送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

仕事でより成功するためのヒント

3月17日
234 ビュー

職場で成功するためには、良い仕事をする能力が必要なのは周知の事実です。でも、どうすればいいのかわからないとしたらどうでしょう?また、生産性が上がらず、停滞していると感じたらどうでしょう?ここでは、生産性を向上させ、仕事でより成功するためのヒントをいくつかご紹介します。

 

 

 

目標を設定する

 

仕事で成功するためには、目標を設定し、行動計画を立てることが重要です。つまり、自分が何を達成したいのかを知り、そこに到達するためのロードマップを作成することです。何から始めたらいいかわからない場合、「5年以内に昇進したい」、「今年中に売上を20%アップさせたい」など、一般的な目標を思い浮かべてみてください。いくつかの目標が決まったら、それを小さなステップに分解して、毎日、あるいは毎週取り組むことができるようにしましょう。

 

SMARTな目標設定

 

具体的で、測定可能で、達成可能で、関連性があり、期限があり(英語でそれぞれの頭文字をとって「SMART」という)、ということを確認することが重要です。そうすることで、現実的で達成可能な行動計画を立てることができます。例えば、「今後5年以内に昇進したい」という目標ではなく、「毎年2つの昇進するポジションについて調べ、応募する」というSMARTな目標を設定してみましょう。この目標は、具体的で測定可能(何回昇進に応募したかを記録できる)、達成可能(努力をすれば)、関連性(自分のキャリアに)、時間的制約(5年)があります。

 

進捗状況を確認する

 

目標達成に取り組む際には、進捗状況を記録しておくことが大切です。そうすることで、モチベーションを維持し、軌道に乗せることができます。表計算ソフトやグラフを作成し、時間の経過とともに進捗を記録するのも1つの方法です。また、目標管理アプリやウェブサイトを利用する方法もあります。いずれの方法でも、定期的に進捗状況を更新し、自分がどれだけ成長したかを確認できるようにしましょう。

 

日課を作る

 

生産性を高めるには、ルーティンが重要です。ルーティンとは、重要な仕事を適切なタイミングで行うことを意味します。1日または1週間のルーティンを作り、具体的なタスクと、そのタスクに費やすべき時間の概要を決めておきましょう。そうすることで、整理整頓とモチベーションの維持ができ、先延ばしを防ぐこともできます。

 

 

 

休憩時間を確保する

 

日課を作ることも大切ですが、休憩も欠かせません。ストレスや負担を感じたら、仕事から離れ、数分間自分の時間を作ってください。そうすることで、頭がすっきりし、一日を乗り切るためのエネルギーが湧いてくるはずです。ただし、休憩の取りすぎは、先延ばしになる可能性があるので、注意してください。

 

休憩時間には、オフィスの周りを散歩したり、ストレッチをしたりと、軽いエクササイズをするのもいいでしょう。

 

メンターを探す

 

自分のキャリアのためにできる最善のことの1つは、メンターを見つけることです。メンターとは、あなたが職場でうまくやっていけるよう、指導やサポートをしてくれる人のことです。メンターは、あなたの目標を明確にし、それを達成するためのアドバイスを与え、進捗状況をフィードバックする手助けをしてくれます。また、新しい機会を紹介したり、重要な人間関係を構築したりする手助けもしてくれます。

 

メンターがいない場合、尊敬する人に声をかけ、会ってもらえないか頼んでみましょう。また、職能団体やネットワーキング・グループに参加するのもよいでしょう。これらの団体では、メンターやキャリアに役立つその他のリソースにアクセスすることができます。

 

自信を持つ

 

自分のキャリアにとって最も重要なことのひとつは、自分を信じることです。自分の能力に自信があれば、それは仕事や他人との関わりに表れます。そうすることで、あなたは他の人と比べて際立つことができ、周囲にポジティブな印象を与えることができます。

 

自分に自信がないと感じている人でも、自信を高めるために実践できる方法があります。まず、自分の長所や成果に目を向けることから始めましょう。もうひとつは、ポジティブなセルフトークを実践することです。ネガティブなことを考えている自分に気づいたら、それをポジティブな考えで打ち消すのです。例えば、「自分はダメだ」と思っているのなら、「自分は有能だ、能力がある」と言い換えるのです。

 

優先順位を決める

 

仕事で成功するためには、何が重要で何が重要でないかを知る必要があります。つまり、優先順位を決めて、時間とエネルギーを正しいものに集中させるのです。そのためには、自分の目標をリストアップし、重要度の高い順に並べることです。優先順位が分かれば、それを達成するための計画を立てることができます。

 

 

 

弾力性を持たせる

 

どんなに成功しても、思い通りにならないことはあります。しかし、挫折は人生の一部であり、挫折によってあなたという人間が決まるわけではないことを忘れてはなりません。大切なのは、その挫折にどう対処するかということです。自分を奮い立たせ、前進することができれば、目標を達成する可能性は高くなります。

 

委ね、手放す

 

成功するためには、仕事を任せたり、手放したりする方法を学ぶ必要があります。これは、他人に仕事を任せ、自分ですべてをやろうとしないことを意味します。任せることで、自分や自分のキャリアにとって最も重要なことに集中することができるようになります。

 

もちろん、あなたの支配欲が強かったり、信頼関係に問題があったりする場合、委任することが難しいかもしれません。そのような場合、自分が信頼できる人を見つけて、その人に仕事を任せるようにしましょう。委任した後は、必ず手離し、マイクロマネジメントをしないようにしましょう。

 

自分のための時間を作る

 

自分を大切にすることに加え、自分だけの時間を持つことも必要です。この時間には、仕事以外のことで、自分が満足できること、充実感を得られることをするのです。私生活の基盤がしっかりしていれば、仕事のストレスに対処しやすくなります。さらに、自分のための時間を作ることで、ワークライフバランスを健全に保つことができます。

 

自分を大切にする

 

仕事で成功したいのであれば、自分を大切にする必要があります。つまり、食事に気を配り、よく眠り、定期的に運動することが必要です。自分を大切にすることで、より明晰な思考が可能になり、最高のパフォーマンスを発揮することができます。さらに、自分を大切にすることは、周囲に自分の健康と幸福を大切にしているというメッセージを送ることになります。

 

強い人間関係の構築

 

強い人間関係を築くことは、プライベートでも仕事でも大切なことです。周囲の人と良好な関係を築くことができれば、目標を達成することも容易になります。さらに、強い人間関係は、困難な時に支えとなります。

 

強い人間関係を築くためにできることは、いくつかあります。ひとつは、他人と接するときに、本物志向でいることです。もうひとつは、聞き上手になることです。時間をかけて相手の話に耳を傾けることで、あなたが相手とその意見を大切にしていることを示すことができます。最後に、ポジティブで明るくあることです。人は、何に対しても前向きな人に惹かれるものです。

 

境界線を設定する

 

特にワークライフバランスを保ちたいのであれば、職場で境界線を持つことが重要です。つまり、オフィス以外の場所で仕事関連の作業に費やす時間の制限を設け、追加の仕事を断るタイミングを見極めることです。境界線がはっきりしていれば、圧倒されたりストレスを感じたりすることも少なくなります。

 

自分の価値を知る

 

成功するためには、自分の価値を知ることが必要です。これは、自分が何をもたらすことができるかを理解し、自分を安売りしないことを意味します。自分の価値を知ることで、給与アップや仕事での責任の拡大など、自分の望むことを交渉することができるようになります。さらに、自分の価値を知ることで、自分のキャリアに自信と安心感を持つことができるようになります。

 

 

 

助けを求める

 

助けを求めることは、弱さを表すものではありません。むしろ、それは強さの表れです。助けを求めるということは、自分がすべてを知っているわけではなく、学ぶ意欲があることを認めていることになります。さらに、助けを求めることは、必要なときに助けを求めることを恐れていないことを示すものです。

 

まとめ

 

成功者は、様々なテクニックを駆使して目標を達成することができます。例えば、仕事を任せる、自分を大切にする、自分のための時間を作る、強い人間関係を築く、境界線を設定するなどが挙げられます。さらに、成功者は自分の価値を知っており、必要なときに助けを求めることを恐れません。これらのヒントを活用すれば、あなたも仕事でもっと成功できるはずです。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。