送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

就業時間後に仕事を滞留させないために

1月19日
638 ビュー

コロナウイルスの大流行以来、多くの企業が社員を在宅勤務させ、一般的なインフルエンザとして広く認知されるようになった現在、ほとんどの企業がハイブリッド型に移行しています。そして、多くの人が初めて在宅勤務をするため、この新しい仕組みから多くの問題が生じました。そのひとつが、勤務時間を過ぎてしまったときに、どうやって在宅勤務を途中でやめるかという問題を社員が解決できないことです。

 

在宅勤務の場合、調整能力と気軽さは健在です。スケジュールされている会議がなければ、好きな場所にワークスペースを設置し、パジャマのまま一日中仕事をすることも可能です。しかし、リモートワーカーが直面する重大な問題があります。それは、仕事が終わっても、なかなかそのことを忘れられないことです。仕事から精神的にも肉体的にも切り離したいのに、なかなか切り離せないのです。

 

多くの人がこのことを問題視し、解決策を模索しています。このような環境で「常にオン」であることは、リモートワーカーとしてのストレスに拍車をかけます。一日の終わりに仕事を脇に置くことができず、生産性を消耗し、心身の健康を低下させる燃え尽き症候群がやがて発生します。

 

ここでは、そのような状況に対処し、仕事をやめるタイミングを知るためのいくつかのポイントを紹介します。

 

自宅の特定の場所を仕事場とする

 

一日の終わりに、ドアを閉めてオフィスを出ることができれば、一日の仕事が終わったという感覚になります。最初に理想的な仕事環境を整えることで、在宅ワークを最大限に活用することができます。まずは、家の中にワークスペースを確保することから始めましょう。自宅にオフィスを構えるには、多額の投資や大幅な改装は必要ありません。お子さんやご家族がいらっしゃる方は、仕事と家庭の両立ができるよう、専用のワークスペースを確保することをお勧めします。

 

ここでは、いくつかのコンセプトをご紹介します。

 

ホームオフィスとして機能しそうなスペースを選びます。オフィスとして機能する余分なスペースがない場合、プライバシーが確保できる場所を次の策として選ぶかもしれません。階段の下の廊下でも、キッチンでも、寝室の隅でもいいのです。

 

在宅勤務の場合、インターネットに接続できることが重要です。必要であれば、Wi-Fiの延長サービスを購入しましょう。

 

ペン、プリンター、ノートパソコンなど、必要なオフィス用品をワークスペースにそろえます。

 

デスクは、新品、中古、自宅にあるものに関わらず、あると便利です。ダイニングテーブル、テラス、キッチンテーブル、寝室の一角、家族の多目的ルームのデスクなど、様々なものが活用できます。でも、せっかくなら、スタンディングデスクで自宅のワークスペースをグレードアップしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

スタンディングデスクとは、立ったまま快適に仕事ができる机のことです。最近では、机の高さを変えたり、座ったり立ったりする姿勢を切り替えられる、調節可能なタイプも多くあります。

 

FlexiSpotでは、あなたの要望や好みのスタイルに合うスタンディングワークステーションを多数取り揃えています。そのデッキは、毎日の仕事に使いやすく、様々な色や仕上げがあり、小さな子どもたちのそばでも安全に使用できます。

 

やることリストを作成し、その通りに実行します。

 

やることリストがあれば、まだやり残していることやその日の予定に悩まされることはありません。その日にやらなければならないことに頭を悩ませていると、仕事の動きも整理され、余暇を楽しむことができるようになります。一日の終わりに、やらなければならないことを確認し、すでに完了したことにチェックを入れます。これを参考に、今から明日のやることリストを書き始めましょう。

 

 

 

スケジュールを守る

 

これは、フレックスタイム制を採用している人向けです。アウトプット中心の仕事であれば、日中や夜間、週末も働いていることが多いかと思います。

 

このような働き方を続けている方は、労働時間を設定することで、現状を変える努力をしてください。スケジュールを決めたら、それを守ることです。厳密なスケジュールである必要はなく、「4時間の生産性」という考え方に沿ったスケジュールでも構いません。

 

ソファや寝室で昼寝をしたい衝動に駆られないようにしましょう。30分以上かかる通勤と同じように、始業時に身支度を整えれば効果的です。昼食と休憩は必ず取ることです。休憩中は、デスクで食事をしたり、動き回ったりするのは避けましょう。時間ができたら、散歩に出かけましょう。休暇の予定も立ててください。

 

 

 

気が散ることはできるだけ避けなければなりません。

 

もちろん、家ではくつろぎ、楽しみ、息抜きができる快適な空間になるようにします。

しかし、こうした居心地のよさは、突然、仕事を家に持ち帰らなければならなくなったときに、あなたが肩身の狭い思いをする一因にもなってしまいます。仕事中に友人や家族である同居人がいると、なかなか集中できません。そこで、仕事を中断しないようにタイマーをセットしたり、家族みんなにスケジュールを伝えたり、日頃から気が散ることを記録しておくとよいでしょう。

 

 

 

仕事からログオフする前に、机の上を片付けることを習慣にしましょう。

 

一日の終わりにはすでに眠くなり、疲れている可能性があることは理解していてもです。同様に、翌朝に新しい仕事が始まるときにも、ワークステーションを整理整頓する必要があります。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。