送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

女性の活躍をサポートする人間工学的製品トップ6

9月30日
915 ビュー

女性は男性ほど強くはありません。具体的に言うと、女性の男性の3分の2の力しかありません。男性2人でできる肉体労働をするためには、女性3人が必要なのです。だから、女性が肉体的にきつい仕事をすることはほとんどないのです。

 

よく見ると、男性と女性では座り方まで違います。遠くから顔や体が見えなくても、姿勢を見ただけで男性か女性かわかるのです。これらを考えると、女性の人間工学的ニーズも男性とはかなり異なると言えるでしょう。人間工学はとにかく一長一短で、男性と女性ではなおさら違います。ですから、男性で人間工学を確保した製品や機器が、女性にとって最適とは限りませんし、その逆もあります。

 

女性は男性と違って、家に帰ったら終わりというわけにはいきません。家事が待っているのです。女性は男性よりも、まず家庭よりも会社で仕事をしている時間が長いです。そのため、男性よりも女性が体の痛みを訴えることが多く見られます。女性は人間工学の不備による影響を受けるリスクが高いため、オフィスでも家庭でも、人間工学に基づいた環境で仕事をすることが、より重要になります。

 

このブログでは、人間工学が男女でどのように違うのか、また、女性がより快適に仕事をし、生産性、効率、成功を収めるために、どのような製品が役立つのかを紹介します。

 

人間工学は男性と女性でどう違う?

 

男性と女性が異なることはすでにご存知でしょうが、快適さのニーズも男女で異なることはご存じないでしょう。ここでは人間工学に焦点を当て、男女の人間工学がどのように違うかを説明します。

 

重心位置

 

一般的に、男性は女性よりも体格が良いものです。体重も重く、体格も良いのです。そのため、重心位置も男女で異なります。男性の重心は胸に近いところにあり、女性は骨盤に近いところにあります。そのため、腰やヒップの位置が男性と女性ではかなり違います。男性にとって快適なチェアが、女性にとって最適とは限らないのは、このような女性の座り方の違いからです。

 

体重配分

 

体重の分布は、男性と女性では異なります。女性は乳房組織のため、胸部に体重がかかります。その結果、女性の体は前方に引っ張られることが多いのです。そのため、女性は肩、首、腰の痛みに悩まされることが多くなります。男性と女性では、体のさまざまな部分の筋肉の緊張状態が異なるため、人間工学的なニーズも異なってきます。

 

背骨の対称性

 

女性の背骨は、男性に比べて非対称であることが多いようです。これは、女性が赤ちゃんを授乳する際、肩を丸める必要があるためです。女性は男性よりも幼児を抱っこします。ほとんどの女性は子供を腰で抱くため、結果的に腰側がより優位になります。これらすべての要因が、女性の背骨が非対称になるリスクを高めます。

 

女性向け人間工学の製品

 

人間工学は、個人がより安全に、より快適に、より効率的に働けるような空間をデザインする科学と定義されています。女性の体は男性の体とはかなり異なっており、快適さのニーズも異なるため、男性にとって人間工学的な職場環境は、女性にとって最も人間工学的であるとは限りません。

 

人間工学に基づいた製品の中には、オフィスでも自宅でも、仕事をしやすくするものがあります。仕事中に快適であればあるほど、より良いパフォーマンスを発揮することができます。人間工学を軽んじてはいけません。

 

女性の仕事を効率的にしてくれる、おすすめの人間工学グッズをご紹介します。

 

1. エルゴノミクスチェア

 

先ほども述べたように、女性の場合は重心が異なるため、バランスを保つための座り方が男性とは異なります。女性の場合、胸に体重がかかり、前に引っ張られる傾向があるので、肩から腰までサポートするエルゴノミクスチェアは、女性が快適に仕事をするのに役立つと思います。人間工学に基づいたチェアなら、背もたれのリクライニング、シートとアームレストの高さ、シートの傾きを調節して、全身をしっかりと休ませることができます。女性は(実は男性も)快適であればあるほど、より良いパフォーマンスを発揮できるのです。

2. スタンディングデスク

 

同じ姿勢で座り続けることは、男性であれ女性であれ、誰にとっても良いことではありません。長時間座ることのリスクは男女ともに存在しますが、女性の方がはるかにリスクが高いのです。理由は同じで、胸のあたりに体重がかかるからです。あなたは気づいていないかもしれませんが、体は常に緊張状態にあり、重力に逆らってバランスを保ち、体をまっすぐに保っています。そのため、筋肉疲労や筋肉の痙攣を起こす可能性が高くなるのです。女性にとって最適な人間工学製品のひとつがスタンディングデスクで、立ったまま使用することができ、間違った姿勢で座り続けることによる影響を受けずに済みます。

 

スタンディングデスクの高さを低くして、普通のデスクにすることもできます。また、スタンディングデスクと一緒に抗疲労マットを購入すれば、一日中立っていても足が痛くなることはないでしょう。コムハル・オールインワン・スタンディングデスク・バンブー・テクスチャートップは、女性のための私たちの最高の提案です。

 

3. バックサポート

 

クッション性のあるバックサポートは、かなりベーシックな製品ですが、人間工学的に最も役に立つ製品のひとつでもあります。授乳中や生理中の女性にとっては、ありがたい存在です。背中のクッション性に優れ、女性が仕事中に背中に痛みを感じることがないようにします。腰が痛くては、仕事の能率は上がりません。バックサポートクッションは、文字通り女性にとって救世主なのです。

 

4. 人間工学に基づいたキーボードとマウス

 

一日中キーボードを打っていて、家に帰って家族のために料理をすることを想像してみてください。指や手首がタイピングで痛くなっているはずなので、野菜を切るのが負担に感じるでしょう。そんなとき、人間工学に基づいたキーボードやマウスが役に立ちます。これらは、通常のキーボードやマウスとは異なります。キーボードは、手首の正しい配置を確保するために設計されています。また、両手の指が適切な距離と角度で配置されるように設計されています。キーボードを打つときに手首を上げず、キーボードの上に十分に休ませることができます。エルゴノミクスマウスは、デザインも特徴的です。ボタンが柔らかくなっています。手首に負担がかからないよう、自然な位置に手を置くことができるように設計されています。

 

5. 斜めのフットレスト

 

もうひとつの女性向けエルゴノミクス製品は、フットレストです。多くの女性はヒールを履いて仕事をします。ヒールを履いたまま床に足をつけると、ヒールを床につけているのではなく、靴を床につけているため、ふくらはぎの筋肉に負担がかかり続けることになります。しかし、フットレストが斜めになっていることで、足の指に体重がかからないようにすることができます。足裏のどの部分にも負担がかからないように、特定の角度で傾斜しているのです。

 

6. アジャスタブルモニタースタンド

 

モニターの画面の高さは、全従業員向けに一般化されたレベルで設定されているため、ほとんどの女性にとって目と正しい高さに来ない場合があります。また、女性の平均身長は男性よりも低いため、男性に適したモニターの高さが女性には合っていないこともあります。調整可能なモニタースタンドがあれば、女性社員は自分の快適さに合わせてモニターの高さを調整することができます。モニターが目の高さにないと、目の負担が大きくなり、頭痛や首の痛みにつながるだけです。

 

女性が職場で快適さを得られないと、自分の可能性を最大限に発揮できません。もし、個人が不快であったり、痛みを感じていたりしたら、その人がうまく働くことを期待できないのではないでしょうか?女性にとって、仕事場での人間工学の欠如は、あまり多くの雇用者が考えていない、顕著な成功を制限する要因です。たとえ在宅勤務であっても、快適に仕事ができるよう、人間工学に基づいた適切な機器を導入する必要があります。

 

完璧なレベルの快適さを手に入れたら、もうあなたを止めることはできませんよ。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。