送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

リールの時代、ブログはすでに時代遅れなのか?

12月14日
454 ビュー

今、ブログを読んでいる人はいるのでしょうか?

 

TiktokやYouTubeが登場する前は、ブログがブームで、デジタルコンテンツクリエイターたちが自分のサイトを立ち上げ、文字や写真で近況を発信していました。

 

しかし、Instagramが登場し、YouTubeが普及すると、人々はブログを忘れ、動画を見たり、写真をスクロールすることに移行しました。コロナウイルスが大流行すると、人々はより短編の動画に惹かれるようになり、Tiktokの台頭ですっかり様変わりしてしまいました。

 

私は個人的に、以前は熱心なブログリーダーで、私が知っている有名なブロガーは皆、今ではプラットフォームを変えて、ビデオブログをやっています。彼らはまだ個人のブログのウェブサイトを更新しているかどうかさえわかりません。

 

このため、多くの人が「ブログはもう時代遅れなのか?座ってコンテンツを書いて、誰にも見てもらえないなんて、そんなことに時間を費やす価値があるのだろうか?」と思っています。この記事を書くきっかけとなった疑問、つまり「人々はまだブログを読んでいるのか」ということに立ち返ってみましょう。

 

否定的な人は、ブロガーは前進し、時代と融合しなければならないと言うでしょう。もし、読者を増やし、より多くの有料顧客(これが収入源である場合)を獲得したいのなら、ビデオに移行する以外の選択肢はないのです。その方が全力を尽くせるし、うまくいけばより良い結果をあげることができます。これは真実であり、今後の賢明な戦略かもしれません。

 

しかし、動画を作る才能が全くない人はどうでしょうか?講座は受けられるかもしれませんが、書くことが彼らの好きなことであり、情熱なのです。それは彼らがモチベーションを維持するものであり、カメラの前で話をすることは本当に彼らのやりたいことではありません。それでも、あなたは彼らにブログを停止するように言うべきでしょうか?

 

さて、そんな嫌われ者を黙らせるために、ここで一考してみましょう。Googleで何かを検索したとき、何が出てくるでしょうか?何か疑問があって、それをGoogleで検索したとき、ページの最初のリンクは何でしょうか?それは、あなたの質問に答えてくれるブログではないでしょうか?もう1つ考えるべきことは、プロモーションのために使用されるソーシャルメディアは、そのほとんどがブログにつながっているのではないでしょうか?

 

なので、この争いは終わりにして、人々が平和にブログを書けるようにしましょう。市場は違っても、ブログがあらゆるビジネスやブランドにとって重要なコンテンツであることに変わりはありません。このコンテンツは、非常に多くの方法で再利用できるため、時間を割く価値があるのです。YouTube用に撮影したビデオや、人気のあるポッドキャストホストのために録音したポッドキャストのアウトラインやスクリプトとして活用することもできます。ブログから引用を抜き出して、ソーシャルメディア用のグラフィックにすることもできます。制作したブログから、モチベーションを向上させる、感動させる、教育的な、あるいは面白い短編ビデオを作ることもできます。たった1つのブログ記事から、あなたのビジネスを成長させ、拡大させることができる複数の記事を作ることができるのです。さらに、ブログや記事で信頼できるサイトを運営すれば、あなたの信頼性が高まり、そのテーマの権威、そしてその業界のプロフェッショナルとなります。あなたは、他の人があなたの仕事について尋ねたときに共有することができる素敵で、輝かしいパンフレットを持っていることになるのです。

 

では、ブログにはまだ市場があると確信しているのなら、なぜブログの記事を1つだけ仕上げたり、作り始めたりすることができないのでしょうか?ほとんどの人は、やる気も時間もありません。彼らの心はより先のことにとらわれ、利益だけに固執し、結局は何もせずに終わる可能性が高いです。もし、あなたが同じような状況にあるのなら、適切なツールや環境を整えることが大切です。もしかしたら、あなたがいる職場環境は刺激的でなく、あなたの創造力を奪っているかもしれません。必ずしも仕事場を変える必要はなく、使っている家具をアップグレードすればいいのです。

 

そこで、人間工学に基づいた家具を導入してみましょう。人間工学に基づいた家具は、体型や仕事の性質、利用可能なスペースに応じ、ニーズや好みに合わせてカスタマイズすることができます。

 

ここでは、FlexiSpotの人間工学に基づいたスタンディングデスクをいくつかご紹介します。

 

スタンディングデスクQ8

 

ワイヤレス充電、収納引き出し、デザインの改良など、FlexiSpotの新商品はお買い得です。デザインはFlexiSpot本社の頭脳によって改良され、デュアルモーターによる昇降機構を搭載し、デスクを最も高くした状態でも安定するようになりました。高さ範囲も61センチから125センチと広いので、身長180センチの方でも安心してお使いいただけます。

 

ワイヤレス充電器を内蔵しているので、スマートフォンを接続することなく、デスクトップでワイヤレス充電が可能です。ほとんどのワイヤレス充電機器に対応していますので、ご安心ください。また、Q8はコードが絡まないよう、デスク下にケーブルマネジメントトレイが装備されています。

 

もちろん、引き出しが一体化されていることを嫌う人はいないでしょう。デスクトップは竹で作られており、作業スペースは140センチ×71センチ、100キロの重量を支えることができ、サイズは71センチ×32センチ×5センチとなっています。さらに、高さのプリセットが調整可能なスマートコントロールパネルと2つのUSB充電接続が装備されています。

 

さらに、他のハイエンドなFlexiSpot製品同様、衝突防止機構を備えており、デスクトップが降下する際に、物とその上にある物の両方を保護することができます。

 

スタンディングデスクE7

 

E7は、最高の安定性と合計160キロの耐荷重を持つ信頼性の高い製品として、お客様に愛されています。BIFMAの認定を受け、頑丈な脚柱による安定性が保証されており、柱の隙間は科学的に0.05mmに設計されているため、スムーズな昇降動作が可能です。ベースとなる構造は、自動車用材料に匹敵するグレードの炭素鋼で作られています。FlexiSpot実験室での20kモーションテストに合格し、長持ちするように作られています。

 

フレームにレーザー溶接技術を採用し、穴のない脚部デザインでスマートな外観を実現しています。耐熱性に優れ、耐摩耗性コーティングが施されているため、長期間にわたり安定した色合いを保ちます。

 

高さ調節は58センチから123センチまで可能で、1メートル25センチから1メートル90センチまでの人に使い勝手の良い高さを提供します。

 

デスクトップの下に隠れるようにケーブルトレイが埋め込まれており、ワークスペースを整理して視覚的にも美しくすることができます。USB充電ポート、4つのプログラムが可能な高さプリセット、チャイルドロックボタンを備えたプレミアムキーパッドを使用しています。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。