送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オフィスデザインにおける色の重要性

12月30日
492 ビュー

近年、オフィスデザインはより「人」を意識したものとなり、社員がどのように感じるかが重要視されるようになりました。そのため、オフィス全体の色彩計画やデザインには十分な配慮が必要です。一日のうち、少なくとも半分をオフィスで過ごすことになるのですから。

 

このことを念頭に置き、オフィス空間は美的感覚に優れ、従業員の効率を高めるものであるべきです。この記事では、オフィスデザインにおける色の重要性と、色が従業員に与える心理的影響について説明します。

 

オフィスにおける色の重要性

 

例えば、壁一面がグレーの無彩色で統一されたオフィスを想像してみてください。そんな場所で1日8時間近く仕事をするのは楽しいでしょうか?

 

人間の本能として、色に惹かれるのは、色が私たちの気分に様々な影響を与えるからです。色彩は、一般的な気分から、職場での効率や幸福感まで、あらゆるものに影響を与える可能性があります。したがって、雇用主は従業員の効率と生産性を最大化するために、オフィスデザインに配慮をする必要があります。

 

雇用主がオフィスデザインに適切な色を選ぶべき理由はたくさんあります。以下のような理由があります。

 

従業員の気分を左右する

 

白やグレー、ベージュなどの淡い色調のオフィスは、従業員を悲しませる傾向があることが調査で明らかになっています。特に女性社員は、このような色調のオフィスにいると、気分が落ち込みやすくなるそうです。

 

色彩はパフォーマンスに影響する

 

色によって気分がネガティブになると、パフォーマンスにも影響が出ます。言うまでもなく、私たちの仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことが証明されている色もあります。例えば、試験前に赤色を使用すると、他の被験者に比べてスコアが低くなるという研究結果があります。

 

集中力と協調性を高める

 

色には、集中力、創造力、協調性を高める効果があります。オフィスデザインにうまく取り入れると、従業員のパフォーマンスに大きな影響を与え、よりよい共同作業ができるようになります。集中力が高まれば、目標達成にもつながります。

 

オフィスデザインに色を取り入れる

 

色彩が従業員の気分や生産性に影響を与えることは、実はオフィスデザイナーも認識していることです。しかし、壁に特定の塗料を塗ればいいというような単純な話ではないことが多いのです。家具のデザイン、照明、質感、企業文化などとの兼ね合いも理解しなければなりません。

 

大切なのは、心を落ち着かせ、活力を与える色ではなく、快適な空間をつくり、彼らの生産性を高める色を見つけることです。また、社員が楽しめる場所であることも重要です。社員が朝起きて、退屈で味気ないオフィスに行くのが嫌になるようなことは、最も避けたいことです。

 

では、どうすればこれらを実現できるのでしょうか。その答えは、色彩心理を活用することです。色には、私たちの生産性や気分に影響を与える独特の効果があります。ここでは、オフィスをリデザインする際に考慮すべき、それぞれの色についてご紹介します。

 

 

自然に最も近い色であることから、安らぎや静寂と共鳴する色です。オフィスに緑があることで、自然に回帰し、心を落ち着かせることができるのです。緑は、様々な方法で取り入れることができます。

 

例えば、オフィスの様々な場所、例えば仕事机の上に植物を置くことができます。植物は空間をフレッシュにし、従業員が落ち着いて働けるようにするため、ほとんどのオフィスで人気のあるものです。

 

これに加えて、休憩室の壁をこの色に塗ることも検討してみてください。そうすれば、その部屋は従業員にとって一種の逃げ場となり、仕事から解放されてリラックスできる場所になるでしょう。

 

 

これはまだ静けさと落ち着きに関連付けられている別の色です。生産性を高める色として、オフィスではよく使われます。実際、オープンプランのオフィスでは、青を取り入れることが多いようです。

 

青は空の色でもあるため、私たちの心を癒し、リフレッシュさせ、落ち着かせる効果があるようです。ストレスを感じることが多いオフィスにも、この落ち着いた色はぴったりです。また、神経質な患者さんが多い病院にも最適です。

 

 

ほとんどのオフィスで、赤の色調を目にしたことがあるかもしれません。これは、この色に活力と創造力を呼び起こす自然な力があるため、オフィスでの使用に適しているからです。また、非常に目を引く色なので、ほとんどのオフィスでは、フロントデスクや待合室にこれを使っています。ただし、この色は使いすぎると悲惨な結果になることがあります。

 

なぜなら、この色は非常に簡単にストレスを与え、神経質にさせ、呼吸や心拍数を増加させ、ネガティブな感覚を生み出すからです。ですから、壁を赤く染めるのではなく、この色は控えめに取り入れた方がよいでしょう。家具や絵画にアクセントとして赤を取り入れるとよいでしょう。

 

 

白は、オフィスではよく使われる色で、オフィスデザインの中で最も失敗の少ない色です。この色は、明るく広々としたオフィスを演出するのにとても役立ちます。ただし、壁を白く塗るときは、赤などの強いアクセントカラーを加えることを強くおすすめします。

 

そうすることで、オフィスデザインに活気が出て、従業員にとって当たり障りのない退屈なものにならないよう、バランスを取ることができます。白は常に良いオプションであり、インテリアと組み合わせることができる素晴らしい選択肢となります。したがって、アクセントカラーと組み合わせて使える安全な色をお探しなら、白を検討してみてください。

 

黄色

 

黄色は、ポジティブで明るく、爽快な色です。太陽を連想させることから、元気の出る色とされています。暖色系の色は精神を刺激し、想像力や創造力を高めてくれます。しかし、赤と同様、黄色も控えめに使うことが大切です。

 

この色は、しばしば人を不安にさせ、イライラさせることがあります。そのため、あまりに黄色が多いと、従業員が口論になる可能性があります。インテリアや絵画などで、アクセントになるような黄色を取り入れるとよいでしょう。

 

 

これは一般的に、オフィスではあまり使われない色です。しかし、専門家や地位の高い人は、オフィス空間を黒でデザインすることが多いようです。それは、この色が自信とエレガンス、そして優越感を自然に醸し出してくれるからです。

 

アクセントとなるアイテムをうまく組み合わせれば、黒を基調としたオフィス空間は権威に満ちあふれ、非常に神秘的な空間となります。しかし、この色は使いすぎると不吉で威圧的なオフィスになってしまうので、使いすぎないようにしましょう。

 

茶色

 

黒と同じ暗さを持ちながら、より親しみやすい色です。例えば、大地や自然を連想させる色です。自信や強さ、力強さを感じさせると同時に、親しみやすい色でもあります。

 

もちろん、木製のオフィス家具を使えば、この色をオフィスデザインに効率的に取り入れることができます。例えば、FlexiSpotのアルコーブライザー・バンブー・スタンディングデスクコンバーターは、オフィスでの人気の高い選択肢です。カラーリングが優れているだけでなく、オフィスでの用途も柔軟で多彩です。

 

これをスタンディングデスクに変換することで、従業員のモチベーション、生産性、健康状態を向上させることができます。

 

パステル

 

春の色とも言われ、明るさ、幸福感、穏やかさを連想させる色です。パステルカラーは、白と混ぜることで鮮やかさが増し、圧迫感が軽減されます。そのため、オフィスデザインに取り入れるのに適しています。

 

オフィスによく使われるパステルカラーには、ベビーピンク、ラベンダー、ベビーブルー、ミントグリーンなどがあります。これらはいずれも、ホワイトオフィスのアクセントカラーとして、落ち着きとくつろぎの空間を演出することができるからです。

 

ピンク

 

オフィスカラーとしてはあまり一般的ではありませんが、育ちの良さを感じさせる空間を演出したいのであれば、ピンクはおすすめです。この色は、希望、女性らしさ、ロマンスを醸し出しています。したがって、それがオフィス内で出したい雰囲気であれば、この色を考慮する必要があります。

 

この色は、しばしば刑務所でも囚人を落ち着かせるために使用されるほど、人々をリラックスさせる特徴を持っています。しかし、赤と同じように、ピンクは時に威圧的になることがあります。そのため、オフィスではアクセントカラーとして控えめに使用するとよいでしょう。

 

まとめ

 

従業員のためのオフィスを作るにせよ、ホームオフィスをデザインするにせよ、色彩設計に工夫を凝らすべきでしょう。これは、長い目で見れば、いろいろな意味で役に立つことでしょう。

 

どの色を選んでも、FlexiSpotのコンバーティングデスクをアクセントカラーとして使用することができます。オフィスに落ち着きを与えてくれるだけでなく、仕事中に立ったり座ったりする姿勢を切り替えられるので、とても実用的です。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。