送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

ヒュッゲ・アートデコレーションを職場に取り入れる方法

8月4日
670 ビュー

風水や他のワークプレイスコンセプトと同様に、ヒュッゲアートも多くの従業員の隠れ家となりつつあるようです。これは、この考え方が提唱するミニマルなオフィスデザインと無縁ではありません。しかし、私たちはこの実践を皆さんに知っていただくことが必要だと考えています。

 

この機会にごちゃごちゃしていない、より効率的なスペースで仕事をする方法を学んでみませんか?また内装を工夫することで、仕事への熱意がより一層高まることでしょう。そこで今回は居心地の良いオフィスインテリアとその他のモダンなワークプレイスデコレーションについて、皆さんにご紹介します。

 

ヒュッゲアートとは?

 

ヒュッゲの起源は古代スカンジナビア(スウェーデン)の哲学に遡ることができます。ヒュッゲとは「心地よい幸福感」「自然のものを使った健康的な暮らし」を意味します。

 

その定義を今日の世界に取り入れると、ヒュッゲをベースにした現代のオフィスデザインは快適でリフレッシュして働けるものでなければならないということになります。ヒュッゲを意識したワークプレイスはそこで働く人の疲労感やイライラを軽減してくれるはずです。忙しい一日を終えた後でも、エネルギーと覚醒度の高さを感じることができるのです。

 

なので、ヒュッゲでモダンな職場がワークライフバランスを高めることは、特にリモートワークの人たちにとっては当然のことなのです。ヒュッゲな生活で最も興味深いのは身体的、精神的なメリットを享受できることです。デンマークの人々はヒュッゲは静寂、シンプルさ、気楽さを運んでくれると信じています。

 

さらにヒュッゲは仲間との関係を良くしてくれると信じています。つまり、ヒュッゲの信奉者は周囲の人々と良好な関係を追求し、維持するよう奨励されているのです。このコンセプトがもたらすその他の感情的なメリットにはより高い楽観性、ストレスレベルの低下、世界とそのダイナミクスに対するより深い気遣いが含まれます。

 

ヒュッゲアートデコールはどこで購入できますか?

 

ヒュッゲアートの人気は高まっており、一般的なオフィスアイテムに依存しているため、それを入手するのは難しいことではありません。オンラインでも実店舗でも、ほぼすべての家具店がヒュッゲの家具を扱っています。

 

繰り返しになりますが、ヒュッゲは日常生活で使用するすべてのアイテムと密接に関係しています。つまり、あなたの家の近くにあるオフィス用品店や家具店にはヒュッゲの商品がすべて揃っているはずなのです。

 

また既製品に投資したくない場合、DIY(Do it yourself)方式を採用することも可能です。デコレーションに必要なアイテムを手に入れ、好みのサイズにカットし、色をつけて、自分好みにオフィスにアレンジすればいいのです。

 

ヒュッゲな空間をつくるには?

 

ヒュッゲをオフィスに取り入れるにはある程度の自由度が必要です。なぜならヒュッゲはあなたのクリエイティビティを発揮する場であり、好きなようにデザインできる余地があるからです。ニュートラルな雰囲気、温かみのある魅力的な色、人間工学に基づいたオフィス家具の配置をより大きなスケールで楽しむことができます。

 

しかし、ミニマルなスモールオフィスデザインの設定に話が及ぶと、少し難しいかもしれないことを私たちは理解しています。そんなときでも、スムーズで生産的なワークプレイスを実現するためのアイデアと実践方法をいくつかご紹介します。

 

それらは以下の通りです。

 

理想的な空間を手に入れる

 

これはヒュッゲをテーマにしたオフィスを構える上で、基本的なことですが、最も重要な部分です。そのため、より深く観察し、オフィスに最適な場所を探す必要があります。これを正しく行うことは短期的にも長期的にもストレスや重苦しさから解放され、心に自由を与えることになります。

 

理想的な空間はあなたの集中力を維持し、不安やあらゆるネガティブな考えからあなたを遠ざけることにもなります。もし、あなたの家に十分なスペースがなくても、ヒュッゲのデザインはスペースを取らないので大丈夫です。

 

気分転換にもなり、ストレスも最小限に抑えられ、プロジェクトをより早く、より簡単に完了できることができます。

 

照明を活用する

 

もうひとつの習慣はそれぞれの環境に最適な照明を見極めることです。どういうことでしょうか?仕事中、照明を変えることで、心と体がリラックスタイムと仕事タイムを区別することができます。

 

そこで、日中はフェアリーライトやテーブルランプ、フロアランプ、シェードランプなど、明るい照明を取り入れるとよいというのが私たちの意見です。この照明が、「そろそろ仕事をする時間ですよ」というシグナルになるのです。

 

しかし、夜間は薄暗い照明を使うことで、心身ともにリラックスして、新しい1日の仕事の準備ができます。小さなオフィスであれば、LEDデスクランプを使うのもよいでしょう。

 

温かみのある照明にこだわる

 

例えば、天井の照明が蛍光灯のような強い光で照らされているとします。その結果、2~3時間で頭が不安定になります。眼精疲労にもつながるかもしれません。しかし、オフィス内の照明をソフトなものにすれば、こうした悪影響を避けることができます。

 

日の出前に部屋に暖かい光で照らすことができるフロアライトを使用することをお勧めします。これは早朝の仕事をより生産的にします。また自然光がたくさん入る部屋を探すのもいいでしょう。これも、少なくとも何時間かは照明を使わないで済む簡単な方法です。

 

また、デスクに最適な照明を考えるなら、電球は温かみのある光を与えてくれます。ぜひ試してみてください。それに仕事中にも癒しの効果があります。そういえば、ちょっと伝統的なものもあります。テーブルの上にキャンドルを置いてみてはいかがでしょう。光はあまり出ませんが、部屋に素晴らしい香りを漂わせることができますよ。

 

人間工学に基づいた家具に投資する

 

人間工学に基づいた家具を揃えることも、この点では効果的です。例えば人間工学に基づいたオフィスチェアや高さ調節が可能なスタンディングデスクを職場に導入すれば、あらゆる種類の体の痛みから解放されます。

 

また、折りたたみ式のデスクを導入するのもよいでしょう。そう、簡単に折りたためるデスクです。ホームオフィスを設計するスペースがあまりない場合、特に重宝します。仕事の時間はデスクの上で過ごし、終わったら折りたたんでくつろげばいいのです。

 

それに、ワークステーションを自分だけのものにしたいなら、スマートデスクに投資するのは賢い選択です。つまりリビングルームや気が散るゾーンから遠く離れることができます。

 

モチベーションを保つ


幸せな気分を維持するのは、簡単なことではありません。一人で仕事をしていると、なおさらです。でも、ヒュッゲを使えば、いつでもいい気分でいられます。ヒュッゲアートを職場に持ち込めば、ポジティブな思考が自然に湧いてくるはずです。やる気を起こさせるようなお気に入りの言葉を額に入れ、壁にかけるのもいいでしょう。

 

ノートパソコンのスクリーンセーバーやスマホの壁紙にしたり、オフィスの掲示板に貼ったりするのもいいでしょう。

 

正しい色を維持する


色の区別がつくようにすることも必要です。なぜなら、色には私たちの脳や精神状態を活性化し、注意力を高めるものがあるからです。逆に心に安らぎや落ち着きを与える色もあります。だから、それぞれの状態を把握し、適切な色を与える必要があります。

 

ドリンクステーション
現代のワークプレイスから見ると、ドリンクステーションが近くにあることは理想的とは言えません。しかし、私たちが考えているヒュッゲのテーマではとても適切なことなのです。飲み物を置くことで、働く人たちに元気を与えることができるのです。

 

長く晴れた日の中で、活気を取り戻すことができます。また、同僚と笑い合い、絆を深める機会にもなるでしょう。最も重要なことはドリンクステーションには、すべての働く人が自分の好きな味が購入できるように、様々な飲み物をカバーすることです。

 

スペースの整理整頓


成功しているオフィスワーカーの非常に共通した特徴は翌日に物事を残さないということです。タスクを完了させることも、デスクを整えることも関係なく、彼らは常に仕事をこぼさず、先延ばしにせず、その日を終えることに集中しているのです。

 

そんな彼らをアクティブにしているのはデスクトップを常に整理整頓して清潔にしておくという心理的効果です。ですから、あなたも一日の終わりに掃除を終わらせるようにしましょう。そうすれば、翌朝、散らかったオフィスに遭遇することもなく、新しい一日を始めるのに理想的な足場となるのです。

 

暖かい毛布を用意する


風はオフィスの温度レベルを左右することをご存知ですか?そのため暖かすぎるときもあれば、寒すぎるときもあります。寒くなりそうなときは毛布を用意しましょう。

 

そして、暑いときには、卓上扇風機を手の届くところに置いておくとよいでしょう。広くて設備の整ったホームオフィスなら、電気暖炉や小型の木製オーブンがあれば、完璧に暖を取ることができます。適温を保ちつつ、美観も一新してくれるはずです。

 

クールな音楽


クールな音楽といっても、集中力を欠いたり、仕事をサボったりするような音楽のことではありません。そうではなく、正しい音楽を聴くことで、エネルギーが高まり、生産性が3倍になるのです。

 

もっと楽しくするために、ノイズキャンセリングヘッドフォンやスピーカーを用意するとよいでしょう。要するに、あなたの魂を和らげ、あなたの心を活性化し、あなたの体をリフレッシュするような音楽を再生しながら仕事をするのです。

 

まとめ


この章を終えるにあたり、ヒュッゲなライフスタイルを毎日実践してこそ、その効果を実感できることを忘れないでください。そして、もしあなたがヒュッゲの初心者なら、小さなことから始めるのがベストでしょう。オフィスの雰囲気を良くするアイテムを1つか2つ選べばいいのです。まずは試してみてください。

 

最後に、常に自分の気分には細心の注意を払いましょう。オフィス空間にヒュッゲのテーマを取り入れたら、その効果が生産性に及ぼす影響を評価してみましょう。

 

ヒュッゲなオフィス空間とスカンジナビアに乾杯!

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。