送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

パソコン使用時に避けるべき7つの最悪な姿勢

11月15日
2444 ビュー

筋肉痛と不安は仕事で疲れ、倦怠感、非生産性を感じる可能性のある2つの要因です。その結果、パソコン使用時の姿勢が悪いと、健康と生産性に顕著な影響を与える可能性があり、後で後悔することになります。

 

あなたは健康と生産性に有害な姿勢をしていることに気づいていないかもしれません。

 

その点で、あなたは採用するかもしれないすべての間違った姿勢に注意する必要があります。これを知っていれば、パソコンの前に座っている正しい姿勢を理解することは非常に簡単になります。

 

私たちが取り上げたい2つのトピックがあります。それは避けるべき悪い姿勢、パソコンの前に座っているときの姿勢を改善する方法、そして採用すべき理想的な姿勢です。それでは一緒に考えていきましょう。

 

最も一般的な姿勢の間違いとそれらを回避する方法

 

あなたが行っており、そして後で後悔するであろうひどいパソコン使用時の姿勢の影響を伴う7つの間違い姿勢は以下です。今後予防できるよう、ぜひご覧ください。

 

1.しゃがみながら座る習慣が悪い

 

パソコンではしゃがむことは姿勢が悪いと見なされます。コアや腹部の筋肉を使わず、座っているときに腰を下ろすと、最も一般的な姿勢の間違いを犯してしまいます。

 

この不適切な姿勢でパソコンの前に座ったり、この位置に長時間立ったりすると、腰に重大な不快感を与える可能性があります。

 

腰の椎間板ヘルニアも深刻な状況で問題になる可能性があります。

 

おへそを背骨に向かって引いてまっすぐに座り、コアの筋肉を活性化してそのような不快感を避けます。そうする習慣を身につければ、それは難しいことではありません。

 

2.肩をすくめる

 

肩をかがめた状態でコンピューターの前に座ると、お粗末な姿勢になります。

 

一方、肩を前に倒すと肩がくしゃくしゃになります。この位置では脊椎上部の曲率が大きくなり、頭と首に望ましくない傾きが生じます。さらに、それはあなたの肺活量を減らします。

 

この位置を改善しようとするときは胸とおなかを突き出して修正しすぎないように注意してください。肩をリラックスさせながら、背骨をまっすぐにし、体に最大の高さを与えることに集中してください。

 

3.長期間見下ろす

 

タイピング中にキーボードを長時間使用しているときに曲がるのはパソコン使用時の姿勢が悪いからです。頭が重いので、十分な時間傾けた状態にすると、首や背中の上部に過度の負担がかかります。

 

この姿勢を防ぐため、頭を高く、地面と平行に保ちます。モバイルガジェットを腰の周りに付ける代わりに、目と一致させることができますか?パソコンを使用している場合、モニターの高さが視界に合うように調整してください。

 

モニターを持ち上げるにはモニターアームまたはいくつかの本を使用する場合があります。モニターを調整する時、モニターが目からどれだけ離れているかを覚えておいてください。FlexiSpot Comharオールインワンスタンディングデスクグラストップ(48 "W)などのスタンディングデスクを使用すると、首の問題を防ぐのに役立ちます。

 

4.座っているよりも立っている

 

あなたは立っていることがあなたの生産性と健康に有益であると信じていますが、あなたは長時間立っていることが長時間座っているのと同じくらい有害であり、それを避けるべきであることに気づいていません。

 

十分な時間立っていると、循環器系が血液を上に移動するのに負担をかけ、これにより血液が脚に溜まり、筋肉の不快感や倦怠感を引き起こします。

 

これを避けるため、仕事中に長時間立つのではなく、一定の間隔で短い時間立ってください。

 

5.ソファで仕事をする

 

ソファに座って長時間パソコンで仕事をしていると、ひどい姿勢で座ることが多く、姿勢が悪くなり、オフィスチェアに戻ったときに腰をかがめたりします。

 

ソファでの仕事はオフィスの椅子や机での仕事をするよりもできるだけ少なくすることをお勧めします。これにより、まっすぐに座って、仕事で正しい姿勢を保つことができます。

 

6.足の位置を変える

 

足が床に平らになっている場合、正しい位置に座っていると思われるかもしれません。これはある程度真実ですが、これだけでは不十分であり、パソコンで仕事をする時の姿勢を悪くしている可能性があります。

 

椅子のフットレストまたは座位補正器を使用して改善できるため、足の配置は問題になりません。

 

前腕に焦点を合わせるために椅子の高さを変更することは正しいパソコンでの座位を実現するための最大のテクニックです。前腕がワークステーションの高さと一致し、腕が90度の角度となったら準備完了です。

 

7.日中はストレッチをしない

 

最後に、パソコンで仕事をする時は1日を通してストレッチすることが重要です。多くの場合、ワークステーションにいなければならないため、ストレッチしたり動き回ったりする時間がありません。

 

ある姿勢を長時間続けると、筋肉が痛くなり、体が痛くなり、次第にパソコンで仕事をする時の姿勢が崩れていきます。

 

パソコンの前に座っているときの姿勢を改善するため、頻繁に位置を変え、一定の間隔で何度もストレッチします。これを1日中行うと、ひどいコンピューターの姿勢を改善するのに役立ちます。

 

結論

 

座りがちな仕事では悪い姿勢がより一般的となります。これを避け、体に害を及ぼすことを避けるために、この記事のアドバイスに必ず従ってください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。