送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

クリエイティビティを高めるワークプレイスの設計方法

4月12日
317 ビュー

どのようなワークプレイスデザインや文化を持っているかは、雇用者の創造性に大きな影響を与える可能性があります。整理されておらず、居心地の悪い職場は、注意散漫や混乱の原因となり、従業員は不満を抱き、非効率な仕事、低いパフォーマンスと生産性、高い離職率につながる可能性があります。

 

ある調査では、約85%の従業員がワークプレイスデザインは非常に重要であると答え、椅子、机、温度調節がワークプレイスの物理的側面として最も重要であると回答しています。デスクワークの場合、悪い姿勢になりやすく、散らかり放題で一日が台無しになることもあります。クリエイティビティを発揮するためには、働く人の利便性、快適性、効率性を考慮したワークプレイスを構築することが重要なのです。

 

ワークプレイスにおけるクリエイティビティのためのデザイン

 

革新的で魅力的なワークプレイスデザインを作ることで、クリエイティビティを発揮することを促すことができます。問題を解決し、既成概念にとらわれない発想ができる、より幸せで革新的でクリエイティブな従業員を生み出すデザインをいくつか見てみましょう。

 

 

 

オープンプランのオフィス

 

オープンプランのオフィスは、今に始まったことではありませんが、現代のワークプレイスにおける重要な選択肢一つです。このタイプのオフィスは、特にスタッフの密度が高く、スペースを多く確保したい場合に最適です。また、オープンプランのオフィスは、ある程度のバックグラウンドノイズがあるため、プライバシーを守ることができ、雇用者同士が自由に交流し、アイデアを共有することができます。そうでない場合、静寂に包まれた職場となり、高度な集中力を必要とする仕事には適していますが、ブレインストーミングやアイデアの共有にはあまり適しているとは言えません。

 

雑談や周囲の雑音は、脳の情報処理を刺激し、重要な情報を見つけやすくしてくれます。もちろん、騒音に対する耐性は人それぞれなので、職場には静寂のない作業を可能にするスペースも必要です。

 

 

 

柔軟性を持たせる

 

最もクリエイティブなタイプのワークプレイスは、最もフレキシブルでモビリティを受け入れているものでもあります。現代のオフィスでは、特に世界的なコロナウイルス大流行以降、多くのスタッフが在宅勤務をしており、週に2、3回しかオフィスに来ない、あるいはパートタイムの場合もあります。また、ノートパソコンやスマートフォンの利用により、カフェテリアなど、どんな場所でもワークプレイスとすることができるため、指定席である必要はありません。

 

フレキシブルなワークプレイスを設計し、持ち運びが可能で、簡単に移動・設置ができる家具を選ぶことで、職場のコラボレーションを高め、より強いチームスピリットを生み出すことができます。作業スペースを切り替えることで、従業員は動き回り、他の従業員や普段話さない人たちと交流することができます。また、風景を変えることで、単調さを解消し、新鮮な視点を従業員にもたらすことができます。脳は、景色や匂い、騒音から微妙な関連付けをする能力があるため、新鮮なアイデアを生み出すきっかけになります。

 

 

 

快適な家具を選ぶ

 

家具の選択は、ワークプレイスのクリエイティビティに影響を与える最も重要な要素の1つです。人間工学に基づいて設計された椅子、テーブル、ワークステーションがもたらすメリットは明らかです。正しい姿勢を保ち、怪我をしないような快適な家具がある職場は、従業員が大切にされていると感じ、一日中高いエネルギーレベルを保ち、より正確に仕事をこなし、クリエイティビティを高めてくれます。

 

ゆったりとしたスペースが確保され、快適な家具が配置されたオフィスでは、従業員は自由に動き回り、快適にデスクに座ることができます。一方、快適な家具を提供していないオフィスでは、怪我による欠勤率が高く、従業員が不幸になり、やる気のない文化になり、最終的にパフォーマンスの低下につながることがよくあります。

 

テクノロジーが進歩し、画面を見る時間が長くなるにつれ、人間工学に基づいて設計された家具の重要性はますます高まっていくでしょう。

 

 

 

自然光を取り込む

 

窓のない個室で、頭上の蛍光灯が鬱陶しいというのは、誰にとっても嫌なものです。真っ白な人工照明は、その場を窮屈に見せ、やる気やインスピレーションを低下させる可能性があります。従業員の4分の1以上が、職場の照明をもっと明るくしてほしいと答えています。

 

調査によると、自然光には思考を刺激し、従業員の生産性を高める効果があるそうです。自然光がたっぷり入る職場で働いているようであれば、それを最大限に活用すべきです。多くの場合、大きな窓からの照明に、微妙な人工照明を加えて、より快適な照明環境を作ることができます。また、柔らかな温かみのある光は、癒しと安らぎを与え、思考を効率的に処理し、クリエイティビティを刺激します。

 

多くのオフィスでは、ワークスペースの明るさを保つために人工的な光だけを使用しています。しかし、人工の光は非常に高い割合で点滅し、その強さも一定ではないため、目の疲労や、ひどい場合には網膜の損傷を引き起こす可能性があることも研究によりわかっています。白色蛍光灯のきつい光は、荒涼とした無機質な環境を作り出し、従業員の快適さや幸福感を低下させます。

 

 

 

自然を取り込む

 

従業員のモチベーションやクリエイティビティを高めるには、自然を感じられる環境を整えることが有効です。緑豊かな鉢植えをオフィスに置いたり、床から天井までの窓から高い木々や鮮やかな庭を眺めたり、従業員が外に出て自然と触れ合う時間を持つように促したりと、様々な方法が考えられます。

 

最近、バイオフィリック・オフィスデザインが流行しています。床や壁にサステナブルな木材を使用したり、水しぶきの音に癒される噴水や、美しい石や多肉植物を植えたロックガーデンなど、オフィス内に自然のスポットを作ったりと、現代のオフィスは自然の要素をどんどん取り入れたデザインになってきています。自然の要素を室内に取り入れることで、ストレスや疲労を軽減し、エネルギーレベルを高め、クリエイティビティを向上させることができるという研究結果が出ています。

 

 

 

楽しい休憩スペースの導入

 

オフィスのデザインは、楽しくてカラフルで、企業文化を反映したものであるべきです。最近の多くのモダンなオフィスでは、刺激的なブレイクアウトエリアを作り、スナックバー、ビリヤード、テーブルサッカーなどのゲーム、本棚などを導入しています。

 

これらのエリアはカジュアルな雰囲気で、フロアクッション、ビーンバッグ、ポッドシート、ハンモックなどがあり、リラックスした雰囲気を作り出しています。従業員にとって、よりリラックスして楽しく仕事ができる場所、あるいは従業員同士で仕事以外のことを話し合うことができる場所となります。

 

また、アートを取り入れれば、クリエイティビティ豊かな職場環境を作り出し、インスピレーションを駆り立てることができます。

 

 

 

ポップな色彩を加える

 

無機質で殺風景な環境では、クリエイティブな発想は生まれません。色は気分を高揚させ、エネルギーレベルを上げ、本格的に仕事に取りかかり、より良い成果を上げるための強力なツールです。赤、オレンジ、黄色などの暖色系を取り入れると、活気に満ちた心地よい空間になり、青や緑、土色などのアースカラーを取り入れると、自然を感じられる静かな空間になり、思考力が高まります。

 

真っ白なカラーはオフィスに清潔感と爽やかさを与えますが、他の色をアクセントにせず単色だけで使用すると、クリエイティビティを高めるには最適とは言えません。しかし、真っ白な壁を選びながらも、カラフルな絵画や大きな観葉植物の鉢、ナチュラルやパステル調の家具を置くことで、オフィス全体をより魅力的な空間にしているモダンなオフィスもいくつかあります。

 

赤や青、そして鮮やかな黄色の背もたれや座面を持つ椅子は、モダンなオフィスでは人気のある選択肢です。白い壁のオフィスでは、木の床や木の机、自然な艶と仕上げの木の縁飾りなどを置くことで、温かみを演出することができます。また、大きなテーブルの上にカラフルなパーツを置いて、好きな時に仕事をすることができるフォーカスワークステーションを設けるオフィスもあります。

 

このように、オフィス全体を塗り替えるという大きなコストをかけたくない職場には、他にも色を加える方法がたくさんあります。カラフルなアクセントを加えることは、オフィス全体の塗り替えや模様替えと同じように効果的です。

 

結論

 

クリエイティブなワークプレイスを実現するためには、斬新なデザインアイデアを柔軟に受け入れることが必要です。クリエイティビティを刺激するオフィスを作るには、上記は氷山の一角に過ぎず、ワークプレイスをより幸せな空間とし、インスピレーションを与え、協力的にするための要素を追加する方法がいくらでもあります。

 

しかも、高価なものである必要はありません。小さなことでも大きな効果を発揮することで、クリエイティビティとインスピレーションのある文化を育むことができるのです。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。