂肪を燃やすことを余儀なくされます。どちらの運動器具も、密な運動を通じて、これを実現できます。ルームランナーは傾斜を、バイクは機械的な抵抗を大きくすることで、より効果的な運動が可能になります。

 

この点では、どちらも同じように効果的です。

 

 

 

腰痛の軽減

 

座りっぱなしのオフィス生活では、体幹の筋肉が衰えてしまいます。これは、疲労、RSI、および慢性的な腰痛につながります。幸いなことに、2018年の研究では、スタンディングデスクを使用することでこれが50%減少することが示されています。アンダーデスクルームランナーを使用することで、上半身の腰部とコアの筋肉群を効果的に強化することができます。

 

強制的に立ち上がり、姿勢を正し、上半身と下半身の筋肉を鍛えることで、そうなるのです。背骨の圧迫を和らげるだけでなく、ハムストリングス筋や臀部の筋肉を伸ばすことができます。

 

アンダーデスクバイクは、主に脚と血液循環に重点を置いています。そのため、ルームランナーのような有酸素運動効果を得るには、ダンベルやレジスタンスバンドなどのアクセサリーを追加する必要があるかもしれません。

 

体重の減少

 

運動の時間や密度を上げると、より多くのカロリーを消費することができます。そこで、これらのアンダーデスクフィットネス機器のいずれかを使用することで、これを実現することができます。エクササイズバイクは、ルームランナーで走るよりも消費カロリーが少なくなります。しかし、ルームランナーの上を歩くと、バイクに乗るよりもカロリーが消費されません。

 

分かりにくいですか?ハーバード・ヘルス・レビューに書かれていた、両方の運動器具を30分間使用した場合のケースを使って、説明します。

 

ステーショナリーバイクを30分漕いだ場合

体重56キロの人が中程度の強度でペダルを漕いだ場合、210カロリーを消費することができます。体重が70キロの人は同じ時間で252キロカロリー、83キロの人はさらに消費カロリーが増え、294キロカロリーになります。

 

さらに、運動の負荷を少し調整するだけで、この消費量を簡単に倍増させることができます。例えば、自転車の負荷を大きくし、使用時間を2倍にすれば、30分で400キロカロリー以上を簡単に消費することができます。

 

アンダーデスクルームランナーで30分間運動する

中程度の強度のルームランナーで30分間歩くと、デスクから離れることなく13キロ歩いた分に相当します。しかし、ステーショナリーバイクでのんびり走るのに比べると、消費カロリーは少なくなります。体重56キロの人は、107キロカロリーを消費します。これは、ステーショナリーバイクに乗るよりも少ないカロリーです。

 

一方、同じ56キロの人が30分間走ると295キロカロリーを消費し、ステーショナリーバイクに乗っていたときの210キロカロリーよりも高くなります。どちらのジム機器も効果的な減量と言えますが、それはあなたがそれらを使用する方法と頻度に依存します。

 

 

 

履物の要件

 

ステーショナリーバイクでのサイクリングは、低負荷の運動です。つまり、どんな服装でも大丈夫ということです。したがって、特別なランニングシューズのような特殊、または高価な履物は必要ありません。ペダルで足の裏が痛くならなければ、裸足でサイクリングしても良いのです。

 

一方、ドレスシューズを履いたままルームランナーで走るのは、あまりお勧めできません。足首に負担がかかり、膝やふくらはぎの筋肉にも負担がかかります。裸足で走ることもできますが、ルームランナーは専用のランニングシューズを使用してこそ、その効果を発揮するのです。

 

ペース

 

デスクトップバイクは、ルームランナーに比べて比較的静かです。また、負荷がかからないため、ゆったりとしたペースで運動することができます。そのため、一定のリズムを刻むことができ、集中力を持続させながら運動することができます。

 

しかし、前述したように、ルームランナーで歩くよりも激しく漕ぐ方が、より集中的な運動ができます。つまり、このカテゴリーには明確な勝者は存在しないのです。

 

結論

 

高さ調節可能なデスクを手に入れることは、座りっぱなしのオフィス生活から抜け出すために役立ちます。しかし、姿勢を正し、健康や体型を改善したい人にとっては、それだけでは十分ではありません。オフィスでの仕事をこなしながらでも運動ができるようなアクセサリーを追加する必要があります。

 

スタンディングデスク用ルームランナーやアンダーデスクバイクは、スタンディングデスクの理想的なワークアウトのお供になります。これらの製品は、それぞれ異なる特徴を持ち、ほぼ同じ効果をもたらします。そのため、単に価格や機能性だけで、どれが一番良いかを決めるのは難しいです。それは好みの問題です。

 

最高のスタンディングデスクや人間工学に基づいたオフィスアクセサリーをお探しでしたら、ぜひ当社のウェブサイトをご覧ください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。