送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

ゲーム中の腰痛を予防する方法

1月4日
1859 ビュー

ゲーマーにとって一番嫌なことは何かと尋ねると、「もうゲームはやめろと言われたとき」と答えるでしょう。

 

ゲームには中毒性があり、特に連勝しているときは、その傾向が強くなります。ゲーマーは、外界から遮断されたPCの前に座り、ゲームの世界に完全に没頭して、一気に数時間過ごすこともよくあります。

 

ゲームにはストレス解消や気分転換の効果がありますが、何事もやり過ぎはよくないものです。「ゲームのような無害な行為にどんな影響があるのだろう」、と思うかもしれません。その通り、ゲームはあなたが思うほど無害ではありません。

 

実際、ゲームのやり過ぎは、時には長期に渡る健康上の合併症を引き起こす危険性があるのです。

 

ゲーマーの多くが悩まされる問題として、腰痛がよく報告されています。軽い不快感を覚える程度の人もいれば、しばらくの間、ベッドで休養しなければならない人もいます。

 

しかし、ゲームのしすぎで起こりがちな腰痛は、予防することができます。そこで、「ゲーム中の腰痛を防ぐにはどうしたらいいか」という質問にお答えします。

 

過度なゲームは健康に何をもたらすのでしょうか?

 

なぜ私たちがゲームのやりすぎを深刻にとらえているのか、まだわからないかもしれません。腰痛はどこまで悪化するのだろうかと思うかもしれません。たかが腰痛、されど腰痛です。しかし、それは間違いです。

 

ゲーム中に腰痛になるということは、何かが間違っているということです。すべてがうまくいっていれば、結果的に苦しむことはないですよね?

 

過度なゲームは、あなたの健康に多くの害を及ぼします。長時間のゲームによってもたらされる主なリスクは、以下の通りです。

 

筋骨格系障害 (MSDs)

 

過度なゲームによる最大の問題は、筋骨格系障害の発症リスクが高まることです。これらの障害は、姿勢の悪さが原因で起こります。

 

多くのゲーマーは、適切なゲーム設備に投資していません。彼らは、ゲームステーションに通常のコンピュータテーブルと椅子を使用しています。しかし、通常の設備を使用することの問題点は、1日に何時間も悪い姿勢で座っていることです。

 

多くのゲーマーは、椅子の端に座り、背中を曲げ、首を上に上げ、肩を落として、キーボードのキーを強打しています。このような姿勢は、背中や肩、首の筋肉に大きな負担をかけることになります。このような姿勢を長く続けていると、筋肉が疲労してきます。最初は腰痛として表れてきますが、そのままの状態でゲームを続けていると、そのうち座ることすらできなくなります。

 

眼精疲労

 

モニターにグレアプロテクトスクリーンを装着しているゲーマーを何人見たことがありますか?きっと多くはないでしょう。ゲームをしているとき、あなたの視線はスクリーンに注がれています。あなたの目はコンピュータの画面に釘付けになり、数時間その状態が続きます。

 

これは、目に過度の負担をかけることになります。モニターからの光、ゲームの色、すべてが目に負担をかけます。まぶしさを軽減させなければ、頭痛が続くようになるのもそう遠くないでしょう。視力も低下します。

 

耳鳴り

 

コンピュータゲームでヒットするか失敗するかを決める最も重要な要素の1つは、サウンドエフェクトです。効果音に深みがあればあるほど、ゲームをより楽しむことができます。

 

ゲーマーは通常、ゲーム中にヘッドホンやスピーカーを使って、お気に入りのゲームの効果音を存分に楽しんでいます。しかし、ゲーム中の爆音や銃声など、あまりに大きな音は耳を痛め、耳鳴りのような症状が出ることがあります。これは聴覚に大きな影響を与えます。

 

これらは、過度のゲームがもたらす数多くの結果のほんの一部に過ぎません。しかし、適切な時期に適切な予防措置をとることで、ゲームによる好ましくない健康上の合併症や影響から身を守ることができます。

 

ゲーム中の腰痛を予防する方法

 

なぜゲーム中に腰痛に悩まされるのか、不思議に思っていませんか?実は、それは簡単なことです。間違った姿勢で座っているため、腰の筋肉に過度な負担がかかっているのです。このストレスを軽減するために何かしなければ、筋肉はすぐに疲労し、腰痛に悩まされることになり、これはなかなか治らなくなります。

 

そこで、ゲーム中に腰痛にならないような工夫をすることが大切です。

 

それでは、ゲーム中の腰痛を予防する方法をご紹介します。

 

ゲーミングデスクに投資する

 

これは、ゲーム中に腰痛になる可能性を減らすための最も効果的な方法の1つです。モニターが高すぎる机の上に置かれている場合、背中を伸ばし、首と肩を伸ばさないと画面が見えず、机の上に置かれたキーボードに手が届きません。これが、長時間ゲームをしていると腰痛になる主な理由です。

 

ゲーミングデスクを導入することで、ゲーム体験が一変します。ゲーミングデスクは、ゲーマーのニーズを念頭に置いて作られた特別なデザインのデスクです。

 

ゲーマーの快適さに合わせて、机の高さを調節することができます。ゲーマーの多くが望む、複数のモニターを収納できる大きさです。ゲーミングデスクの最大の特徴は、複数のモニターを設置できるだけでなく、キーボードやマウス、コーヒーカップなどをちょうどよい高さに配置できる広々とした設計にあります。そうすることで、ゲームをしている間中、リラックスした姿勢で座ることができるのです。

 

ゲーミングチェアに投資する

 

ゲーム中の腰痛を予防するもうひとつの方法は、ゲーミングチェアに投資することです。ゲーミングチェアは、ゲームをしている間、ずっと座っているものです。つまり、椅子が快適でなければ、不快に感じるはずです。そして、その不快感は、腰の筋肉に負担がかかっていることが原因です。

 

人間工学に基づいたゲーミングチェアは、あなたの背中をしっかりとサポートしてくれます。ゲーミングチェアに座ると、背中が完全にサポートされるだけでなく、チェアの高さを調節することで、足を床につけ、お尻をシートに完全に密着させることができるのです。

 

キーボードに手が届くように、あるいはゲーミングモニターがよく見えるように、椅子の端に座る必要はありません。座面を調整するだけで、ワンランク上の快適なゲーム体験を楽しむことができます。

 

ゲーミングチェアに最適なのは、回転式の人間工学的チェアです。椅子を回転させることで、設置した複数のゲーミングモニターをよりよく見ることができます。ローリング・スウィヴェル・ゲームチェア6627のような回転式ゲーミングチェアは、あなたが正しい高さで座っていることを保証し、あなたはあなたのゲームルームで移動するために毎回立ち上がる必要はありません。

 

また、回転式ゲーミングチェアは、通常のチェアに座っているときのように体が硬くなることがないのが最大の特徴です。

 

ゲーミングキーボードを導入する

 

ゲーミングキーボードは、普段使っているキーボードとはかなり違います。ゲームをするときは、数多くのキーボード操作をこなさなければなりません。通常のキーボードは、ゲーマーをサポートするために設計されているわけではありません。

 

しかし、ゲーミングキーボードがあれば、もっとゲームを楽しむことができます。それは様々なゲームのコントロールが容易になりますし、人間工学的にはるかに良いのです。

 

ゲーミングキーボードは、ゲーム中に手首を不自然な位置に上げる必要がないように、リストサポートを備えています。また、キーボードのキーは2つのセクションに分かれて配置されており、それぞれのセクションが自然な指の動きを促進し、反復運動障害(RSI)や手根管症候群のリスクを軽減する角度をつけています。

 

さらに、ゲーミングキーボードでは、手の位置がより自然になるため、背中や肩を伸ばして腕を持ち上げなくてもキーボードが使えるようになります。そのため、腰痛のリスクも大幅に軽減されます。

 

結論

 

ゲームによる腰痛は、適切な時期に適切な対策をとることで予防することができます。不十分な準備のままゲームを続けても、長い目で見れば腰痛や首や肩の痛みにつながるだけです

 

ということで、ゲーム好きな方は、正しいゲーム機器に投資するのが一番賢明なようです!

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。