送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オフィス空間のデザインで流行っているアイデア

2月24日
499 ビュー

世界的なコロナウイルスの大流行が終わり、再びオフィスに戻ってきた今、オフィスデザインの世界も大きな転換期を迎えています。人々はもはや、小さなキュービクルで働き、同僚や屋外環境との交流が限られていることに満足していないのです。

 

在宅勤務は、従業員にも雇用主にも、職場にどれだけの柔軟性の余地があるのかを教えてくれました。その結果、従来のオフィスをよりコラボレイティブで生産的なスペースに作り変える必要性が出てきました。

 

数年前から徐々に広まりつつあったトレンドのオフィスデザインは、現在加速度的に受け入れられ、より多くのオフィスが優先的に採用しています。その結果、オフィス空間が一変し、より生産的で、より高度なスキルを持つ従業員を受け入れる空間へと変貌を遂げています。

 

本日は、最新のデザインを深く掘り下げ、2022年にどのようにオフィス空間を変えることができるかを考えてみたいと思います。よりダイナミックな空間づくりから、先端技術の活用、特殊なデザインの採用まで、このブログではワークスペースのための貴重なインサイトとインテリアのインスピレーションを提供します。

 

 

 

ダイナミックなオフィス空間を実現

 

まず最初に、キュービクルで仕事をする時代は終わったという事実を受け入れる必要があります。硬いパーティションや壁で仕切られたオフィスやキュービクルは、従業員の生産性にとって最も悪い環境のひとつと考えられています。創造性を阻害し、燃え尽き症候群を引き起こし、従業員にオフィス空間への閉塞感を与えてしまうからです。

 

また、従来のオフィス用キュービクルは、チームワークやコラボレーションの意識を低下させる原因ともなっています。同僚が交流し、価値ある解決策を一緒に考える機会が制限され、ビジネスにとって大きな損失となりかねません。

 

そのため、現代のオフィスデザインは、フレキシブルで適応性の高い、よりダイナミックな空間を特徴としています。この適応性により、変化し続ける従業員のニーズに合わせたオフィス環境を実現し、より効率的で生産性の高い仕事をするための理想的な空間を提供することができるのです。

 

ダイナミックなワークスペースをデザインする際、従業員の多くは過去2年間の大半を社会的に孤立した状態で過ごしてきたことを念頭に置く必要があります。そのため、彼らは外に出て社交的になり、仕事上の人間関係を再構築することを熱望しているのです。チームワークと多目的な交流を促進するコラボレーティブなワークカルチャーを育むために、オフィスデザインはそのための十分なスペースを確保すべきです。

 

 

 

先端技術の導入

 

致命的なコロナウイルスの大流行を見事に撃退した後、オフィスはワーク環境に先端技術を取り入れることがいかに重要であるかをようやく理解するようになりました。たとえ技術関連企業でなくても、従業員にとってより安全で効果的なワークスペースを実現するためには、技術的なサポートが必要なのです。

 

特に、リモートワークやハイブリッドワークのモデルを導入している企業では、この傾向が顕著です。新しい技術トレンドを取り入れることで、生産性の向上を促し、より安全な職場環境を作り出し、従業員が安心してオフィスに戻れるようにすることができます。

 

手始めに、非接触型技術への投資を検討してみてはいかがでしょうか。自動化されたスイッチやタップなど、オフィス内で日常的に使用されるものがこれにあたります。従業員がこれらの機器と物理的に接触する機会が減れば、より安全で衛生的な職場環境を実現することができます。

 

また、オフィスでの物理的な接触を減らすために、音声認識技術も良いでしょう。これは、アレクサに会議の計画やメールの送信を依頼するような簡単な作業から、自動スケジュールや重複のない会議室の予約など、より高度なセキュリティプロトコルにまで活用することができます。

 

 

 

インテリアでブランドストーリーを伝える

 

毎月のように新しいビジネスやベンチャー企業が誕生している現在、企業はよりクリエイティブな方法で顧客を獲得し、維持することが求められています。高品質の製品を低価格で提供するだけでは、もはや十分ではありません。企業は、認知度の高いアップ・セリング・プロポジションと、ターゲットとなるユーザーとつながる魅力的なブランドストーリーを持つユニークな存在として、自らを確立する必要があるのです。

 

そのための最良の方法のひとつが、ブランドテーマを設定し、それをインテリアの様々な要素に取り入れることによって、オフィス空間を変えることです。ビジネスの背景にあるストーリーはそれぞれ異なるため、それをユニークセリング・ポイントとして簡単に利用し、顧客とつながることができます。単に特定の製品やサービスにアクセスするためだけでなく、あなたのビジネスと何か大きなつながりがあるように感じさせてくれるのです。

 

あなたは、オフィスのトレンドは、天気のように、常に変化していることを心に留めておく必要があります。そして、そのすべてがあなたの会社のためにうまくいくとは限りません。古いものを取り入れることで、モダンなオフィスに生まれ変わることができるのです。そうすることで、クライアントには親しみやすいオフィス空間でありながら、成長を表すモダンなタッチを提供することができるのです。

 

 

 

エルゴノミックワークソリューションの導入

 

人間工学に基づいたワークソリューションは、現在最もトレンドのあるオフィスデザインの一つです。従業員の労働条件がますます重視されるようになり、従業員の福利厚生を向上させる効果的な手段を提供することができます。

 

世界中の企業にとって、従業員の快適さと健康を優先させることは重要です。人間工学に基づいたワークソリューションは、自由な動きを助け、従業員が長時間働いていても正しい姿勢を維持し、身体への負担を軽減することで、これを可能にします。人間工学に基づいたオフィス用品は、従業員がより良いパフォーマンスを発揮し、仕事上の怪我をしないように、従業員の健康上の懸念をターゲットとして特別に設計されています。

 

モダンなオフィスデザインに取り入れるのに最適な人間工学的製品のひとつが、卓上スタンディングデスクです。これは、デスクを普通の表面から、デスクトップシステムと他のすべての仕事の必需品を高度に組織化された方法で収容できる多目的ソリューションに変換します。この卓上スタンディングデスクは、ほとんどの人の身長に合うように作られており、身長180cm以上のユーザーにも対応しています。座位から立位への移行はほとんど手間がかからず、従業員が立ちながら仕事をするように切り替えることで、座りっぱなしの生活から脱却することができます。

 

また、キーボードトレイの幅を広くしたり、上下方向の調節ができるなど、使いやすさにも配慮しています。これらの機能により、従業員の姿勢を改善し、背中、肩、手首、目への負担を軽減し、健康増進に貢献します。

 

 

 

バイオフィリックデザインへの取り組み

 

バイオフィリックデザインとは、ワークスペース内に屋外の様々な側面を取り入れるオフィスデザインの一種です。より快適で爽快なオフィス環境を実現するためには、屋外の要素を取り入れることが必要です。

 

バイオフィリックデザインというと、単に植物の鉢をいくつか置くだけと思われがちですが、実はそうではありません。それは間違いです。オフィス空間をバイオフィリックにデザインする場合、オフィス内に真にグリーンでエコフレンドリーな環境をつくるための最善の方法を考える必要があります。そうすることで、創造性が発揮され、社員が純粋に仕事を楽しめる空間が生まれます。

 

バイオフィリックなオフィスデザインに欠かせないのが、「自然」です。石造りの壁や木製のドアなど、自然な質感や視点をオフィスに取り入れるとよいでしょう。また、今年はグリーンを基調としたオフィスが大きなトレンドとなっています。

 

また、ワークスペースに太陽光を取り入れるのも、バイオフィリックデザインの大きな特徴です。オフィス内に太陽光を取り入れると、社員の幸福度が高まり、活力が生まれます。陰気で退屈なオフィスのイメージを払拭し、明るくダイナミックな環境を実現します

 

オフィスの周囲に大きな窓をいくつか設置するだけで、太陽光を取り入れることができます。それが無理なら、自然光を模倣した人工照明に投資することもできます。

 

 

 

オープンコンセプトのワークプレイスを検討する

 

オフィス空間を変える最も重要な方法の1つは、現在のオフィスプランを変更することです。過去に閉鎖的なオフィスが人気を博したことがありましたが、現代のワークプレイスはもはや閉鎖的なオフィスを重要視していません。これからはコラボレーションのために作られた包括的なワークスペースと、従業員のためのオープンドア・ポリシーが必要な時代なのです。

 

そのための優れた方法が、調節可能な家具をオフィスに置くことです。スタンディングデスクは身長の異なる人や特殊な能力を持つ人に対応する素晴らしい方法です。また、オープンな環境の中にプライベートな空間を設けることも可能です。すりガラスやパーティションで仕切られた休憩室があれば、ミーティングや重要な電話をすることができます。

 

 

 

騒音低減のための工夫

 

オープンコンセプトの職場といえば、騒音が最も気になる要素のひとつです。オープンコンセプトのオフィスは、オフィス環境に不必要な喧騒をもたらし、雑然としたプロフェッショナルではない印象を与えるため、雇用主は敬遠する傾向にあります。また、そのようなスペースでは、仕事に集中することが非常に難しくなります。

 

しかし、オープンコンセプトのオフィスを候補から外すのではなく、騒音を上手にコントロールする方法を常に模索することができます。まず、音を吸収するカーペットやカーテンなど、ノイズキャンセリング機能を備えたものを検討することができます。また、防音床や防音家具も、職場の音響管理には有効です。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。