送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オープンオフィスのデザインは有効:上手く機能している理由

4月11日
332 ビュー

オープンオフィスデザインは、最近、多くのオフィスが取り入れているトレンドです。オープンオフィスは、従来のオフィスでは不足しがちだった、従業員と雇用者の双方に多くのメリットを提供します。しかし、この世には完璧なものはありませんし、オープンオフィスも同様です。

 

オープンオフィスは多くのメリットをもたらしますが、一方でデメリットもあり、そのため多くの人がオープンオフィスに対して憤りを感じています。オープンオフィスはメリットよりもデメリットの方が多いという意見もありますが、私たちはそうは思いません。

 

確かにオープンオフィスはデメリットもありますが、それでも多くの企業にとって有効です。多くの企業が今でもオープンオフィスのメリットを享受しているのです。

 

このブログでは、なぜオープンオフィスのデザインは有効だと考えるのか、なぜ多くの企業でまだ機能しているのか、その理由をご紹介します。

 

 

 

最適なオフィスデザインを決定するのが難しい理由とは?

 

従来のオフィスとオープンオフィスデザインの選択は、それほど難しいものではありません。その最大の理由は、すべての従業員が同じではない、という事実です。職場の従業員の様々な個性は、雇用主が考慮すべき要素です。

 

オープンなオフィス空間で働くことを好む社員もいれば、静かなキュービクルを好む社員もいます。

 

この課題に対処する唯一の方法は、すべての従業員のニーズに応えられるようなオフィスを設計することです。オープンオフィスを選ぶなら、静かに仕事をしたいときや、個人的に電話をかけたいときに使えるクワイエットルームやミーティングルームをいくつか用意しておくとよいでしょう。どのようなオフィスデザインを選ぶにしても、従業員にとって不快感や不満の原因にならないように配慮しましょう。

 

オフィスデザインは、従業員に柔軟性を与え、適切な騒音対策を施し、従業員が効率的に働くために必要なすべてのリソースに自由にアクセスできるようにする必要があります。オフィスデザインは、機能的であり、かつ審美的に魅力的でなければなりません。理想的なオフィスデザインとは、従業員の身体的、精神的、心理的な幸福を保証するものです。

 

 

 

なぜオープンオフィスデザインを嫌う人がいるのでしょうか?

 

オープンオフィスデザインが従業員や雇用者にどのようなメリットをもたらすかを説明する前に、なぜオープンオフィスデザインを嫌う人がいるのかについて考えてみる必要があります。

 

オープンオフィスデザインのデメリットがあることには認めますが、重要なのはそのデメリットがメリットを上回っているかどうかです。

 

以下、オープンオフィスのデメリットをいくつか紹介します。

 

騒音

 

オープンオフィスデザインを採用したワークスペースは、従来のワークスペースに比べ、騒音が多いことは否めません。仕切りや壁がなく、社員全員が一緒に座っているため、社員同士の会話はすべて騒音となり、静かに仕事をしたい社員にとっては、集中できないかもしれません。また、電話の着信音や通話中の会話などの騒音もあります。これらはすべて、従業員の生産性と効率に大きな影響を与えます。

 

気が散ること

 

オフィスには専用のスペースがないため、一日中気が散ることがあります。時々、誰かがあなたのワークステーションにやってきて、あなたの注意力を削いでしまうかもしれません。人が通り過ぎたり、おしゃべりに夢中になったり、近くにいるだけで気が散って仕事に集中できなくなる人もいるかもしれません。

 

プライバシーの欠如

 

また、オープンオフィスでは、従業員のプライバシーが守られません。周囲に人がいる中で、電話越しにプライベートな話をするのは無理があります。電話で話すことが不快になるだけでなく、仕事に関することでも、内緒で話したいことはたくさんあるはずです。同僚が見ている前で上司に叱られるなんて、恥ずかしすぎます。

 

オーナーシップの欠如

 

ほとんどのオープンオフィスには、従業員専用のワークステーションがありません。社員は空いているワークステーションで仕事をします。そのため、社員はオフィスの様々な場所を楽しむことができ、新鮮さを保つことができますが、その一方で、オーナーシップの欠如を招くことにもなります。自分の場所だと感じられないのです。オーナーシップの欠如は、タスクの整理整頓や効率の低下を招きます。

 

ミスになる可能性が高まる

 

周囲に雑念や雑音が多い中、ファイナンスのような絶対的な集中力を必要とする仕事をミスなくこなすのは非常に難しいことです。オープンオフィスでの業務に慣れていない年配の社員の場合、ミスの可能性は数倍にもなります。

 

 

 

オープンオフィスデザインの利点は?

 

オープンオフィスデザインは、多くのデメリットがあるにも関わらず、多くの従業員や雇用者にメリットを与えています。今日、多くのオフィスがオープンオフィスデザインを採用しているのには、多くの理由があります。私たちに言わせれば、オープンオフィスデザインのメリットはデメリットを上回るものです。

 

コラボレーションを促進する

 

従来のオフィスで働く人々が直面する最大の問題の1つは、コラボレーションができないことです。何でもかんでも同僚にメールしなければならない。社員が一緒に過ごす時間が少ないので、その結果、社員同士があまり心地よくなく、フランクに接することができないのです。しかし、オープンオフィスであれば、従業員同士がより快適に仕事をすることができます。コラボレーションが活発化し、チーム全体の生産性と効率が向上します。社員は、同僚からのメールの返信を待つ必要はありません。その代わり、同僚が使っているワークステーションに気軽に行き、すぐに仕事を片付けることができるのです。

 

ネットワーキングの向上

 

社員が専用のキュービクルに座っていない方が、みんな話がしやすいのです。部署間の隔たりもなく、全員が同じ場所に座ります。そのため、人脈も広がります。従来のオフィスデザインでは考えられなかったような、異なる部署の人たちとの交流が生まれ、人間関係を築くことができます。ネットワークが広がれば、企業との関係も良好になり、ボトルネックも減り、遅れも少なくなります。

 

よりリラックスした職場環境

 

その昔、オフィスには堅苦しいオーラが漂っていました。同僚のキュービクルに立ち寄って気軽におしゃべりすることはできませんでした。上司は、社員がオフィスにいる間、時間を無駄にすることなく働き続けることを求めていました。厳しい職場環境の結果、社員は常に緊張していました。さらに悪いことに、社員はリラックスしているところを上司に見つかると怒られるのではないかと、常に怯えていたのです。これらすべてが、社員のモチベーションや気分に直接的な影響を及ぼしていました。

 

しかし、オープンオフィスプランではこれが変わりました。上司の機嫌を損ねる心配をすることなく、同僚とおしゃべりしたり、楽しく仕事をしたり、休憩時間にリラックスしたりすることができます。

 

社員がリラックスして楽しく働ける職場環境であれば、社員はより献身的に働くようになります。そのようなオフィスで働くことに喜びを感じ、それがパフォーマンスに反映されるのです。

 

運用コストの削減

 

雇用者にとってのオープンオフィスのもう一つの大きなメリットは、いかに経費削減に貢献できるかということです。オープンオフィスの設置はコストが安く済みます。各部門のために別々の部屋を作る必要がありません。壁やドア、窓のある独立した部屋を作るには、オープンオフィスにワークステーションを設置するよりもはるかにコストがかかります。また、プリンターやスキャナー、コピー機などの機器も、部署ごとに用意する必要はありません。オープンオフィスでは、誰もがアクセスできる場所に各機材を1台ずつ配置することができます。

 

キュービクルの場合、光源はオフィスに設置された照明だけです。各キュービクルに十分な明るさを確保するためには、たくさんの照明を設置しなければならず、光熱費がかさむことになります。オープンオフィスデザインの照明は、それほど複雑ではありません。適切なシーリングライトを設置し、全従業員にワークステーション用のタスクランプを提供すればいいのです。また、窓を多く設置することで、照明の必要性をより減らすことができます

 

美観の向上

 

オープンオフィスは、従来のオフィスよりも美的に魅力的な印象を与えます。より大きく、より広く、より混雑せず、より明るく見えるのです。オープンオフィスのデザインは、ワークプレイスをよりモダンな印象にします。美観が向上することで、従業員も気持ちよく仕事ができるようになります。従業員が自分の職場を好きになれば、より献身的に働き、より良い成果を出すことができるようになります。

 

また、オープンオフィスは、クライアントや面接に来る新入社員にとっても魅力的に映るものです。オープンオフィスのデザインは、社員やクライアントに良い第一印象を与えることができます。

 

結論

 

オープンオフィスのデザインは有効です。現在、オープンオフィスのトレンドは最高潮に達しています。オープンオフィスデザインのデメリットに目をつぶることはできませんが、メリットはデメリットを凌駕しています。オープンオフィスデザインは、従業員同士のコラボレーションやエンゲージメントを向上させ、オフィス環境を堅苦しくなく、よりフレンドリーなものにし、結果として生産性の向上と従業員満足度の向上をもたらします。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。