送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

限られた予算でオフィススペースを飾る方法

8月25日
2727 ビュー

あなたがベンチャーキャピタルのような新しいベンチャー会社、会社がホームオフィスから1つのオフィスへとゆっくりと移行しようとしている、または大企業が事業を増やすために新しいオフィスを立ち上げる、それらのどれに該当するかにかかわらず、オフィスに家具を備え付ける必要があります。

 

ほとんどの場合、それらの備品は既に設置されておらず、入居する準備ができていません。あなたはそのスペースの内容ではなく、場所を購入またはリースしているのです。

 

椅子、机、キャビネット、さらには休憩室の家具など、すべてを考慮する必要があります。見落としているものはそれに気づくまで状況を悪化させてしまいます。

 

私たちが行ったことはあなたが考慮する必要があるすべてのリスト化と、予算にやさしい提案をまとめたものです。

 

家具:新品vs中古

 

あなたがしなければならない最初の決定は新しい家具が欲しいかどうか、またはあなたが古い家具を購入する気があるかどうかです。

 

新しい家具は通常保証の対象であり、欠陥や損傷はありません。サプライヤーによっては大量購入が完了するまで待たなければならない場合もありますが、必要な数のアイテムを注文することができます。

 

もちろんデメリットとしては新しい家具を購入する方が中古家具を購入するよりも費用がかかることです。

 

中古家具はより費用効果の高い選択肢です。小売価格が2,000ドルを超える椅子は中古品の場合、800ドルしかかかりません。一方で中古家具にはいくつかのリスクがあります。

 

綺麗でなかったり、損傷している可能性があります。例えば、机に傷やへこみがあったり、椅子に裂け目やへこみがあったりすることがあります。

 

より重要なのは単一のサプライヤーから十分な数の中古家具を見つけることは必ずしも容易ではないということです。あなたのオフィスを拡大する場合、あなたは数を揃えるため2番目のソースを見つける必要があるでしょう。 

 

廃業した会社から家具を購入すると、彼らが持っていた机と椅子をそのままの数で購入できる可能性がありますが、オフィスが大きくなる場合、数を揃えるために2番目のソースを見つける必要があります。

 

セットを完成させるために新しいものを購入しなければならない場合、一部の従業員は古い中古家具を使うことを余儀なくされ、一部の従業員は素晴らしい新しいものを使えるため、職場内での軋轢を生んでしまう可能性があります。

 

メーカー卸売割引

 

リーズナブルな価格でブランド家具を販売している数十のオフィス家具サプライヤーの1社から購入したいと思うかもしれません。

 

これは大失敗になるかもしれません。これらの企業の多くは1つまたはいくつかの商品を購入するための設定価格を持っていますが、大量の購入に対しての卸売価格も持っています。2,000ドルの椅子は30台購入した場合は1台あたり1,700ドル、100台購入した場合は1台あたり1,500ドルしか、かからないといった感じです。

 

これは常に当てはまるわけではなく、規模によって異なる場合があります。アウトレットビジネスは10,000ユニットを購入しており、あなたよりも良い価格で取引を行うことができるため、仲介業者の価格でさえあなたが直接購入する価格よりも低くなっています。

 

適切な椅子を選ぶ

 

仕事環境はあなたが選んだ椅子によって良くなったり、悪くなったりする可能性があります。高品質の椅子は人間工学に基づいた多くのメリットがあり、はるかに快適であり、10年ではないにしても、何年も交換する必要はありません。

 

人間工学に基づいて作られた椅子を購入するため、過去には多額の費用を費やさなければならなかったかもしれません。特に背が高い、背が低い、または体の大きい従業員がいる場合、様々なサイズに変えることができる椅子を探すことをお勧めします。

 

オフィス家具を購入した場合、まだ十分な製品寿命が残っていると思いますが、椅子は時間の経過とともに多くの小さな欠陥を蓄積していく可能性があります。flexispot.comには人間工学に基づいたオフィスチェアの幅広いオプションを取り揃えております。

 

適切な机を購入する

 

机は自由度の高い数少ない場所の1つですが、ビジネスの全体的な配置に影響を与えます。ユーザーの要求に応じて、より大きなワークステーションはより多くのスペースを占有し、より適切に配置されるべきです。

 

ワークステーションが定期的にどのように使用されるかを検討してください。 参照文書やファイルを頻繁に配布する必要がある従業員、または製図のためにより多くのスペースを必要とする従業員はより大きなデスクを必要とする場合があります。

 

考えるべきもう一つのことはあなたがシットスタンドデスクが欲しいかどうかです。スタンディングデスクが完全にオフィスレイアウトに対して実用的であることはめったにありませんが、ある位置から別の位置に変換するシットスタンドデスクは多くの企業にとって非常に役立つソリューションになる可能性があります。

 

人間工学的には座っているよりも立っている方が望ましいのです。1日を通してその2つを切り替えると、オフィスでの長時間の使用によって引き起こされる不快感やその他の問題を緩和するのに役立ちます。

 

多くの場合、中古のシンプルなシッティングデスクの購入で十分です。ほとんどの小さな欠陥は修理または拭き取ることができるので、引っかき傷やへこみは大したことはありません。あなたは新しいシットスタンドデスクを購入すべきです。

 

モーターを使用すると、時間の経過とともに故障する可能性があります。モーターは長持ちするように作られていますが、修理が必要になる前にモーターを使用すればするほど良いでしょう。

 

高さ調節可能なワークステーションをお探しの場合、FlexiSpotが最適です。調整可能なスタンディングデスクプロシリーズは従来のオフィスワークステーションとは異なります。座っている代わりに立ったまま仕事ができるスタンディングデスクです。

 

これにより、脚や関節を伸ばし、姿勢やけいれんの問題を防ぐことができます。 これはあらゆるビジネス環境において特に重要なのです。

 

他の家具の選択

 

職場は単なる机と椅子のセットだけでないことを忘れないでください。小さな棚を立方体の壁に向かって机の上に置いて、そこで働く人々に追加の収納スペースを提供することができます。

 

本棚や自立型キャビネットなどの大きな棚はキュービクル内の補助ストレージとしても、オフィスの境界にある共有ストレージスペースとしても機能します。

 

ファイリングキャビネットも1つのオプションです。多くのオフィスでは各従業員がファイリングキャビネットを持っています。頑丈なロックは重要な文書が安全でない場所に置き忘れられないようにすることができ、重金属のキャビネットは中にあるものを火災から守ることができます。FlexiSpotには様々なファイリングキャビネットを取り揃えております。

 

会議用家具

 

家具の選択の大部分は各従業員がオフィスで必要とするものが中心ですが、特定のタスクに焦点を当てた分野についても考慮する必要があります。これらは潜在的なクライアントや社内チームとのミーティングに不可欠です。

 

ミーティングエリア用の会議テーブルが必要になります。会議室の椅子も同様である必要がありますが、従業員が特別な座席を必要とする場合、追加で大きいまたは小さい椅子を購入する必要がある場合があることを念頭に置いてください。

その他のオフィス備品

 

モニター取り付けアームはデスクトップPCで仕事する場合や、例えば開発者がより広い画面を必要とする場合に役立つことがあります。これらのアームはシットスタンドデスクや人間工学的にオフィス環境を変えるのに最適です。

 

利便性の最大限のため、モニターアームは新品で購入する必要があります。あなたがシットスタンドワークステーションを使用している場合、抗疲労マットは良いオプションと言えます。

 

考えるべきもう一つのことは照明についてです。頭上の照明があることもそうですが、人々に暖かい電気スタンドを提供することはよりフレンドリーで快適な環境を作り出すのに役立ちます。ランプは好みに応じて、新品または中古品で購入すると良いでしょう。

 

結論

 

FlexiSpotは何が必要かを理解するのを手伝ってくれる頼りになるサプライヤーです。全体として、オフィスを設立する際に考慮すべき多くの要因がありますが、このリストは必需品をカバーするのに役立つはずです!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。