送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

究極の健康を実現する住空間の設計方法

4月14日
335 ビュー

自宅は、一日の疲れを癒す場所であり、安住の地であるはずです。しかし、多くの人は帰宅後、さらにストレスを感じているのではないでしょうか。

 

家にいても安らぎを感じられないのは、住空間が静けさや快適さ、そして究極の健康を追求した設計になっていないことが主な理由です。美しいもので飾っても、いくつかの重要な点が欠けていれば、そこを禅の空間にするのはとても難しいことなのです。

 

安らぎと快適さ、そして健康のための住空間をデザインする

 

どんな家に住んでいても、その家を美的感覚にあふれた快適な場所に変えるのは難しくもなく、費用もかかりません。どんな住まいでも、美しく快適な空間にすることは難しくありません。

 

 

 

住空間をパーソナライズする

 

ほとんどの人が人生の9割を室内で過ごしています。世界的なコロナウイルスの大流行が始まり、自宅で仕事をする人が増えてからは、自分の個性を反映し、心を落ち着かせ、癒すことのできる住空間を作ることがより重要になっています。

 

仕事でも、楽しんでいる時でも、リラックスタイムでも、住まいに個性を加えることで、生活空間との関係性がより深まり、安全で快適な雰囲気が生まれます。

 

生活空間を自分好みにすることは、難しいことでも、費用のかかることでもありません。寝室を同じ色に塗る、リビングにパステルカラーのファブリックを置く、廊下に写真やアートワークを置くなど、ちょっとしたことでも自分らしい生活空間を作ることができます。

 

 

 

人間工学に基づいた家具を購入する

 

住まいはできるだけ快適でありたいものです。デスクに座っているときも、ベッドでくつろいでいるときも、家具は快適さを第一に考えて選びたいものです。

 

自宅で仕事をする場合、ダイニングテーブルと椅子で仮設のオフィスを作るのは得策ではありません。それよりも、快適で、風通しがよく、明るいホームオフィスを設計すべきです。数十万円の家具を揃えた最新鋭のオフィスである必要はありません。しかし、少なくとも、背中や首、腕が痛くならないような快適なデスクと椅子は必要です。

 

木や石などの自然の要素を使い、デスクの近くに小さな植物の鉢を置き、仕事場の横の窓を開ければ、ホームオフィスの健康要素を高め、パフォーマンスを向上させることができます。

 

寝室に関しては、ここでも当然ながら快適さが最大になるはずです。研究によると、持続可能な竹のような天然素材の床材を使うことで、健康に役立つ効果が期待できるそうです。また、就寝時にどのような姿勢で寝ているかも考慮する必要があります。

 

ミディアムファームのマットレスで寝ると、硬さの調節が可能で、背骨を正しく整え、サポートすることができます。

 

痛みが気になる方は、メモリーフォームマットレスで背骨や肩、腰への負担を軽減し、慢性的な痛みを防ぐことができます。

 

 

 

バスルームの安全性を実現する

 

バスルームが安全性にこだわって作られていない場合、安全上のリスクを高めることにつながります。バスルームにシャワーブースを追加する場合、底につまずきの原因となる突起のあるリップがないことを確認してください。閾値ゼロのシャワーを選びましょう。また、安全性を高めるために、シャワーの中に手すりを設置し、シートも設置することが大切です。

 

バスタブを設置する場合は、バスタブに登って入るのではなく、入るときに開けられる入口があるかどうかを確認しましょう。

 

バスルームを安全で落ち着ける空間にしたい場合は、総木製のフローリングや壁、建具などの要素を加えることも検討できます。また、小さな浴槽やサウナを設置し、鉢植えや天然石、美しい水晶、香りのよいキャンドルなどを置くことができる小さなコーナーや棚を設けることも検討しましょう。

 

 

 

バイオフィリックデザインを創る

 

植物や緑の要素を家に取り入れると、その家はすぐにバイオフィリックな空間に変わります。バイオフィリックスペースは、屋外を室内に取り込むことで、自然の要素を取り入れるのです。

 

小さな鉢植えをいくつか家に取り入れるだけでも、家に活気が出て、生き生きとした雰囲気になります。また、植物はストレスを軽減し、気分を向上させ、生産性を高めることが研究により明らかになっています。さらに、二酸化炭素を取り込み、酸素を送り出すことで、室内の空気の質を向上させる効果もあります。

 

つまり、植物を取り入れることは、住空間を浄化することにつながるのです。

 

 

 

自然光を取り入れる

 

もしあなたの家にたくさんの日光が降り注ぐなら、その有効活用を考えてみてはいかがでしょうか。自然光は、暖かさとビタミンDを家に取り込みます。さらに、人工照明への依存を減らすことができ、光熱費の節約につながります。

 

また、自然光は強さ、時間、持続時間が一定で、ちらつきがないため、人工光よりも自然光を利用する方がより有益であることが研究によりわかっています。そのため、眼精疲労や怪我のリスクを軽減し、サーカディアンリズムを適切に保つことで、健康的な睡眠を促進することができます。

 

 

 

フィットネスルームを作る

 

最高の健康を実現するためには、どの家にもアクティビティと運動のためのスペースがあるべきです。家の中の一室をエクササイズに充てるという選択肢もありますが、もしお金があれば、階段やはしご、クライミングウォールを追加して、家全体に遊び心とアクティブなデザインを取り入れることも可能です。

 

フィットネスルームは、家の中の薄暗く暗い場所に作らないと、誰も行きたがらないので注意しましょう。フィットネスルームは、家の中で普段から目につく場所に作り、運動が必要だということを思い出させる役割を果たします。ですから、フィットネスルームを屋根裏部屋や地下室、物置に隠さないようにしましょう。

 

一日を通して体を動かし、活動することは、心身の健康にとってとても大切です。ストレスを軽減し、回復力を高め、エネルギーレベルを向上させることで、1日を通してより良いパフォーマンスを発揮することができます。

 

 

 

住まいの断捨離

 

最大のストレス要因の1つは、混沌とした散らかった家です。家具や小物で溢れかえり、散らかり放題の家は、不安を増大させますが、最悪なのは、その原因に自分でも気づかないことです。

 

家の中のどの部屋も散らかっている可能性がありますが、最大の原因は寝室、リビング、キッチンです。寝室は秩序を保つ場所であり、混乱する場所ではないので、家具や衣類、頻繁に使用しないものなど、必要最小限のものしか置かないようにしましょう。

 

キッチンは、余分な食器を処分したり、見えないところに収納することで断捨離ができます。鍋やフライパンは使うものだけを出し、冷蔵庫や冷凍庫の中身を定期的にチェックして、廃棄すべきものを確認しましょう。

 

リビングは毎日一番人が通る場所なので、多少散らかっていても当然です。そこで、リビングに置く家具は必要最低限にして、散らからないようにしましょう。本棚がある場合は、整理整頓を心がけましょう。リビングに装飾品を置きすぎると、かえって散らかって見えてしまいます。また、リビングに大きな窓がない場合は、壁に大きな窓をつけて、自然光をたくさん取り込むようにしましょう。

 

 

 

騒音対策

 

賑やかな街の真ん中に住んでいると、家の中がとても騒がしくなることがあります。騒音を少しでも消すために、業者を呼んで、壁にシートロックの層を取り付けるよう依頼するのがよいでしょう。

 

壁に防音層を取り付けたら、驚くほど静かで平和になります。もし、何らかの理由で板壁を設置できない場合は、外の雑音を遮断するために、家の中に周囲の音を作り出すという方法もあります。この方法には、室内に冷水器を設置することが有効で、柔らかで心地よい音を出すことができます。

 

 

 

デザイン開始

 

これは、あなたの家の全体的な健康を高めるために行うことができることの完全なリストとは言い難いですが、良いスタートです。これらの方法をいくつか取り入れるだけでも、住まいの健康とエネルギーを高めるという点で、素晴らしい違いが生まれます。また、静謐で健康的、かつ安全な住まいを実現するために、自分なりの設計手法を考えてみるのもよいでしょう。

 

職場で環境に配慮した取り組みをする方法

 

経済界のあらゆる分野の企業が、環境に配慮した職場を維持することで、環境への影響を軽減することを表明しています。これは、環境に配慮した行動を支援するための規制やプログラムを整備することを意味します。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。