送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

職場や家庭で毎日できる腰のサポート法

3月13日
366 ビュー

毎日の生活習慣が原因で腰痛になる人はとても多く、そのため頻繁に医者に通う人も少なくありません。その痛みは原因によって異なりますが、背中の上部に射るような痛みがあったり、下端が痛んだりすることもあります。

 

いずれにせよ、腰痛の結果、仕事を休んだり、眠れなかったり、レクリエーションに参加できなかったりすることが多いようです。腰痛は、人生を楽しむ妨げになる厄介なものだと言ってもいいでしょう。

 

デスクワークで長時間座っている人は、腰痛になりやすいと言われています。しかし、怪我や病気、太り過ぎ、捻挫などが原因で起こることもあります。どのような原因であれ、日々の生活習慣を見直し、腰の負担や痛みを軽減するためのさまざまな戦略を取り入れるべきでしょう。

 

背中をサポートする

 

腰痛が頻繁に起こる人は、日々の生活習慣が原因になっている可能性があります。私たちはよく、腰への負担が大きくなるような活動や習慣を行い、腰の上部と下部の痛みにつながっています。そのため、自宅や仕事中に自分の背中をサポートすることが大切です。

 

そうしないと、痛みが悪化し、さらに問題が大きくなる可能性があります。治療しなければ、腰の問題は生活の質を著しく低下させることになります。医学的な介入が必要になるかもしれません。場合によっては、手術も必要になるかもしれません。

 

したがって、腰痛が悪化して問題が悪化する前に、腰痛を緩和するための措置を講じる必要があります。必ずしも薬物療法が必要なわけではありませんが、家庭や職場で取り入れられる、サポートと緩和のための一定の戦略があります。また、仕事での生産性も向上します。このガイドでは、これらの方法をすべて説明します。

 

自宅や職場で背中をサポートする方法

 

ここでは、腰痛を最小限に抑え、緩和するために採用できる自助努力の戦略をいくつか紹介します。これらは、健康で痛みのない背中を長期間維持するのに役立ちます。実際、腰痛が再発しないようにすることができます。以下の戦略を見てみましょう。

 

 

 

仕事中の姿勢を改善する

 

特に仕事中は、まず姿勢に気をつけるべきでしょう。腰の負担を軽減するためには、姿勢がすべてです。座りっぱなしのデスクワークの方は、人間工学に基づいた調節可能なオフィスチェアに投資する必要があります。FlexiSpotの製品は、調節可能な背もたれ、厚みのあるピローヘッドレスト、メモリーフォームクッションを備えており、究極の快適さを実現しています。腰痛予防に最適なチェアです。

 

座って仕事をするときは、背筋を伸ばし、椅子に寄りかかるようにします。肩の力を抜いて、脚は膝が90度の角度になるように置きます。さらに、デスクに座っている間は、前腕が地面と平行になるようにします。

 

こうすることで、背骨や腰への負担が軽減されます。その結果、背中や肩、首の痛みを感じることが少なくなります。

 

また、昇降デスクを使うことは、一日中同じ姿勢で作業することを避けるために必要ですが、高さの調整に時間がかかるため、作業効率が落ちる可能性があります。

 

つまらない仕事だと感じるかもしれませんが、昇降デスクを使うことで、健康にも良い影響があります。長時間同じ姿勢で作業することは、身体に負担をかけるため、昇降デスクを使うことで、身体への負担を軽減することができます。

 

 

 

猫背にならない

 

猫背やデスクワークの姿勢は、背中の痛みを引き起こす主な原因です。そのため、椅子にまっすぐ座り、耳が肩の真上に来るようにします。また、モニターと目の高さを揃えることも、猫背を防ぐ方法のひとつです。そうすれば、前に進むために首や背中を曲げることがなくなります。

 

 

 

もっと頻繁に運動する

 

自宅や職場に戻って自分をサポートする最善の方法の1つは、定期的に運動することです。これには素晴らしいメリットがたくさんあります。たとえ背中が痛くても、体を動かしてください。これによってどんなメリットがあるのかを体験し、驚くことでしょう。

 

定期的に運動して筋肉を動かすことで、緊張や炎症が緩和され、背中の痛みや腰痛の頻度が減ります。また、運動することで背骨や背中の筋肉が強化されるからです。

 

 

 

体重に気をつける

 

前述したように、腰痛を経験する主な理由の1つは、太り過ぎであることです。もしあなたが太り過ぎなら、体重に気をつけ、それを減らすためにベストを尽くすことが不可欠です。太り過ぎは様々な悪影響を及ぼし、危険な病気のリスクとなります。

 

そのため、食事に気を配り、ダイエットをし、定期的に運動をする必要があります。これは、腰痛を管理するのに役立ち、体重を減らすことができます。腰痛をコントロールしたいのであれば、体重をコントロールする必要があります。

 

 

 

質の高い睡眠をとる

 

不眠症の人や遅くまで寝ている人は、そろそろ改めましょう。毎日の習慣の中で最も重要なもののひとつが、毎晩たっぷりと質の高い睡眠をとることです。そうすることで、身体的にも精神的にも楽になるのです。実は、正しい方法で眠ると、腰痛の緩和や予防にもつながるのです。

 

例えば、膝を丸めて寝るとよいでしょう。さらに、背筋を伸ばした状態を保つことです。そうすることで、傷ついた筋肉を癒し、炎症を抑えることができるので、もし腰痛があったとしても軽減されます。

 

 

 

デスクをチェックする

 

椅子のほかに、机も適度な高さが必要です。背筋を伸ばし、背骨を整えるのに役立ちます。これは、モニターが適切な高さにあることが望ましいからです。モニターの上部は、理想的には目の高さより5センチ上であるべきです。

 

これは、あなたの首と目の負担を軽減するだけでなく、仕事中に生産性を維持するのに役立ちます。モニターを完璧な目の高さにするために、調節可能なデスクを手に入れることを検討すべきです。FlexiSpotでは様々なタイプのデスクを取り揃えています。

 

 

 

仕事中に頻繁に休憩を取る

 

仕事中は、立ったり、歩いたり、体を伸ばしたりするために休憩を取ることが不可欠です。背中を休ませ、背中への負担を減らすことができます。オフィス内を歩き回り、同僚と交流するのもよいでしょう。そうすることで、精神的にもフレッシュで生産的な状態を保つことができます。

 

職場で1時間ごとにアラームをセットして、起きて動くようにしましょう。あるいは、トイレ休憩を頻繁に取るようになるため、水の摂取量を増やすだけでもよいでしょう。そうすることで、エネルギーと水分を保つことができます。

 

 

 

カルシウムとビタミンDの摂取量を増やす

 

骨の弱さは、高齢者、特に女性の腰痛の主な原因の1つです。そのため、ビタミンDとカルシウムの摂取量を増やすことで、骨と背骨を丈夫に保つ必要があります。そのためには、これらのビタミンやミネラルを豊富に含む食品を食べることです。

 

例えば、卵、牛乳、葉物野菜、チーズ、牛レバー、ビタミンのサプリメントなどをより多く食べることです。ただし、サプリメントを摂取する前に、医師に相談してください。

 

 

 

ストレッチ

 

ストレッチは、背中の痛みや圧迫感を和らげるのにかなり重要です。また、痛みの発生を予防するためにも最適です。筋肉の緊張を和らげるので、ストレッチは必要です。ストレッチは、機会があればいつでも行うべきです。例えば、運動した後、寝る前、仕事の小休憩のときにも行うとよいでしょう。

 

立ったり、座ったり、横になったりと、長時間同じ姿勢でいると、体、特に背中に悪い影響が出ます。立ち上がって歩き回ったり、ストレッチをしたりして、筋肉の緊張をほぐしましょう。また、体を動かして血行を良くすることも大切です。

 

 

 

タバコをやめる

 

背中を支え、痛みや圧迫感を和らげるには、タバコを吸う人はこの習慣をやめる必要があります。喫煙者は、栄養を運ぶ体内の細胞が少なくなるため、腰痛になりやすいと言われています。また、喫煙によって全身の炎症が進むため、腰痛が増幅されるのです。そのため、ニコチンの摂取は腰痛と大きな関係があるのです。

 

 

 

負担を減らす

 

職場や家庭で腰をサポートするための重要な方法は、道中持ち歩く荷物を減らすことです。リュックサック、重いブリーフケース、重い本、ポットなどの持ち運びが考えられます。これらすべてを定期的に持ったり運んだりすると、背中に大きな負担がかかります。

 

運動中も、持ち上げる重量に注意する必要があります。さらに、事故や腰への負担を減らすために、持ち上げるときのフォームにも気を配りましょう。

 

まとめ

 

腰をサポートし、痛みを軽減するためにできる自助努力はたくさんあります。また、これらの方法は、健康で生産的な生活を送り、活力を取り戻すのに役立ちます。これらの戦略に従って、あなたの人生にポジティブな変化をもたらしてください。

 

また、FlexiSpot製のオフィスチェアを購入するのもよいでしょう。腰椎のサポートとヘッドレストがあるので、腰痛の予防と管理に非常に役立ちます。詳しくは、同社のウェブサイトをご覧ください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。