送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

キネティックデスク:生産性向上のための調整機能

2月14日
600 ビュー

一日中デスクに座っていると体に良くないというのは、もはや周知の事実です。そのため、高さ調節が可能なスタンディングデスクが職場に導入され、すでに多くの改良が加えられています。

 

しかし、オフィスで仕事中に体を動かすことができる、もうひとつの素晴らしい方法が登場しました。これは、キネティックデスクをはじめとするキネティック家具に投資することで可能となります。

 

毎日5~8時間もスクリーンの前に座っていると、体に深刻な合併症を引き起こす可能性もあります。また、誰もが簡単に部屋の中を歩き回り、毎日の仕事の中に運動を取り入れることができるわけではないので、キネティックデスクはその一助となります。

 

このデスクはユニークな構造で作られており、作業に合わせて高さ設定を調整することができます。また、高さ調節が可能な家具は、あなたの体を適切な形に整え、一日の仕事に適した生産性を確保することができます。

 

 

キネティックデスクとは何でしょうか?

 

キネティックデスクとは、通常のデスク(従来型)と高さ調節が可能なスタンディングデスクの両方の役割を果たすように設計された変換可能なデスクです。モーター技術により、デスクは自動的に高さを上げ下げすることができます。

 

さらに、人間の心拍数と同じゆっくりとした速度で昇降するようプログラムされているのも大きな特徴です。そのため、立っている状態から座っている状態へ、あるいはその逆へと体勢を変えることができ、まさに至福の喜びと楽しさを味わうことができます。

 

一般的にキネティック家具は、長時間座っていてもスムーズに立ち上がることができる、職場のおしゃれなアイテムです。

 

センサーを内蔵していますので、立ち上がるとき、座るとき、机を上げるとき、下げるとき、いつでも容易にその信号を受け取ることができます。つまり、このエレガントでラグジュアリーな家具は、あなたがどのようなアクティビティをどれくらい続けているかを完全に把握することができるのです。

 

最も重要なのは、立っているときと座っているときの消費カロリーを知ることができることです。これによって、副作用を恐れることなく体重を管理することが可能となり、肥満から解放されるのです。

 

 

キネティックデスクの仕組み

 

キネティックデスクの多くは、健康と職場のパフォーマンス向上のために、タッチスクリーンを内蔵しており、自分の動きをモニターしてコントロールすることができます。また、座っているときや立っているときの消費カロリーを簡単に測定することができます。

 

モーターは、立っている状態から座っている状態、またはその逆を数秒で変換可能にする主要な装置です。また、USBポートやパワーポイントを備えた様々なコンパートメントがあり、デバイスを充電することができます。また、ワークスペースの整理整頓を促進することができます。

 

あとは、立ち姿勢や座り姿に切り替えたいときに、画面を2回タップするだけで変換可能です。

 

また、自分の好みを学習させることもできます。お気に入りのポジションを設定し、それを自分の完璧なシーティングポジションとして簡単に記録することができます。

 

キネティックデスクを製造している多くの人間工学のメーカーでも確認されているように、高さ調節可能な家具は生産性を向上させ、従業員の健康状態を向上させることが可能です。

 

Stir KineticsのCEOであるJP Labrosse氏によると、キネティック家具のシンプルな目的は、職場でよりインスピレーションを受け、より生産的に、より健康に、よりフィットするようにすることだそうです。そして、これらの配慮は、いくつかの最先端の健康トラッキング装置とソフトウェアによって可能になります。

 

このように、高さ調節が可能な家具の本質は、毎日の仕事のスケジュールに適切な動きを取り入れることで、集中力を高め、健康全般を増進させることにあると言っても過言ではないでしょう。

 

 

現代の職場におけるキネティックファニチャー:迷信か真実か?

 

近年、多くの企業が医療保険料の高騰に悩まされています。同時に、オフィスワーカーにはより高い生産性が求められています。その結果、「マルチタスク」という言葉が生まれました。

 

では、どうすればいいのでしょうか?その答えが、スタンディングデスクとトレッドミルデスクという、キネティックオフィス家具です。もし、あなたの仕事が座りっぱなしのものであれば、キネティックオフィスデスクさえあれば、体内のカロリーを消費することができるのです。

 

座りっぱなしのライフスタイルがワーカーの健康に悪いという証拠が日に日に明らかになるにつれ、キネティック家具の人気も急速に勢いを増しています。シリコンバレーにあるいくつかの企業でも、キネティック家具は最初の選択肢として挙がっています。高さ調節が可能な家具が象徴的な存在となっているのです。

 

キネティックデスクの起源は、太古の昔に遡ることができます。ナポレオン・ボナパルト、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ウィンストン・チャーチル、チャールズ・ディケンズなどは、高さ調節が可能な家具を好んで使ったことで知られています。

 

トーマス・ジェファーソンも、自分専用の家具を作りました。さらに、ジェファーソンは、座って仕事をするよりも立って仕事をした方が、生産性が上がることを、自ら説いています。

 

人間工学の専門家にとっても、その結論はあまり変わりません。最近の研究では、職場での活動量が増えても、必ずしも生産性の向上にはつながらないことが分かっています。

 

したがって、生産性とは一度に様々な作業を行うことではないことが証明されている以上、仕事中にリラックスして集中できるようなキネティック家具は、生産性を維持するのに役立つはずです。

 

しかし、ここで唯一の懸念点は、これらの豪華な家具の法外な価格設定かもしれません。最も普通のモデルでも15万円以上しますので、キネティック家具への投資を検討するには、20万円以上必要なのです。

 

 

オフィスデスクをキネティックオフィス家具に買い替えるべき5つの理由

 

今のあなたのホームオフィスや職場の家具は、適切だと思いますか?または、あなたのワークスペースは、大量の紙で溢れかえっていませんか?そんなときは、オフィスデスクをキネティックオフィス家具へと変更することを試してみてはいかがでしょうか?

 

従業員の作業効率だけでなく、適切なキネティックデスクやキネティック家具を導入することによって、整理、整頓、そして快適さのレベルを向上させます。まさに今こそが、あなたのオフィスデスクを向上させるタイミングであると言えます。

 

スペース不足に対する恒常的な悩み

 

デスクの床面積が狭いことは、良いことではありません。これは基本中の基本です。だから、もしあなたが頻繁にスペースの不足に悩んだり、書類の山に埋もれてオフィスアクセサリーを探したりしているなら、本来の生産性を発揮できていないことになるのです。

 

したがって、ここでは大きめのデスク(特にワイドデスクトップ)が重宝されるでしょう。キネティックデスクなら、十分な収納やテーブルスペースも確保でき、ケーブルホールもあるので、ケーブルや配線のないフロアスペースにすることも可能です。

 

そうすることで、気分も仕事の成果も上がるに違いありません。

 

スペースとの整合性がない

 

完璧なオフィスデスクがあれば、ホームオフィスや仕事場が見違えるように変わることに驚かれることでしょう。もし、あなたがホームオフィスを自分専用に使えるラッキーな人なら、部屋を美しくするために標準的な人間工学デスクが必要です。

 

言い換えれば、キネティック家具を選ぶことで、部屋の既存のインテリアを引き立てることができるのです。

 

間違った高さ

 

デスクで仕事をするとき、前かがみになったり、屈んだり、伸びをしたりする必要がありますか?それなら、高さ調節が可能な家具に、その実力を発揮してもらいましょう。

 

100%快適に仕事ができれば、間違った高さのオフィスデスクで仕事をすることで起こりがちな怪我や痛みから解放されるはずです。つまり、生産性の向上だけではないのです。

 

一方、私たちは、あなたが今日キネティック家具を購入することが正しい選択肢となるように、人間工学に基づいたオフィスチェアも揃えることをお勧めします。

 

脚を伸ばせない

 

座っているときに、足を伸ばしたり、体勢を変えたりできるようなスペースが、オフィスのデスクの下に十分に確保されていることが理想的です。そうすることで、苦痛のない快適なワークライフを体験することができます。

 

一方、キネティックデスクは、左右の脚の間隔を適切にサポートすることが知られています。また、パソコンのサーバーを置く用に、机の下のスペースを余分に確保したい場合も考慮する必要があります。そうすることで、オフィスのデスクにより多くのスペースを確保することもできます。

 

倉庫やアパートの外

 

現在のオフィスデスクに十分な収納がない場合、新しいデスクを購入する時期であることを念頭に置いておく必要があります。この考えに従わないと、オフィスが散らかり、書類が山積みになるかもしれません。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。