送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

初心者のためのリモートワークのコツ

3月22日
278 ビュー

リモートワークは、以前から存在するものでした。しかし、コロナウイルスの大流行により、より具体的な現実となっただけでなく、おそらく将来の従業員や組織にとっての主要な働き方となるでしょう。

 

コロナウイルスの大流行をきっかけに在宅勤務を始めた人も、単にリモートワークの仕事を初めて見つけた人も、リモートワークでは多くの慣行や習慣を変え、修正し、確立する必要があります。例えば、いつ、どこで仕事をするか、気が散らないようにする方法、健康的なワークライフバランスを構築する方法などを考える必要があります。

 

リモートワークが初めての方は、このブログのヒントや提案を参考にすると、よりスムーズに移行できるかもしれません。

 

初心者のためのリモートワークのコツ

 

 

 

コミュニケーションをとる

 

コミュニケーションは仕事上の成功に欠かせないものですが、在宅勤務を始めると、その重要性はより一層高まります。同僚や上司にいきなり話しかけることはできないので、定期的に1対1のミーティングを開き、毎週のタスク、現在の進捗状況、将来の目標について話し合う必要があります。

 

このような機会を最大限に活用するためには、自分が担当したプロジェクトや主導したプロジェクト、達成した目標、進捗状況について、十分に情報を得ている必要があります。リモートワークの場合、上司があなたのパフォーマンスに目を光らせるのは難しいかもしれません。そのため、マイルストーンや成果を自分から報告するようにしましょう。

 

 

 

専用のオフィススペースを確保する

 

理想的には、リモートワーカーは専用のオフィスと2台のコンピュータ(1台は仕事用、もう1台は個人用)を持つべきでしょう。

 

しかし、仕事用に別の部屋とコンピュータを用意することは、誰にとっても現実的ではありません。そのため、最低限、仕事専用のテーブルや机、周辺機器などを用意する必要があります。

 

人間工学に基づいたスマートなオフィス家具、例えばフィットネスバイクSit2Go FC211に投資してみてはいかがでしょう。この椅子は、高さ調節可能なシートとサポート力のあるメッシュクッションを使用して、プレミアムな座り心地を提供するだけでなく、サイクリング設定により、より多くの身体活動を仕事の中に取り入れることができます。自分のニーズに応じて有酸素運動のレベルを調整できるほか、消費カロリーも確認できます。

 

 

 

テクノロジーに投資する

 

リモートワーカーにとって、信頼性の高いインターネット接続がいかに重要かはご存知のことと思いますが、必要なものはこれだけではありません。例えば、自宅の騒音や雑念のレベルによっては、ノイズキャンセリングヘッドフォンを購入する必要があるかもしれません。それに、このヘッドホンを使えば、カフェや公園などの公共スペースでも仕事ができるようになります。

 

また、ワイヤレスマウスやキーボードを購入し、より柔軟に仕事をする人もいます。

 

 

 

家から一歩出る

 

リモートワークだからといって、家から一歩も出ないわけにはいきません。少し散歩をすれば、血流が良くなるだけでなく、自然の中で過ごす時間は気分やエネルギーレベルを向上させます。理想的なのは、仕事の前、中、後のわずかな時間でも家から出ることです。

 

また、カフェや図書館、公園などの公共スペースで仕事をするのも、バリエーションが広がります。大切なのは、家を出て、体を動かし、空気と日光を浴びることです。

 

 

 

仕事用のアプリをスマホにダウンロードする

 

これは難しい問題です。仕事用のアプリケーションを携帯に入れることで、日中デスクを離れなければならなくなったときにも連絡が取れるようになりますが、同時に、時間外に仕事関連のメッセージを受け取るたびに通知されることになります。

 

一般的には、Google Docs、Hangouts、Slack、Zoomなど、少なくとも仕事に必要なアプリケーションを携帯電話に入れておくことは、害よりも有益だと言えます。もし、仕事が終わった後、仕事とプライベートを完全に分けたいのであれば、翌朝までアプリの通知をミュートすればいいのです。

 

 

 

同じ空間を共有する人たちと基本ルールを決める

 

自分の空間を共有する人たちとは、基本的なルールと健全な境界線を設定することが重要です。

 

例えば、大人同士でスペースを共有している場合、ミーティング時間や静かな時間、パソコンや椅子などの共有備品の使用などについて合意しておく必要があります。また、自宅学習や学校から帰ってくるお子さんがいる場合、お子さんの行動に関するルールを厳格かつ明確に設定する必要があります。

 

また、在宅勤務だからといって、常に家事を行ったり、ペットの世話をしたりできるわけではありません。家事労働を分担するのは結構なことですが、家にいるからと言って、自分がすべての責任を負うことになっていると思われるのは、いかがなものかと思います。勤務時間中は、自分の仕事が最優先であることを周囲に伝えてください。

 

 

 

「サインアウト」するタイミングを知る

 

リモートワーカーを監督するマネージャーにとって一番の懸念は、その社員が毎日洗濯やNetflixの視聴に明け暮れ、その間に仕事を挟もうとすることです。しかし、多くの場合、その逆です。リモートワーカーは、単に仕事を「離れる」ことがより困難であるため、より懸命に働く傾向があります。なので、プライベートが仕事の邪魔になるようなら、自分のための時間を確保することが必要です。そのための最良の方法は、規則正しく一定の労働時間を確保することです。もし、勤務時間が延びるようなことがあれば、その分、仕事を早く終わらせるか、翌朝の起床時間を遅くするなどの工夫をしましょう。

 

 

 

服装を整える

 

正しい服装をすることは、仕事に対する意識を高め、生産性を向上させるために重要な役割を果たします。

 

なので、パジャマや寝間着で出勤したり、電話会議に参加するのはやめましょう。

 

 

 

自分自身(そして他の人たち)を責めることはやめる

 

型にはまらないスペースで、フルタイムで働くことは、相当な集中力が必要です。そのため、リモートワークの成功者は、最も規律正しく、プロフェッショナルな人たちであることが多いのです。

 

しかし、だからといって、注意力が散漫になることがないわけではありません。Excelで数字を計算しながら、次の瞬間にはSkyscannerで航空券の値段を調べていたとしても、自分を厳しく責める必要はありません。リモートワークであろうと、オフィスであろうと、時折、心が迷うことは普通のことなのです。だから、仕事以外のことを考える自分を責めるのはやめて、仕事に戻りましょう。

 

同時に、上司や同僚、クライアントに対しても、このような寛容な態度で接することが必要です。仕事でもプライベートでも、その人がどんな問題を抱えているかはわからないということを念頭に置いて、可能な限り人に気を遣わないようにするのがベストです。

 

 

 

VPNを利用する

 

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、インターネットとあなたのコンピュータの間に暗号化された安全な接続を作り出します。したがって、完全に信頼できない、あるいはコントロールできないインターネット接続(公共の場での無線LAN接続など)を使用する場合、常にVPNを使用する必要があります。

 

企業によっては、従業員が機密データを含む可能性のある特定のウェブサイトやサーバーにアクセスする際に使用することが義務付けられている独自のVPNを用意しているところもあります。そのような組織で働く場合、自宅で仕事をしていてもVPNを使用することが求められることがあります。

 

 

 

休憩をとる

 

たまにはパソコンの画面から離れ、目や脳を休ませることが大切です。また、前述したように、体を動かすことで血流が促進されます。ですから、少なくとも1時間に1回は休憩を取るようにしましょう。

 

ポモドーロ・テクニックのように、25分働いたら5分の休憩をとるという時間管理術を使うのもよいでしょう。

 

また、休憩時間を短くしないことも大切です。45分休憩するつもりだったのに、30分でデスクに戻ったとしたら、15分後にまた戻ってきましょう。

 

まとめ

 

結局のところ、自分にとってベストだと思うことをすることが重要です。自分自身で解決できることもあれば、他の在宅ワークの従業員からインスピレーションや指導を受ける必要があることもあります。

 

仕事とプライベートの間に健全な境界線を作ること、日常に多様性と変化を加える方法を考えること、物事が圧倒的に難しく感じられるようになったときに頼れるコミュニティがあることを忘れないようにしましょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。