送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

生産性向上のためのスマートデスクセットアップのヒント

8月11日
2437 ビュー

従業員は仕事の期限をそれぞれ持っていますが、プロジェクトをより迅速に行うことができたらどうでしょうか。あなたは朝起きて、健康的な朝食を食べて、仕事に向かいます。

 

あなたの仕事を完了させることを妨げているのは何ですか?ワークステーションのレイアウトは仕事時間と同じくらい重要であることがわかりました。

 

オフィスのセットアップで考慮する必要のある要素

 

「仕事の効率を上げるために私にできることは何ですか?」と自問するかもしれません。これがあなたの頭をよぎったことがあるなら、あなたは正しいことを考えています。それはあなたが次のステージにいくための道を見つけたいということを示しています。

 

あなたがする必要があるのは人間工学を利用することです。適切に設計された人間工学に基づいたワークステーションは様々な方法で生産性を向上させるのに役立ちます。これらは光の量の調節から隣に置いている植物まで、あなたがトップに行くために取るべきステップです。

 

不要な注意散漫を取り除くため、人間工学に基づいた最適なワークステーションの構築が必要となります。職場環境は様々な活動の方法に大きな影響を与えます。あなたがしなければならないのは人間工学的な考え方であなたの机の設定を変更することだけです。

 

生産性に対する人間工学のメリットは何ですか?

 

人間工学に基づいたオフィスデスクのレイアウトと作業効率には密接な関係があります。例えば、座っている椅子と仕事をしている机があります。机が自分の身長に合わない場合、困ったことになります。

 

人間工学は不快な姿勢を減らすことで生産性を高めます。人間工学に基づいた最高のワークステーション構成によって、より強いワークフローを確保することができます。

 

ほとんどの従業員は不快な位置が回避するために自分自身を再調整するのに非常に多くの時間を浪費します。良い解決策としては人間工学に基づいた机を設置することです。

 

人間工学に基づいたデスクのセットアップを見つけるための最も良い方法は何ですか?

 

すべての従業員は人間工学に基づいた最適なワークステーション構成を必要としています。同時に多くの気を散らすものがある場合、集中力を維持するのが難しい場合があります。動き回るのに十分なスペースがない場合、職場で窮屈感を感じているかもしれません。これらの問題はすべて、人間工学を使用して簡単に解決できます。

 

人間工学に基づいたオフィスデスクを設置するための最も役立つ5つの推奨事項を以下に示します。作業効率は気を散らすものがないことと前向きな考え方に基づいており、どちらも人間工学によって支えられています。

 

1.スタンディングデスクの購入について考える

 

座っていることと立っていることを交互に行う必要があります。一日中椅子に座っていると、体重増加、血液循環の低下、気道の制限などの健康上の問題が発生するリスクが高まります。

 

腰や首の痛みも起こりがちです。ワークステーションの高さ設定が不適切な場合、不自然な姿勢になります。この位置で何時間も過ごすことは特に筋肉に負担を強いてしまうため、体に悪いことです。

 

効果的な方法としては人間工学に基づいたデスクを設置することです。人間工学に基づいたスタンディングデスクはこれを行う1つの方法です。FlexiSpotの調整可能なスタンディングデスクプロシリーズは生産性を向上させるホームスタンディングデスクです。4つの異なるプログラム可能な高さ設定から選択できます。 

 

ボタンをクリックするだけで、デスクを個人のニーズに合わせることができます。また最先端のテクノロジーを採用しており、全体的な仕事エクスペリエンスを向上させます。誰にとってもスタンディングデスクは使いやすいのです。

 

人間工学に基づいたデスクコンピュータはスタンディングデスクでも使用可能です。ディスプレイをモデムに接続するコード用のスペースがさらに必要になります。これによって、ワークステーションとPCのセットアップがより効率的になります。

 

FlexiSpotの調整可能なスタンディングデスクプロシリーズは最高品質の素材で作られています。それはそれが長期使用に耐えることを保証しており、あなたの変化するニーズに適応することができます。

 

FlexiSpotはあなたのためだけに最高のものを提供しています。そのためこのスタンディングデスクはあなたを念頭に置いて設計されているのです。

 

このスタンディングデスクの再設計された構造は最大の安定性を保証しています。定期的に立っている状態から座っている状態に切り替える場合、時間を節約できる高さ記憶機能も備えています。コントロールパネルによって、すばやく位置を変更できます。

 

2.人間工学に基づいた椅子を購入する

 

適切な人間工学に基づいたワークステーション構成には適切な人間工学に基づいた椅子が必要です。体の負担と時間のかかる再調整は椅子の設計が不十分な場合に発生する課題です。

 

あなたは快適な位置を見つけるために絶えず自分自身を調整することになるでしょう。しかしそれによって自身の義務を完了するために必要な時間を使い果たしてしまいます。腰痛のような健康問題の問題も発生するでしょう。

 

姿勢矯正椅子が必要です。そうすることで、背中、肩、首、腕の負担を和らげることができます。必要なのは適切なサポートなのです。

 

人間工学に基づいた一般的なオフィスチェアよりもデスクバイクの方が優れています。これは仕事中に静止しているよりも活動的で動くことができるためです。

 

最高のアンダーデスクバイクを使い、筋肉を伸ばし、心拍数を上げ、循環を改善しながら、1日を過ごすことができます。

 

デスクで過ごす時間が長すぎて、ジムに行ったり、仕事の後に自転車に乗ったりする時間がない場合に特に便利です。

 

3.人間工学に基づいたアクセサリを使用する

 

FlexiSpotには人間工学に基づいたデスクアレンジメント用のアクセサリもあります。FlexiSpotは様々な便利なガジェットを取り揃えております。

 

マルチモニタースクリーンはモニターアームによって保持することができます。

 

ケーブルトレイを使用するとキーボードを便利な位置に保つことができます。

 

抗疲労マットを使用すると机に立っているときに足の快適さを維持します。

 

キーボードとマウスはすべてのリモートワーカーにとってなくてはならないものです。

 

これらの各アイテムは人間工学に基づいたデスクコンピュータの配置と組み合わせて使用すると便利です。こららのツールがなければ、スタンディングデスクと人間工学に基づいた椅子だけでは不十分なのです。

 

4.机を窓の横に置きます

 

人間工学に基づいた適切なワークステーションレイアウトには照明が必要です。重要な書類やカップホルダーの鉛筆など、照明を使用して特定のものを照らすことができます。あなたの職場をより見やすくしたいのであれば、それは有益でしょう。

 

人間工学に基づいた机を窓の近くに配置することも1つの選択肢です。人間工学に基づいた最適なデスク構成で適切な照明が使用されているため、見やすくなります。費用効果の高いアプローチとして、窓を使用することを検討してください。

 

また家具も考慮する必要があります。人間工学に基づいたデスクレイアウトではホームオフィスを作るためにすでにあるものを使用する必要があります。ワークスペースを選択する際、利用可能な部屋の近くの窓の位置を考慮してください。

 

5.うまく機能するワークフロー戦略を取る

 

最後に、理想的な人間工学に基づいたワークステーションのセットアップは戦略に基づくべきです。ワークフローを強化したい場合、整理スキルを備えた効率的なデスクの配置が必要になります。

 

人間工学に基づいた完璧なワークステーションのセットアップには特定の弱点を特定して強みに変換することを含む最適化が必要です。気を散らすものを最小限に抑えたいと思うことでしょう。リラックスするサウンドトラックを聴きながら、あなたはより集中することができるでしょう。

 

もう1つの例としては職場で使用する事務用品です。ペンと紙を保管するのに最適な場所はどこですか?可能であれば、ペンと紙を同じ場所に置いてください。

 

人間工学に基づいた最適なデスクのセットアップを自分で行う

 

多くの在宅勤務者は時間どおりに自身の業務を完了するのに苦労しています。 不快な作業レイアウト、騒音、不十分な照明などいくつかの問題があります。

 

人間工学に基づいた最適なワークステーションのセットアップを設計する際にはこれらすべてが考慮されるべきです。職場での生産性を高めるにはしっかりとしたアプローチを考える必要があります。人間工学に基づいたデスクを設置することから始めましょう。

 

スタンディングデスクまたは人間工学に基づいた椅子を使用することで、健康被害を回避し、仕事に集中することができます。これらの役立つヒントに従い、ワークスペースをより有効に活用する方法を学ぶことで、仕事の生産性を向上させましょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。