送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

あなたの座りがちな仕事経験を改善する方法

5月14日
2027 ビュー

あなたは問題を解決するために土壇場まで待つのではなく、今あなたの健康について何かをしたいと考えているはずです。それは最高のあなたになるのを助けることになる多くのことができる良い考え方です。

 

あなたが働いているすべての時間、あなたはずっと座っている可能性が高いです。これはアクティブではなく、座りがちなライフスタイルへの道へと続きます。私たちは常に座っていることは健康にとって悪い可能性があり、それが多くの病気につながる可能性があることを知っています。

 

日常生活にもっと多くの活動を取り入れるためにできる様々なことに取り組んでみましょう。働くことはただ座るだけにとどまらず、日々の動きを取り入れることで、よりアクティブで楽しくなるはずです。

 

座りがちな生活を改善するためにできること

 

技術の進歩は私たちの生活をシンプルにしてくれましたが、それはまた私たちの多くがより座りがちなライフスタイルを取ることにつながりました。動くことが少なくなり、座ることが多くなることによって、様々な健康上の問題が発生し、肥満の蔓延の重要な原因になっていると考えられています。

 

研究によると、長時間座っている人は心臓病や循環器疾患、糖尿病のリスクが高くなります。あなたが日中アクティブであり続けるために、以下の指針に従ってください。

 

1.可能であれば、座る代わりに立ってください。

テレビを見ている時、会議中、自身の机で、またはインターネットをしている時、数分間でいいので試してみてください。スタンディングデスクはますます多くの企業のオフィスに導入されています。調査によると、これらのデスクは従業員のストレスを軽減し、生産性を向上させ、多くのメリットをもたらします。FlexiSpotのウェブサイトを確認し、調整可能なスタンディングデスクプロシリーズを確認してみてください。

 

統計によると、人々はエネルギーレベルを維持するため、90分毎に移動することができます。心を新鮮で効率的に保つためにできる最も重要なことはリソースを管理することです。起き上がって庭を歩き回ったり、階段を上ったり、昼休みに運動したり、昼休みに料理をしてみてください。

 

2.座りがちな時、生産的な時間を計画してみてください。

夜に調理済みの食事を温める代わりに、新しいレシピを学び、食事を作ってみてください。あなたにはそのおいしく、健康的な食事を作るために利用可能な広範囲リソースがあります。今こそ、栄養価の高い食事を一から作るチャンスです。またオンラインでフィットネスクラスを受講することも検討してみませんか。オンラインダンスクラスや無料のトレーニングビデオを視聴したり、ズンバクラスのライブストリームに参加したりすることもできます。時間を使って家事をしたり、近所を散歩したり(マスクを着用して距離を保つことを忘れないでください)、栄養価の高い食事を一から準備してみてください。また、活動を続けるために様々なアクティビティを行ってください。

 

3.パソコンの画面を見つめることを止め、頻繁に休憩を取るようにしてください。

頻繁に休憩してください。血液が流れて循環するようにするには、短い休憩を取り、立って、ストレッチして、そして歩き回ってください。アラームを設定して、休憩してストレッチするようにします。またはスタンディングヨガのポーズを試してみてください。スクワット、ランジ、腕立て伏せはすべて、仕事場で許可されている場合に血流を高めるための良い方法です。あなたがテレビを見ているなら、コマーシャルの時間毎に立ってください。職場では定期的にパソコンの画面から離れ、休憩を取ります。水を飲んだり、散歩したり、同僚にメッセージを送ったりしませんか?休憩を取るのを覚えておくことが難しい場合、スマートフォンにリマインダーを付けるか、パソコンの画面の目の高さに付箋を貼ってみてください。

 

4.ニーズに合わせてワークステーションを変更してください。

スタンディングデスク、トレッドミルデスク、またはフィットネスボールシート(コアを鍛える「アクティブシッティング」を促進する)を準備することを検討してください。 FlexiSpotのウェブサイトでスタンディングデスクやその他の人間工学に基づいた機器の様々な選択肢を確認してください。

 

様々な高さに調整できるワークステーションがある場合、通常のパソコンの仕事の一部を立ちながら行うこともできます。

 

5.定期的にエクササイズをしてください。

机に座ったまま、指をかみ合わせたり、手のひらを裏返したり、腕を伸ばしたりする運動をしてください。また肩、背骨、足首も回転させてみてください。

 

座りがちな生活からによる悪影響

 

座りがちな生活は急速に主要な公衆衛生上の懸念になりつつあります。様々な慢性的な健康問題に関連しているにも関わらず、座りがちな生活は多くの国でより一般的になりつつあります。

 

長時間座っていることは肥満やメタボリックシンドローム、高血圧、高血糖、腰の周りの過剰な体脂肪、高コレステロール値を特徴とする一連の健康問題に関連しています。

 

それに加えて、あなたは自分の体で感じることができる他の状態も経験することになるでしょう。あなたがおそらく経験するであろう他の状態は以下の通りです。

 

●消費カロリーが少なくなり、体重が増える可能性が高くなります。

●筋肉をあまり使わないため、筋力や体力が低下する可能性があります。

●骨が弱くなり、ミネラルが失われる可能性があります。

●新陳代謝が損なわれ、体が脂肪や糖分を分解するのに苦労する可能性があります。

●免疫システムが適切に機能せず、血液供給が本来あるべきほど良くない可能性があります。

 

結論

 

あなたが長い間、運動をしていない場合、それを緩和する必要があるかもしれません。あなたは運動量を徐々に増やすべきです。運動は多ければ多いほど良いと言えます。ただし、落胆せずに最善を尽くしてください。それでも、少なくとも少しは運動をすることが望ましいです。最終的には年齢と健康から推奨されている運動量をこなすことが目的になる可能性があります。

 

運動する方法はいろいろあります。どれがあなたに合っているかを検討する必要があります。また職場や自宅などにおいてより多くの運動を生活に取り入れるように努める必要があります。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。