送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

視力を改善するためにあなたの仕事スペースを変身させるには

8月31日
1784 ビュー

コンピュータ―と携帯電話の普及により、この3年間で、12か月の幼児がスクリーンを見ている平均時間が53分間から150分間に大幅に増加しました。幼い子でもそうなのですから、大人がスクリーンを見ている平均時間はどんなものか想像してみてください。

 

多くの研究結果を見ると、あなたの目に害を与えているのはスクリーンを見ている平均時間ではないことが分かります。問題になるのは、あなたのテレビの見方と、それに伴う様々な要因です。それにはどんなことが考えられるでしょうか?ある研究によると、あなたの視力に影響を与える要因は多様なものだといいます。

 

視力を自然な方法で改善したいと望むのであれば、まずは視力障害の原因を理解することが不可欠です。

 

あなたの視力に影響を与える要因とは?

 

モニターの間違った使い方と、スクリーンの前にいる時間が長すぎることです。

 

最近もっとも特徴的な傾向は、作業中にディスプレイを長時間見つめているということです。

 

人々は赤く腫れた涙目で眼科医に行って、目の緊張とストレスを訴えます。スクリーンを見つめることはまるで、目を保護するものが何もない状態で太陽の下に立ち、じっと見つめているようなものなのです。

 

スクリーンを見つめることがすぐさまあなたの目に害を及ぼすことはないかも知れません。けれど、ほとんどの人は気づいていないことですが、あなたの目の筋肉に緊張を引き起こすのです。

 

視力の低下は、モニターの角度が不適切だったり、画面表示が顔に近すぎたり、姿勢や画面からの距離が適切ではなかったりなどの様々な状況によって起こります。

 

人間工学に関心のある人はほとんどいません。けれど、人間工学は健康を改善して維持するためにはどんな姿勢が適切なのかを教えてくれるのです。

 

栄養が偏った食事

 

目に問題があると感じると、多くの人がニンジンを食べ始めます。確かにニンジンには視力の改善に役立つビタミンAが含まれています。けれど、同時に質の良い健康的な食事習慣を実行しない限りは、ニンジンだけでは何の助けにもならないのです。

 

あなたに良い習慣とは

 

目の運動を含め、ほとんど運動しない、あるいはまったく運動しない生活習慣は視力に多大な影響を与えます。また医師は、視力を適切に管理するためには十分な休息と睡眠が必要だと強調しています。

 

自然な方法で視力を改善するには?

 

「どうすれば視力を改善できますか?」というあなたの質問には、簡単な解決策はありませんとお答えするしかありません。視力を改善するためには様々な問題に対処しなければならないのです。ここからは最も重要なポイントをご紹介します。

 

1.バランスの良い食事

 

ビタミンやミネラルが豊富なバランスの取れた食事を摂ることで、視力を改善することができます。

 

2.目を温め、また冷やすエクササイズをする

 

定期的に身体を動かして、目の血流をうながし、身体を休めるのに十分なだけの睡眠を取るようにしましょう。

 

3.仕事用スペースの状態に注意を払う

 

医療専門家のほとんどがこの必要性について口にしますが、彼らはそれを十分に強調しているとはいえません。次のパートからこの点について詳しくご説明します。

 

視力を改善するために仕事用スペースを整理する

 

視力に問題が発生すると、ほとんどの人々は対症療法にやっきになって、予防策を講じることを見落としがちです。考慮すべき点についてお話しします。

 

部屋には十分な照明が不可欠

 

アンビエント照明(周囲照明)はあなたの仕事に十分ですか?それとも、画面をはっきり見るために追加で電気スタンドが必要でしょうか?アンビエント照明が、あなたの障害になることなく、視力を助けるのに十分なものかを確認しましょう。

 

眩しさを除去する

 

きれいに磨かれたテーブルトップや窓に反射した光やコンピューター画面から発する眩しい光が視力を妨げる可能性があります。コンピューター画面に防眩フィルムをはりましょう。さらに、コンピューターによる目の疲労を予防するためのヒントがいくつかあります。

 

ひんぱんに休憩を取って、目を休める

 

コンピュータ―画面であろうと書類であろうと、何かを読む場合はひんぱんに休憩を取るようにしましょう。医師は「20-20-20ルール」を推奨しています。これは、20分ごとに20フィート離れた場所にある物を必ず20秒間見つめるという方法です。

 

適切な高さの人間工学に基づいた椅子

 

姿勢が悪いと目の疲れやストレスを引き起こし、視力に害を与える可能性があります。高さやシートの傾斜度、背もたれやその他の機能を調節できる、人間工学に基づいた優れた椅子を使えば、コンピューター画面に対し適切な視線で向かうことができます。

 

体格は人によって違いますので、目の位置が画面の上や下ではなく、まっすぐ前にあることを確認してください。首や肩への負担は目の筋肉に間接的な影響を与えます。FlexiSpotのWebサイトで適切なオフィス用椅子を選ぶ方法を確認しましょう。多種多様な製品からお選びいただけます。

 

理想的な高さ調節可能な机を選ぶ

 

椅子の高さを調節できたとしても、テーブルデスクが狭すぎると感じる人もいるでしょう。そのため、スクリーン上のテキストを見ようと悪い姿勢を取って目を傷める可能性があります。

 

姿勢が悪いと、背骨と背中に負担がかかります。机の高さを上げることをお勧めします。あなたにとって最善の策は電動スタンディングデスクを手に入れることです。このスタンディングデスクを使えば机の高さを簡単に調節して、視線をコンピューターのモニターや画面に合わせることができます。

 

1日の中で適切に身体を休めることも必要です。ひんぱんに休憩が取れないのであれば、しばらくの間、立ち姿勢で仕事をしてはいかがでしょうか?

 

立ち姿勢で仕事をするためには、目の高さに合わせて机の高さを調整する必要があります。机を簡単に調節することで、視力を組織的に改善することができます。人間工学に基づいた様々な機器があることを確かめてみてください。FlexiSpotの調節可能スタンディングデスクProシリーズのような信頼性の高いオフィス用家具を手に入れるチャンスをつかんでください。

 

最後に

 

お話ししてきたことをまとめます。予防策を講じるのであればスタンディングデスクと人間工学に基づいた椅子という2つの最も重要な製品を手に入れて、あなたの仕事用スペースをより素晴らしい場所へと変えていくことに集中しましょう!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。