送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

在宅勤務における人間工学の活用のヒント

4月19日
2180 ビュー

在宅勤務をしたり、リモートワークをしたりすることによって、毎日の通勤が必要なくなりなくなったり、代わりにランチやお弁当にお金をかけたりする必要がなくなるなどかなりのメリットがありますが、それ自体がデメリットなることもあります。在宅勤務の最大の問題の1つはオフィスで働く時と同じ集中力を維持するのが難しいことです。この記事では在宅勤務をしながらも生産性を維持し、仕事をうまくこなせるようにするための3つの簡単な人間工学に基づいたヒントを紹介します。

 

働くための専用スペース

 

在宅勤務ではオフィスのパーテーションやデスクにとらわれることはなくなりますが、それはどこでも仕事をすることができるという意味ではありません。ベッドやソファなど、休憩する場所での仕事は避けてください。これらのスペースでの仕事は首や背中の痛みにつながる可能性があります。

 

これらのスペースでは体への負担軽減のサポートが不十分なこととは別に、ハーバード大学の研究はこれが持つ負の心理的影響について、「あなたはいつも仕事をしているように感じ始めるかもしれない」ため、働く場所とリラックスする場所の間の境界を作ることが重要であると述べています。

 

これは心が休息やリラクゼーションではなく仕事に大きく関連付けられ、最終的には仕事をしている場所で休むことが難しくなることを意味しています。その代わりに、仕事専用のスペースを見つけてください。

 

適切な椅子を見つける

 

仕事専用のスペースを準備したら、より生産的な仕事環境にするための次のステップとして、あなたにぴったりの椅子を見つけることです。デスクトップコンピューターやノートパソコンの前で長時間過ごすのは疲れてしまう可能性があります。

 

より長く、より良く仕事ができるようにするにはSoutienオフィスチェアのような人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶか、ゲーミングチェアGC02のような従来にはなかったような椅子を使ってみてください。

 

これらの椅子は両方とも首、背中、背骨を適切にサポートしてくれます。これにより、痛みを和らげ、仕事中に集中力を高めることができます。適切なサポートは生産性を高めるのにも寄与する良い血流の促進をしてくれます。人間工学に基づいた椅子は必要に応じた椅子の調整ができる複数の機能を備えていることが多いため、最適なものとなります。

 

これはワークスペースを変更し、自分がしなければならない仕事に集中できるようにするため、在宅勤務の場合に特に重要となってきます。

 

デスクをアップグレードする

 

デスクのアップグレードは体への負担のサポートと集中力を維持するための良い方法ですが、デスクのアップグレードはホームオフィスの改革に役立つもう1つの人間工学的なヒントにもなっています。スタンディングデスクコンバーターを選択し、デスクを基本的なものから人間工学に基づいたものにアップグレードしてみましょう。

 

スタンディングデスクコンバーターのメリットは適切な画面の高さを確保しながら、立った状態から座った状態に簡単に移ることができることです。一日の内で特定の時間に立っていることは集中力を向上させ、長時間座っていることによる負担を和らげるのに役立つことが証明されています。

 

古いデスクを高さ調節可能なスタンディングデスクに完全に交換してみてください。これは座りがちな生活に伴う姿勢の改善や健康上のリスクの低減など、立ったまま仕事をすることによるメリットを享受できるようになります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。