送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

職場で最適な境界線を設定する

3月30日
580 ビュー

どの職場にも、様々な気質や性格の人がいます。ある人にとっての許容範囲は、別の人にとっての許容範囲ではないかもしれません。人々は同僚が自分とその性格を尊重することを期待していますが、多くの場合、何が自分にとって許容され、何が許容されないかについて、同僚は言ってくれません。個人が定義していない境界線を誰かが破ると、不快に感じたり、軽蔑されたり、あるいは搾取されたと感じたりします。

 

職場の境界線を設定することは、個人としてだけでなく、組織全体にとっても非常に重要です。職場で境界線を明確に設定することで、職場がより良くなり、誰にとっても安全なものになります。

 

あなたは一日中、職場で様々な人と関わっています。ある人はあなたの部下で、ある人は上司です。もしあなたが境界線を越えてしまったら(その存在を知らずに)、意図せず同僚を怒らせてしまい、チームとしての協調性に影響を及ぼすかもしれません。したがって、職場で境界線を設定することは、従業員だけでなく、ビジネスにとっても重要なことなのです。

 

このブログでは、職場の境界線について、なぜ職場の境界線を設定することが重要なのか、そして職場で健全な境界線を設定するにはどうすればよいのかを解説します。

 

 

 

職場の境界線を理解する

 

職場で健全な境界線を設定しないと、身体的、精神的、感情的な幸福を危険にさらすことになるかもしれません。

 

職場の境界線には、感情的境界線、時間的境界線、物理的境界線、精神的境界線の4つのタイプがあります。

 

それぞれの境界の意味と対象について、詳しく見ていきましょう。

 

感情的境界線

 

感情的境界線とは、人にどのように接してほしいか、どのようにフィードバックを受けたいか、自分のパーソナルスペースはどこかを定義することであり、同僚の気持ちに配慮し、彼らのパーソナルスペースを尊重することも含まれます。職場での感情的境界線は、一人で過ごす時間が必要であることをはっきりと伝えることが非常に重要です。

 

時間的境界線

 

時間的境界線は、労働者が毎日仕事を始めるべき時間と、労働者がその日を終えるべき時間を定義します。個人的なレベルでは、時間の境界を設定することは、シフトが終わった後に、それ以上働くことができない時間を定義することを意味します。これによって、雇用主から搾取されていると感じることはありません。

 

物理的境界線

 

これらは結構、思うところがあるかと想像しています。物理的境界線を設定するということは、同僚との物理的な接触がどの程度なら問題ないかということです。異性の同僚と物理的に交流すること(カジュアルなハグ、握手など)に違和感を覚える人もいれば、何の問題もないと思う人もいるでしょう。すべては、あなたが心地よく過ごせるかどうかにかかっているのです。

 

精神的境界線

 

精神的境界線は、あなたの精神的な幸福を確保するのに役立ちます。仕事が私生活の妨げにならないように、境界線を設定することは重要です。休暇を取得し、家族と過ごしたり、自分の好きなことをしたりすることも大切です。仕事が忙しいからと休みを取らない人が多いのですが、それは自分自身を搾取しているだけだということに気づいていないのです。

 

 

 

職場で適切な境界線を設定することがいかに重要でしょうか?

 

職場で適切な境界線を設定することが重要であると断言します。個人レベルでも組織レベルでも、すべての職場で境界線を設定する必要があると言う理由は数多くあります。

 

以下に、その理由をいくつかご紹介します。

 

明確な期待

 

境界線を明確にすることで、明確な期待値を設定することができます。職場の境界線を意識することで、何が許され、何が許されないかを正確に把握することができます。暗闇の中を歩くようなことはありません。例えば、従業員が昼食に取れる時間を定めた境界線があれば、何が許容範囲なのかが明確になります。

 

例えば、あなたの職場では昼休みは30分と決められています。その場合、職場の近くにいる旧友とランチタイムを過ごすことはできません。職場の境界線を設定することで、雇用主は従業員に何が許され、何が許されないかを伝えることができます。

 

同様に、シフトが終わっても仕事を続け、それがあなたをイライラさせたとしても、上司はあなたが残業をすることに問題があることを知らないということを知っておいてください。しかし、「シフト時間を超えて働くことはできない」という明確な境界線を設定すれば、上司はそれを理解するでしょう。

 

誤解をなくす

 

職場の境界線が明確であれば、誤解を生むことはないでしょう。例えば、「勤務時間が終わったら仕事に出られない」という境界線を設定しておけば、「勤務時間が終わっても仕事ができる」と考える人は職場にいなくなります。

 

職場で健全な境界線を設定することが、誤解を減らすのに役立つことを理解するために、別の例を挙げます。もし、あなたが職場で物理的な接触(握手やハグ)は避けたいことを明確にし、それを声高に主張すれば、職場の誰も、「ごめんなさい、誤解してました」と言って、あなたと物理的な接触を持つことはないでしょう。

 

従業員に個人的な活動のための余裕を与える

 

職場に健全な境界線を設けることで、社員は個人的な活動のための時間を確保することができます。例えば、勤務時間中だけ働くと、勤務後の時間はすべて自分のための時間となります。雇用主としては、従業員が休暇を取れる場合、休暇を取ることを許可してあげましょう。余分な時間を与えてもらえないか、従業員に尋ねてみましょう。残業を強制したり、義務化したりすると、従業員の不満は募るばかりです。しかし、従業員の境界線を尊重することで、従業員はあなたに対してより忠実になるのです。

 

社員の生産性を向上させる

 

自分の境界線が尊重され、職場で軽蔑されたり、踏みにじられることがなく、いかなる形でも搾取されないと分かれば、従業員はより高いレベルの献身的な働き方をすることができます。その結果、職場の生産性が向上するのです。

 

尊敬に値する職場環境を作る

 

誰もが他人の境界線を尊重し、それに従って行動する職場は、間違いなく素晴らしい職場です。自分が尊重され、職場で虐待や軽蔑、搾取を受けることがないと分かれば、従業員はより安全で満足できるようになり、従業員の満足はビジネスの成功の鍵になります。そのような職場では、従業員は誰の境界線も破ることなく楽しく過ごすことができ、誰かを怒らせたり傷つけたりすることも避けられます。たとえそれが職場の同僚や先輩との関係であっても、尊敬の念はすべての成功する人間関係の基礎となるのです。

 

職場で健全な境界線を設定するにはどうすればよいのでしょうか?

 

自分の権利を主張することがいかに不快かを考えると、職場で健全な境界線を設定する方法を知っておく必要があります。

 

ここでは、職場で健全な境界線を設定するためのヒントをいくつか紹介します。

 

自分にとって大切なものを優先する

 

職場で自分の境界線を伝える前に、自分の境界線が何であるかを知っておく必要があります。自分は何が心地よく、幸せなのか、何が受け入れられないのか、自問自答してみましょう。職場で幸せになる要因を考え、また、職場で不満に思うことも考えてみてください。

 

プライベートを重視するのであれば、仕事から離れる時間について明確な境界線を設定します。仕事上の成長を優先するのであれば、仕事でどこまで自分を伸ばせるかについて、明確な境界線を設けておきます。

 

優先順位が明確になれば、それを声高に主張し、それによって誰もがそれを尊重するようになります。

 

自分の境界線をはっきりさせる

 

あなたの限界や境界線があなたの心の中で明確であっても、あなたがそれをうまく伝えられないのであれば、何の意味もありません。あなたが言わない限り、あなたにとって何がOKで何がNGなのか、誰も知ることはできないのです。

 

例えば、同僚の噂話が嫌いなら、その会話から丁重に席を外し、同僚に「その会話には参加したくない」と伝えるべきでしょう。こうすることで、彼らはあなたがいるときに何を話してはいけないかを知ることができます。

 

誰かが境界線を破ったら指摘する

 

あなたが明確に伝えたにもかかわらず、誰かが境界線を越えてしまったら、すぐにそれを指摘しましょう。そうしないと、あなたがそれを受け入れているというメッセージを相手に与えることになります。例えば、同僚に気軽にハグされるのが嫌だとはっきり伝えていた場合、誰かがハグしてきたら、「それはやめてほしい」と丁寧に伝えましょう。

 

冷静さを保つ

 

あなたが設定した境界線を、誰もが尊重してくれるわけではありません。冷静さを保つことが必要です。無礼な対応や攻撃的な態度は、あなたにとっても他の人にとっても、職場環境におけるストレスとなるだけです。自分の境界線を丁寧に伝えることで、騒ぎを起こさずにメッセージを伝えることができます。しかし、あなたが「ダメだ」と伝えているにもかかわらず、何度も何度も境界線を越えてくる人がいたら、あなたはその人の前で強気に出る必要があります。

 

まとめ

 

快適で安全、かつ尊敬に値する職場環境を確保するためには、健全な職場の境界線を設定することが重要です。健全な境界線が設定されていれば、誰もが何が許容され、何が許容されないのか、何を期待し、どのように周囲に振舞うべきかを知ることができます。これによって、職場は明るく、尊敬に値する環境になります。

 

職場での境界線を設定する鍵は簡単です。それを声に出すことです。あなたが自分の境界線と優先順位を声に出さない限り、人々はあなたの境界線が何であるかを知る術がないため、意図せず境界線を破り続けることになるでしょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。