送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

グリーン・プラクティスを職場に取り入れる方法

4月17日
243 ビュー

現在、ビジネス界には強いエコの波が押し寄せており、この波がすぐに収まるとは予想されていません。職場で環境に配慮したプログラムを実施することは、最初は少し気が引けるかもしれません。しかし、職場で環境に配慮する方法はたくさんあり、お金もかからず、森全体を室内に取り込む必要もなく、ビジネスや従業員の幸福、将来の支出に長期的なメリットをもたらします。より持続可能で環境に優しい職場づくりのために、いくつかの簡単な工夫をすることで、会社の業務が環境に与える影響を減らしていきましょう。

 

あなたのオフィスを環境に配慮したワークスペースにする絶好の機会です。環境に配慮することは、将来の世代にとって正しいことであるだけでなく、企業のイメージアップにもつながります。光熱費や廃棄物の削減による経済的な節約、健康とモチベーションの向上によるスタッフのエンゲージメントの向上、そして環境と社会に配慮していることをクライアントやパートナーに示すポジティブなイメージにつながるのです。

 

グリーン・プラクティスを職場に取り入れる方法

 

 

 

使い捨てグッズの禁止

 

私たちは年間3億トンのプラスチックを作り出し、そのうちの半分は使い捨てにされ、800万個は海に流れ着きます。オフィスでの使い捨てを禁止し、再利用可能な代替品を購入するようスタッフに促すことで、職場で発生するプラスチックゴミの量を大幅に減らし、運営予算からコストを削減することができます。

 

使い捨てではなく、再利用可能なカトラリーや布ナプキン、水筒など、持続可能な選択肢を職場で提供するようにしましょう。さらに、リサイクル可能なペーパータオルや生分解性・堆肥化可能なゴミ袋を使用するのもよいでしょう。

 

リサイクルスキームを導入する

 

オフィス内にリサイクルプログラムを設置することは、持続可能性に対する意識を高めるための戦略です。どの製品がゴミ箱、コンポスト、リサイクルボックスに入るのかがわかるように、キッチンや職場のあちこちにある指定廃棄物置き場に、目に見える看板を設置し、適切な廃棄処理を促すようにしましょう。また、事業所で場所を取っている使用済みコンピューター部品などを安全に撤去し、電子機器の倫理的リサイクルを推進する近隣の慈善団体に寄付することも良いでしょう。

 

人間工学に基づいた家具を手に入れる

 

人間工学に基づいたオフィス家具は、職場環境を考慮しながら設計されています。人間工学に基づいたチェアやデスクは、クイックリリースキーボードトレイとともに、丈夫で安定したデザインとなっています。安定性があり、環境にも配慮しています。フル負荷の状態でも、ニーズに応じて机の高さを調整することができます。

 

人間工学に基づいたデスクは、一般的なオフィス家具とは対照的に、背骨、首、腰への負担を軽減するために、ユーザーの体を安全で直立した状態に維持することを保証します。人間工学に基づいたオフィス家具を購入することは、一つの簡単な解決策です。人間工学に基づいたオフィス家具は、快適で、健康的な姿勢と従業員の幸福を促進するために設計されています。

 

環境に配慮した輸送の推進

 

平日の通勤には、他の同僚と相乗りをしたり、近くに住んでいる場合は徒歩で移動したりするなど、別の交通手段を利用するようチームメンバーに奨励しましょう。公共交通機関を利用する通勤者には、企業が福利厚生を提供する場合もあります。また、月曜日から金曜日までの勤務が義務付けられていない従業員には、時折自宅でリモートワークをさせることで、1週間の移動時間を短縮することも考えてみましょう。

 

 

 

オフィス内のエネルギー使用量を減らす

 

営業時間外には、オフィス内の照明や電気機器の電源を切ることで、エネルギー資源の節約になり、会社の電気代も大幅に削減できます。職場がエネルギー消費削減に関する方針を従業員のデスクや建物全体で説明しているかどうかを確認してください。例えば、終業時にパソコンの電源を切るよう従業員に求めたり、会議室の電気を使わないときは消したりするよう提案しましょう。

 

印刷枚数を減らす

 

紙の使用をなくすことができないが、あなたのビジネスが「環境に優しい」ことを望むなら、ページの両面に印刷することを始めましょう。廃棄された紙をリサイクルするのではなく、電話のメッセージやメモに紙の裏面を使用するようにしましょう。

 

職場でペーパーレス化を進めることも、環境に配慮する方法のひとつです。完全にペーパーレス化することは不可能でも、ペーパーレス化に向けて一歩を踏み出すことは可能です。オフラインで印刷するのではなく、オンラインで文書を共有する。明細書や請求書を電子的に入手したり、請求書の支払いをオンラインで行ったりできるよう、顧客に選択肢を提供します。さらに、取引先にも請求書や支払方法のペーパーレス化を要請します。

 

 

 

不要な照明のスイッチを切る

 

毎晩、最後に退社する人が必ず冷暖房や照明などの電気を消すようにしましょう。また、日中はすべての照明を点灯させる必要はないかもしれませんので、電気使用量に気を配り、可能な限り空いている会議室や廊下の電気を消してください。また、電気代が気になる場合は、センサー付き照明の導入も検討してみてください。

 

節水効果のある器具を導入する

 

コスト削減とサステナビリティが両立するもう一つの分野は、オフィスでの水の使用量を制限することです。低流量の蛇口やトイレを設置し、屋外の緑地には雨を感知するスプリンクラーシステムを設置すれば、水の節約につながります。これには初期費用がかかりますが、投資回収期間は短く、水不足で水道料金が上昇するにつれ、それはますます短くなるでしょう。

 

 

 

グリーンビジネスを奨励する

 

環境意識が浸透している職場を醸成するために、環境に配慮したブランドや企業との取引を選択します。取引先の候補となる企業のサステナビリティへの取り組みを調査し、自社の環境影響に関するビジョンや価値観と合致しているかどうかを確認します。

 

空気の質を自然に改善する

 

職場用の植物を購入します。植物は、室内の空気から二酸化炭素を取り除くだけでなく、ベンゼンやホルムアルデヒドなど他の有害物質を取り除くのに非常に効果的です。これにより、全体的な空気の質が改善されます。空気の質の向上だけでなく、生産性の向上、創造性の促進、ストレスの軽減などの効果も期待できますので、職場に植物を導入する動機としては十分でしょう。

 

環境チャレンジの設定

 

会社で毎月のグリーンチャレンジを展開し、全員がグリーンな職場の取り組みをサポートするのはいかがでしょうか。1日あたりの燃料使用量を減らすとか、1日あたりのリサイクル繊維素材の服を着るなどについて考えてみましょう。グリーンチャレンジのリーダーボードを設け、毎月「最もグリーンな社員」の称号でスタッフや労働者に報いることもできます。従業員1人につきたった1杯のカップがもたらす違いを考えてみてください。

 

オフィスのゴミを寄付またはリサイクルする

 

現代の慌ただしいビジネスシーンにおいて、テクノロジーの陳腐化がいかに速いかをご存じでしょうか。ほとんどのガジェットは捨てられるか、引き出しの中に忘れ去られています。しかし、世界中の多くの人々が最新のテクノロジーを購入する手段がないことを考えると、多くのデバイスには有害な貴金属が含まれているために環境に悪影響を及ぼすことに加えて、これは不平等と言えます。

 

比較的新しく、機能的なものであれば、古くなった技術を寄付するのが最善の選択です。電子機器をリサイクルすることは、機能しなくなったときにゴミ箱に捨てるよりも望ましいことです。

 

オフィス用植物を手に入れる

 

植物をオフィス内に戦略的に配置することで、ワークスペースの美観を高め、環境を改善し、従業員のストレスや不安感を軽減することができます。室内植物は、酸素濃度を高め、ホルムアルデヒドや二酸化炭素などの危険な汚染物質を除去することができます。実際、研究によると、室内植物はわずか24時間で室内の空気汚染物質の87%を削減するそうです。

 

結論

 

職場で環境に配慮した実践を促すことで、従業員は仕事へのモチベーションを高め、会社に対する満足度を高め、より健康的になります。これは、健康的で心のこもった職場環境を通じて職場の健康を提唱したり、同僚がより大きな視点で考えるようにしたりすることで実現できます。なによりも、あなたの会社が環境に良い影響を残すというメリットは、後世まで続くでしょう。

 

健康な従業員は、全力を尽くし、優れた仕事を生み出すことを妨げるような気晴らしをすることが少なくなります。さらに、人間工学に基づいたオフィス家具は、労働災害のリスクを下げることができるため、従業員がオフィスで過ごす時間が長くなり、病気や怪我による休職期間が短くなります。

 

人間工学に基づいたオフィス家具を提供することで、従業員の健康と幸福に配慮していることを示すことができるのです。雇用主が自分を評価し、気にかけてくれていると信じている従業員ほど、職場での幸福感が高いのです。

 

誰もが自分の行動によって他者にポジティブな影響を与える力を持っており、企業がサステナブルな取り組みを積極的に行うことで、職場はポジティブに変化していきます。最初は難しいかもしれませんが、環境に配慮した取り組みを行うことで、社員はより興奮し、巻き込まれ、環境に与える影響を少し意識するようになるかもしれません。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。