送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

スタンディングデスクの健康効果

5月6日
917 ビュー

座りっぱなしの生活をしていると、長時間座りっぱなしになる可能性があります。多忙なスケジュールや長時間労働の場合、1日の大半を座って過ごすことになります。

 

一日の大半を座って過ごすことで生じる様々な問題を、医療関係者は「座りっぱなし病」と呼んでいます。

 

座りっぱなしを防ぐには、スタンディングデスクを選ぶとよいでしょう。スタンディングデスクに期待できる健康効果についてまとめました。スタンディングデスクの健康効果を知るために、ぜひご一読ください。

 

 

 

 スタンディングデスクとは?

 

スタンディングデスクとは、立ったままパソコンで快適に仕事ができる机のことで、スタンドアップデスク、アジャスタブルスタンディングデスク、シットスタンドデスクとも呼ばれています。

 

現代のスタンディングデスクは、手動または電動で調節できるのが一般的で、作業内容に応じて座ったり立ったりと、必要に応じて素早く移動することができます。

 

ハイエンドのスタンディングデスクでは、あらかじめ理想的な机の高さを指定し、お好みでボタンを押すだけで様々な高さに切り替えることができます。

 

スタンディングデスクとは何かということがわかったところで、その様々なメリットについて見ていきましょう。

 

スタンディングデスクで仕事をすることは有益でしょうか?

 

健康増進のために、職場でスタンディングデスクを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。私たちは皆、一日中座っていると心身ともに健康に悪いと教えられてきました。

 

長時間立っていることで、より多くの仕事をこなすことができ、職場でより良い時間を過ごすことができます。

 

スタンディングデスクの健康効果

 

スタンディングデスクは、自宅のオフィスでも、混雑した共有環境でも、仕事をしながら健康を増進できる素晴らしい手段です。ここでは、スタンディングデスクの利点をいくつかご紹介します。

 

活動量を増やすことができる

 

健康のことを考えると、長時間座っているより立っているほうがいいです。立っていると、たとえアクティブでなくても、仕事中の運動量が増えます。

 

ワークステーションで立っていることで、腕や脚をより自由に動かすことができます。スタンディングマット、バランスボード、トレッドミル、さらにエクササイズサイクルなどは、スタンディングワークステーションを活用する人に人気のアクセサリーです。

 

しかし、たとえ座っているより立っている方が健康に良いとしても、立っている間は積極的に体を動かすようにする必要があります。

 

スタンディングデスクの利用者は、このような運動によって、日中の消費カロリーが増える可能性があります。

 

エネルギー補給

 

Applied Ergonomics誌に掲載された研究のレビューによると、スタンディングデスクを使用している従業員は、より多くの時間を立って過ごしていることが判明しました。

 

英国の研究者によると、1日のうち1時間立ち続けることで生産性が66%向上し、従業員が87%活性化したそうです。

 

この調査結果をもとに、オフィスワーカーにもっとアクティブに行動するよう促す「スマートワーク&ライフ」活動を開始したのです。

 

目を覚まし、意識を保つことは、1日の中にちょっとした動作やエネルギッシュな瞬間を取り入れることで、より身近になります。立ちっぱなしで考えなければならないとき、あなたはより積極的に行動することができます。

 

疲れがたまっているときは、立ちながら休憩することで、シフト中に失われたエネルギーや興奮を取り戻すことができるかもしれません。

 

 

 

首や腰の痛みを無理なく緩和する

 

一日中デスクワークで猫背になっている時間が長い方は、背中や首の痛みに悩まされているのではないでしょうか?一日中座りっぱなしは、長時間続けると背骨に大きな負担をかけ、椎間板を傷つけてしまうかもしれません。

 

猫背で長時間パソコンの画面を見ていると、姿勢が悪くなります。ディスプレイが人間工学に基づいて設置されていない場合、首を傾けることになり、首が痛くなることがあります。

 

スタンドアップデスクは、背中や首の不快感に関する問題を解決してくれるかもしれません。

 

血糖値を下げる

 

ほとんどの人の健康は、食後の血糖値の上昇によって悪影響を受けます。インスリン抵抗性や2型糖尿病の人は、このことを念頭に置いておく必要があります。

 

研究者は、10人のオフィスワーカーを対象にした研究で、昼食後に同じ時間座るよりも立つ方が、血糖値の急上昇を43%下げることを発見しました。

 

その差が、オフィスに関する身体的な動作の増加ではなく、立つことに関連していたことがわかりました。

 

ある研究によると、23人のオフィスワーカーが勤務中に30分ごとに立ったり座ったりすることを交互に行ったところ、平均血糖値が11.1%低下したそうです。

 

2型糖尿病は、座っている時間が長すぎる人の間で112%起こりやすく、食後に座ることがもたらす有害な結果を一部説明しているのかもしれません。

 

 

 

気分とエネルギーレベルを向上させる

 

スタンディングワークステーションは、健康全般に良い影響を与えるようです。調査によると、スタンディングデスクの利用者は、一日中ワークステーションに座っている人に比べて、ストレスや疲労感が少ないと回答しています。

 

また、スタンディングワークステーションを使用している人の87%が、以前よりも1日を通してエネルギーと活力があると答えています。

 

また、以前のワークステーションに戻るとすぐに、一般的な感情が正常に戻ったといいます。座りっぱなしとメンタルヘルスに関する様々な研究によると、座りっぱなしは悲しみや不安のリスクを高めるとされています。

 

肥満や体重増加のリスクを低減する

 

消費カロリーが消費カロリーを上回ると、体重が増えるというのは、単純な事実です。

 

私たちの体は自然にカロリーを消費しますが、ランニングやウォーキングなどの運動をすることで、そのプロセスを助けることができます。

 

しかし、座っているよりも立っている方が、より多くのカロリーを消費できることをご存知でしょうか?仕事で長時間座っていると、多くの社員が望まない体重増加を経験します。

 

仕事中でも簡単にできることですが、1日3時間以上立つことで、年間30,000キロカロリーを消費することができます。これだけの脂肪を落とすには、マラソン大会に10回近く出場する必要があるのです。

 

健康へのリスクを低減する

 

肥満、心血管疾患、2型糖尿病、がんは、すべて長時間座っていることと関係があります。スタンディングデスクを使って、1日の仕事の中に立つことを加えることは可能です。

 

心臓病のリスクを減らすには、ベッドから起き上がり、血糖値とコレステロールを下げるために短時間の散歩をするだけで良いのです。

 

糖尿病と闘う最善の方法は、アクティブに動き回り、運動量を増やすことです。座りっぱなしなどの運動不足は、代謝を低下させるため、2型糖尿病になる可能性が高くなります。

 

ADAによれば、長時間座っている間に立ったり歩いたりすれば、糖尿病の食後グルコース、インスリン、NEFAをかなり低下させることができます。

 

運動不足は、乳がんや大腸がんなどの悪性腫瘍の発症リスクを高めることが分かっています。

 

長時間の座りっぱなし、特に頻繁な運動不足を伴う場合は、様々な悪性腫瘍のリスクが高まります。

 

生産性を向上させる

 

スタンディングデスクの問題点は、タイピングなどの日常業務がしにくくなることです。毎日午後に立ち上がることに慣れるには時間がかかるかもしれませんが、スタンディングデスクが通常の職務に影響を与えることはないようです。

 

60人の若いオフィスワーカーを対象にした研究では、スタンディングデスクを1日4時間使用しても、1分間に書く文字数やタイピングミスに影響はなかったそうです。

 

スタンディングデスクは、気分や活力を向上させる効果があることから、生産性を阻害するよりも、生産性を促進する可能性が高いと考えられます。

 

 

 

体重を減らすための優れた方法

 

1時間あたり60~130キロカロリー消費する座位と比べ、立位は1時間あたり100~200キロカロリー消費します。

 

さらに、立って仕事をすると、精神状態が変化してカロリーが消費されます。立っている間は、理性が 「健康モード」の状態を維持しやすくなるのです。

 

日中は、いつもよりたくさん動き回ることになります。脚を上げたい人は上げ、休憩がてらランジやジャンピングジャックをするのもいいでしょう。

 

このような小さな動きの変化を日常に取り入れることで、仕事中の消費カロリーを増やすことができます。

 

手首の正しい位置のサポート

 

ノートパソコンを膝の上に置いてタイピングしたことがある人は、手首がキーボードにかかるようになったかもしれません。手首の痛みや緊張は、長時間の立ち仕事による可能性があります。

 

また、手首の神経が圧迫される手根管症候群の方は、持ち方が悪いと、症状が悪化することがあります。

 

手首の姿勢や仕事中の体への負担を知ることは、素晴らしいことです。スタンディングデスクのように高さを調節できるものを活用し、腕を90~100度の位置に保つとよいでしょう。

 

多くの場合、この位置でタイピングする方が快適で、タイピングが速くなる可能性もあります。

 

結論

 

スタンディングデスクの健康効果についてご紹介しましたが、立って仕事をすることが、よりアクティブなライフスタイルを送ることにつながるということを実感していただけたと思います。

 

立つことは、心臓病や糖尿病などの健康問題のリスクを最小限に抑えるための素晴らしい戦略です。人間工学に基づいた使い方をすれば、立つことで姿勢を良くし、首や背中の不快感を軽減することができます。

 

そこで、高さ調節の際、スムーズに上下に動いて機器を固定できるFlexispotのプロプラス・スタンディングデスク(E7)をお勧めします。

 

日中、数分間、立ったり歩いたりすることで、血行や活動性が改善されるかもしれません。座っている時間を減らすことは、寿命を延ばす可能性を含め、健康面でメリットがあります。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。