送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

人間工学によるワークスペース効率の改善

11月10日
2208 ビュー

誰もがより効果的に仕事をする方法を絶えず探しています。特に、職場ではなく自宅や他の場所でリモートで仕事をすることが一般的になっている場合はそうと言えます。本社で働き続ける人もいれば、自宅や好きな場所に独自のワークスペースを作って、そこへ移動した人もいます。

 

多くの人々は無期限にリモートで仕事をしなければならないという事実を高く評価しています。ただし、予期しない中断、不十分なスペース、または不十分な作業環境のために、効率的に仕事することが依然として困難であると感じる人もいます。

 

環境を改善することは生産性を向上させるための優れた方法です。効率を上げるにはワークスペースが快適で整頓されていて、魅力的である必要があります。しかし心配しないでください。あなたはその完璧なワークスペースを得るためにインテリアデコレーターを雇う必要はありません。

 

従業員が苦しんでいる時、彼らは仕事よりも自身の不快感の原因に集中してしまいます。彼らが苦しんでいるほど、生産性は低くなります。それはパフォーマンスの面であなたに対して金銭的デメリットをもたらし、利益率の追加につながります。組織が人間工学を無視している場合、何年にもわたる有害な行為を是正するために、費用のかかるオペレーションにお金を払わなければなりません。それを回避することはできないのです。生産性には適切な人間工学が不可欠です。

 

効率のために人間工学を適用することの重要性

 

繰り返しの作業による怪我を回避します

 

従業員が同じ動きを頻繁に繰り返すと、筋肉の倦怠感が生じ、時間の経過とともに怪我をする可能性が高くなります。従業員がデータを入力する回数を観察したり、電話を肩と頭の間でホールドしたり、腕を伸ばしてコンピューターのキーボードを叩いたり、頭を書類とモニターの間で数秒毎に動かしたりします。

 

その繰り返しは数時間から数か月にわたって損傷を与える可能性があります。今ではパフォーマンスという面で金銭的デメリットをもたらします。それは問題のある費用のかかる反復運動過多損傷につながる可能性があり、手術と仕事から離れなければならない時間が発生してしまう可能性があり、そのすべてが労働者災害補償の対象となります。休息をとるために会社を休まざるを得なくなった場合、従業員は効果的に働くことができません。

 

悪い姿勢を回避します

 

姿勢が悪いと、関節や筋肉の疲労感や悪化を引き起こし、慢性的な痛みを引き起こす可能性があります。医師の中には、姿勢の悪さはさまざまな健康問題に関連しているという人もいます。

 

不十分な循環は姿勢の悪さの結果として静脈瘤の一因となる可能性があります。

 

関節炎、特に膝の関節炎は脊椎のずれによって悪化し、生活の質が低下します。

 

首の痛み、筋肉痛、緊張性頭痛、およびその他の筋骨格系の問題は前頭の姿勢によって引き起こされます。

 

不適切に座ると、体に圧迫と緊張が生じ、倦怠感につながります。

 

間違って座ると肩が痛くなり、夜に睡眠をとることが難しくなります。

 

軽度から中等度のうつ病は姿勢の悪さに関係しています。

 

一方、適切な人間工学に基づいた家具は誤った姿勢を修正し、チームメンバーのやる気を維持し、彼らの幸福を保護してくれます。

 

病気による休暇を減らす

 

従業員が重度の関節炎、頭痛、首の痛み、背中の痛み、筋肉の緊張、または職場の不快感によって引き起こされる他のほとんどの問題を抱えている場合、それは劇的に増える可能性があります。彼らは病気による休息を取って、治療しなければならなくなります。

 

従業員が休みを取ると、他の従業員はそのカバーをしきれなくなることがあります。すでに複数の責任を持っている従業員はさらに負担が増えます。彼らはあなたのビジネスが成功するために必要な品質、創造性、そして顧客サポートを提供する能力が劣ってしまうのです。一方、職場の人間工学は何もデメリットはありません。あなたの従業員は毎日出社し、喜んで働きます。

 

職場文化を向上させる

 

従業員をより幸せで快適にするために設定された人間工学イニシアチブに投資した場合、従業員に与える印象を考慮してみてください。現在不快感を感じている従業員はすぐに大幅な改善に気付くでしょう。

 

従業員は毎日経験していることにさえ気づかなかった不快感なしに、彼らが働けていることに気づくでしょう。従業員があなたが彼らの長期的な健康を気にかけていると認識すると、企業文化はよりポジティブになります。

 

人間工学的ヒント

 

職場をより健康的、生産的、そして快適にするためのアイデアをいくつかご紹介します。

 

適切なモニターの距離と高さ

 

コンピュータモニターやその他のディスプレイシステムはそれらを使用する個人がはっきりと見える位置に配置する必要があります。モニターを見ている時、首に負担をかけたり、目を細めたりしないでください。

 

適切な姿勢

 

職務を遂行するため、従業員は不快な姿勢や過度の緊張を必要としない快適な姿勢で、中立的な体の姿勢で座ったり立ったりする必要があります。手、手首、および前腕は座っている間、水平で、一列に並び、そして床と平行でなければなりません。頭はまっすぐで、左または右に曲がらずに前を向いており、体と一致している必要があります。

 

従業員が直立し、腕と手首をリラックスした位置に保っていれば、机で立つことも奨励されており、人間工学的に健康になる可能性があります。 立っていることは長時間座っていることよりもそういった問題を解決するための素晴らしい方法なのです。

 

立ち上がり、歩き回る

 

従業員は1時間ごとに椅子から降りて、廊下を散歩したり、水を飲んだり、窓の外を見たり、椅子から離れるようなことをしなければなりません。この人間工学的戦略に反対する管理者と監督者は単に間違っているのです。効果的な職場は健康であることを忘れないでください。

 

調節可能な椅子と机

 

企業は人間工学に基づいて調整可能な高品質のシート、機器、およびデバイスに投資して、優れた中立の体の姿勢を促進する必要があります。椅子とワークステーションが調整できる位置が多ければ多いほど、それらを使用する個人に合わせてカスタマイズすることができます。人間工学に関し、1つのサイズですべてに対応できるものはありません。

 

FlexiSpotのこれらの人間工学的ソリューションをそれぞれクリックして確認してみてください。

 

高さ調節可能なスタンディングデスク

 

ホームオフィス用

 

オフィス用

 

地球にやさしい

 

スタンディングデスクコンバーター

 

人間工学に基づいたオフィスチェア

 

メッシュ

 

レザー

 

デスクバイク

 

キーボードとマウスのポジショニング

 

マウスを取るために変な方向で伸ばしたり、手首と肘の平行なガイドラインに違反したりすると、中立な姿勢は失われます。過度の緊張、および長時間の曝露後、キーボードやマウスの緊張によって怪我が発生する可能性があります。

 

ニュートラルポジショニング基準に違反することなく、マウスとキーボードをすぐに手が届く位置に配置する必要があります。さらに両方のデバイスはそれらを使用する個人に合わせて調整する必要があります。これにはさまざまなユーザー向けの適応デバイスまたは複数のデバイスが必要になる場合があります。秘訣はフレキシブルであることです。

 

ワークステーションを構成できない場合、フットレストによって恩恵を受けることができる場合があります。主に電話で長時間話さなければならない人は手を離して首を保護するためにヘッドホンが必要です。書類を読まなければならない従業員はほぼ確実にドキュメントホルダー、理想的には調整可能なものドキュメントフォルダー、またタスク照明を必要とします。人々の中にはバランスボールチェアを使用することのメリットも唱える人がいます。企業はオフィス機器の観点から、ワークスペースを可能な限り健康的で快適にするために必要なすべてのことを行う必要があります。

 

結論

 

人間工学的アプローチを開始するのに複雑にする必要はありません。人間工学の専門家の助けを借り、ワークステーションを評価し、推奨事項を作成し、従業員に教えることから始めます。その後、サポート体制を確立することが重要です。これには「人間工学に基づいたバディシステム」の確立や、単に経営陣へ意見できる扉を開くことが含まれる場合があります。人間工学は高価かもしれませんが、それは全体的な成功に貢献する投資なのです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。