送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

ミッドセンチュリー・コンテンポラリー・オフィスデザインのクラシックな特徴

12月28日
375 ビュー

ミッドセンチュリー・コンテンポラリーのインテリアデザインは、第二次世界大戦後(1939~1945年)、オフィス空間で普及し始めました。そのため、このトレンドはモダニズムの波と呼ぶことができます。

 

ミッドセンチュリーのオフィススタイルは、特にインターナショナルデザインやバウハウスデザインの影響を受け、オフィスワーカーやリモートワーカーにとっての最初の選択肢となったのです。テクノロジー的、流動的、彫刻的な要素が取り入れられるようになったことが、このスタイルの特徴です。

 

現代の住宅もこの流れから外れることはなく、様々なスタイルの要素が日々登場し続けています。しかし、その中で多くの人々がミッドセンチュリーモダンインテリアオフィスデザインと他のモダンな装飾の要素を区別することができないのはとても残念なことです。

 

したがって、この記事では、この型破りなトレンドの主な特徴、それがどのようにモダンなライフスタイルを示すようになり、どのように今ではほとんどのホームオフィスのアイデアに見られるようになったサステナビリティを促進しているのかを紹介します。

 

ミッドセンチュリーモダンオフィスデザインの起源

 

ミッドセンチュリーオフィスは、第二次世界大戦後に登場したスタイルと言われていますが、覚えていますか?その起源は1940年代半ばから1960年代後半にかけてと言われています。

 

この時期は、北米の人口が急増し、経済成長も著しい時期です。多くの若いカップルが初めて家を購入し、装飾を施す一方で、地方ではモダンな建築技術を用いた新しい建築が見られるようになりました。

 

このような時代背景の中で、住宅もまた、一般大衆の明るいイメージに沿ったものとなりました。しかし、その多くは、今と比べると窓や家族が集うスペースが小さかったのです。

 

しかし、それは住宅の効率や利便性には影響せず、人々の生活をより良くするために、ミッドセンチュリーのインテリアデザインが導入されたのです。

 

そのスタイルは、科学技術の優位性によって、最新の効果、質感、素材、パターンとともにもたらされました。したがって、世界はモダンな美的タッチでこのデザインに従い、今でも従っています。

 

ミッドセンチュリーモダンスタイルに見られるユニークな特徴

 

ミッドセンチュリーモダンスタイルというと、ネット上で見かけるありふれたオフィスやインテリアのアイデアと混同してしまいがちです。

 

なぜなら、ミッドセンチュリーのインテリアデザインを使って、どの程度までオフィスやホームオフィスを設置できるかによって決まってくるため、深い部分を見極める必要があります。

 

ここでは、ミッドセンチュリーインテリアの特徴をご紹介します。

 

ミニマリズム

 

科学技術の進歩により、美的要素や装飾品で特定の目的を果たさないものは存在しません。

 

なので、滑らかできれいなライン、幾何学的な形、生き物のような外観を持つ要素などの特徴を簡単に探し出すことができます。つまり、ミッドセンチュリーのインテリアは、芸術性や実用性といった理想からの転換と呼ぶことができるでしょう。

 

上から流れてくるように、ホームオフィスを優雅に彩るミッドセンチュリーインテリアのオフィス家具が急増しているのです。

 

この特徴のおかげで、何十年もその独自性を保っています。

 

金属製より木製を好む

 

ミッドセンチュリー・コンテンポラリー家具は、テーブルの脚が金属製である場合を除き、木製が理想的です。

 

ミッドセンチュリーのインテリアデザインに使われる木材の種類は、一般的に明るい色をしていることに注意しておく必要があります。バーチ材、メープル材、チーク材などがこれにあたります。ローズウッドなどの濃い色はめったに使われません。

 

したがって、もしあなたがオフィスやホームオフィスにミッドセンチュリーのインテリアデザインを取り入れるなら、人間工学に基づいたオフィステーブルを含むすべてのオフィス家具は、木で作られている必要があります。

 

耐久性への配慮

 

ミッドセンチュリーコンテンポラリーオフィススタイルでは、メモリーフォーム、レザー、ウッド、合成張地、ファブリックなど、さまざまな種類の素材を使用し、その高いパフォーマンスを達成しています。

 

これらの素材は、耐久性の高さも人気です。さらに、これらの素材を使った家具は、オフィスのある場所から別の場所へ、へこみや傷をつけることなく簡単に移動させることができます。

 

人間工学的ソリューション

 

ミッドセンチュリーのインテリア家具は、座りっぱなしの仕事であっても、そうでない仕事であっても、おすすめです。体の痛みや苦痛とは無縁の生活を送りたいとは思いませんか?

 

すべての家具は、骨格の不快感、筋肉の痛み、整形外科的疾患など、長時間座ることで生じるあらゆる健康上の合併症にさらされる割合を減らすように作られています。

 

シンプルなシルエット

 

ミッドセンチュリーモダンのオフィス家具は、シンプルなシルエットが特徴的です。

 

余計な装飾を排し、ミニマルな美しさでデザインされた家具です。そのため、スカンジナビアンなど、シンプルなシルエットを活かしたモダンなインテリアと組み合わせることができます。

 

ミッドセンチュリー・コンテンポラリーのデザインは、機能性だけを重視し、美しさは二の次に作られています。

 

シンプルなデザインでありながら、空間をより広く見せることができます。それは、その簡略化された特徴が呼び起こす魔法なのです。

 

ポータブルでよりコンパクトなデザイン

 

ミッドセンチュリーモダンのオフィス家具は、シルエットの美しさとは別に、無駄な大きさを排除した軽やかな印象があります。

 

これは、先細りのスリムな脚が、家具の上に載せるものの重さを均等に分散させるからです。コーヒーテーブル、人間工学的なオフィスチェア、高さ調節可能なスタンディングデスク、クレデンザ、コンソールなどがこれにあたります。

 

もうひとつの大きな特徴は、コンソールやコーヒーテーブルの高さが低めであることです。これによって、オフィスがよりリラックスした、温かみのある雰囲気になります。

 

さらに、先細りのスリムな脚によって、より大きく、より広々とした印象になります。

 

明るい色調の採用で、幻想的でありながら驚くべき効果を発揮

 

ホームオフィスやワークプレイスで、明るい色の木材を使った家具を十分に使うことができれば、より軽快な素材感を楽しむことができます。

 

ミッドセンチュリーのインテリアデザインと他のモダンなオフィス装飾のもう一つの顕著な違いは、前者は高さ、形、色を通して明るさの集中的な感覚を提供している点です。

 

実用性が高い

 

ミッドセンチュリーのインテリアデザインは、機能性を重視していることは先に述べたとおりですが、快適性と実用性にもこだわっています。それは、デザインに見られる力強さにも表れています。

 

ベトン・ブリュットや木目、大理石のストライプなど、当時の一流建築家たちが使っていたものに非常によく似ており、堅苦しいレイアウトの中にどこか生物的な雰囲気を漂わせるのも、ミッドセンチュリーのインテリアスタイルです。

 

クリーンなライン

 

ミッドセンチュリー・コンテンポラリースタイルは、伝統的なデザインスタイルを再構築し、オフィス空間や家庭生活に導入するための革新的な方法としてデザインされました。そのため、クリーンで洗練されたラインが最大の特徴となっています。

 

また、有機的な形と幾何学的な形が混在しているのも特徴です。

 

屋内と屋外の結合

 

屋内と屋外の要素の混合は、ミッドセンチュリーモダンデザインの最も人気のある特徴の1つです。その中で、植物はこのマジックを生み出す最も簡単な方法です。

 

ドラゴンツリー、スネークプランツ、モンステラ、アンブレラ、ZZツリー、フィドルリーフフィグなどがおすすめです。いずれも、屋内と屋外の区別をなくしてくれることでしょう。

 

また、ホームオフィスのインテリアデザインを屋外空間にまで広げることもできます。そうすることで、家全体の雰囲気がより統一され、調和のとれた視覚的な流れが生まれます。

 

さらに進んで、プランニングテーブルに、縦長の窓や天窓、オープンな間取りを加えてみてはどうでしょうか?そうすれば、ワークスペースに自然な光が差し込みます。

 

また、スライディングガラスを使ったランチスタイルにすれば、より多くの自然光を取り込み、外の緑を眺めながら仕事ができます。

 

素材と質感のミックス

 

ミッドセンチュリーのデザインは、他の多くのモダンインテリアと同様に、矛盾するような色や素材、質感を使うことが多いです。

 

そのため、様々な素材や質感を取り入れることができます。

 

例えば、ミッドセンチュリーのインテリアには木がよく合いますが、フォルミカ、アクリル、プラスチックなどの有機素材や合成素材と組み合わせてもいいのです。

 

また、このスタイルでは、自分の中にあるクリエイティビティを発揮することができます。だから、特に決まりはなく、自分のインスピレーションですべてのアイテムをミックスしてください。

 

ジョージ・ナカシマのように、オーガニックな素材やデザインをミックスして使うのもいいでしょう。エーロ・サーリネンのように、ほとんどのものに合成素材を使うことも良いでしょう。

 

部屋全体を広々と見せる

 

ミッドセンチュリーの代表的なオフィスデスクチェアのデザインは、脚が細くテーパー状になっていることが多いです。そして、そのような脚は、ほとんどの家具で存在します。

 

ソファでさえも、短く先細りの脚で作られており、床から数センチ高くなっています。この特徴は、部屋をより上品でモダンに見せるだけでなく、部屋をより広く見せる効果もあるのです。

 

このような部屋に隠されたインスピレーションは何でしょうか?このような部屋では、ほぼすべての家具を高くし、床が見えるようになっているので、空間が広く見えるのです。そして、このデザインには大きなプラス要素があります。

 

カラー

 

ミッドセンチュリー・オフィスのインテリアデザインは、伝統的なスタイルに回帰し、屋内と屋外の空間の絆を深めることを目的としているので、それを実現するために色を活用してみてはいかがでしょうか?

 

色は、ミッドセンチュリーモダンデザインに不可欠な要素です。そして、理想的にはニュートラルなトーンとミュートトーンの組み合わせを使います。白、黒、木の色などがそれにあたります。また、ブラウン、グリーン、マスタードイエロー、オーカー、オレンジなどの鮮やかな色もブレンドして使用します。

 

また、ワークスペースに屋外の世界を取り入れたい場合、それを実現するために、黄色、フォールオレンジ、アーシーグリーンを検討することをお勧めします。

 

まとめ

 

以上、ミッドセンチュリーオフィススタイルが多くのインテリアデザイナーに選ばれるポイントをご紹介しました。上記のポイントを活用することで、自分好みのミッドセンチュリーモダンワークステーションを作ることができるでしょう。

 

また、最高のオフィスアクセサリーや人間工学に基づいたオフィス家具との調和をお求めでしょうか?Flexispotオンラインストアは、あなたに必要なものを提供することができます。今すぐチェックしてみてください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。