送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

現在のポジションの自分にとっての仕事のチャンスを作る方法

3月21日
306 ビュー

あなたは入社して2年目になります。あなたは与えられたすべてのプロジェクトに、全力を尽くして取り組んでいます。あなたは頼りになる存在なので、同僚はあなたがチームワークを発揮することを期待しているかもしれません。しかし、あなたはまだ期待していたようなチャンスを手にしていません。あなたは目前に迫ったプロジェクトに任命されることを希望しましたが、あなたより遅く採用された同僚が代わりにその仕事を任されました。自分がより昇進できることを期待している。

 

でも、どうしてこんなに時間がかかるのだろう?あなたの努力が足りないのでしょうか?上司は、あなたがやっていることをすべて把握しているようには見えません。あなたが本当にやりたい大きなプロジェクトは、まだあなたのところに来ていません。生産性が低く、行き詰っているような気がします。仕事をやめて、もっと評価されるところに転職したほうがいいのでは?と思っているかもしれません。

 

上司に相談することもできないでいることは承知しています。しかし、そのような欲求に駆られる前に、自分の役割に気を配っているか、自分の仕事の範囲を超えて仕事をしていないか、職場で他のチームをサポートしているか、時間外に同僚を助けているか、自問してみてください。

 

受け入れられるのをいつまでも待ち続けることはできません。いずれは一人で主体的に行動する勇気を持たなければなりません。

 

もっと自発的に行動すれば、仕事のチャンスは必ず作れます。必要な仕事をこなすだけでは不十分なのです。志やキャリアプランがあるのなら、自分が指揮を執ることができること、真剣に仕事に取り組んでいることを周囲に証明するために、最初の一歩を踏み出さなければならないのです。

 

積極的に行動することで、成功の可能性は大きく高まります。あなたは、相手が期待している以上のことをすべきなのです。自分の持っている力を発揮するのです。他のプロジェクトの上司や責任者は、あなたが他の人とうまくやっていることがわかりますので、大きなプロジェクトで人が必要になったときに、あなたに連絡したくなるのです。積極性は、組織、同僚、会社に貢献しながら、自分の仕事上の目標に到達するのに役立ちます。

 

これを達成するための性格が欠如していると、困難です。上司の承認を待たず、自分で判断して行動する方が楽と言われています。限度を超えると叱られるからと、発言を控えてしまう人は要注意です。

 

このような恐怖は一般的に正常であると証明されていますが、ある程度は自己肯定感を持つべきなのです。あなたが探検したいビジネスや分野について研究を行ってください。以下のアドバイスは、あなたがより積極的になるのに役立ちます。

 

 

 

自分のメリットとデメリットを文章でリストアップする。

 

そのポジションに応募していなくても、自分の長所と短所をメモしておきます。自分の能力をみんなにアピールできたか?自分の得意なスキルを就職に活かせるか?という観点です。

 

自分の短所も考えてみてください。長い目で見れば、それがあなたを向上させるかもしれません。例えば、あなたはチームの中で最年少であることを嫌だと思っているかもしれません。現在のマーケットでの自分自身の経験は、自分が年を取ったというサインではなく、メリットだと考えるべきでしょう。自分が持っているものを同僚と共有する前に、同僚も理解していることを確認してください。

 

 

 

自分をアピールする。

 

自分の能力と、プロジェクトにもたらすことのできる価値を信じることです。上司には、なぜあなたをグループに加えることが賢明な行動なのか、説明してください。ビジネスにどう役立つのか?あなたはどんな専門知識を持っているのか?という観点です。

 

あなたがやろうとしているプロジェクトが、ビジネスにとってどのような意義があるのかを認識しておく必要があることを念頭に置いてください。自分が追い求める目標について、確信を持っていなければなりません。信頼できる同僚に意見を聞いてみてください。いずれは、あなたが夢中になって取り組める仕事に出会えるはずです。

 

 

 

上司にキャリアプランについて話す。

 

上司にあなたの職業上の目標を知ってもらうようにしましょう。それを生かすチャンスがあるかどうか、丁寧に尋ねてみましょう。上司が有能な管理職であり、あなたが興味を持っていることを伝えていれば、あなたの興味、能力、才能に合ったプロジェクトが登場したときに、上司はあなたにその仕事を振るはずです。

 

 

 

適切なプロジェクトを選択する。

 

積極的とは、その日の仕事のやることリストを増やすこととは限りません。自分の仕事だけでなく、ビジネスにとっても素晴らしいチャンスとなるようなプロジェクトを選択できるようになる必要があります。

 

これらの懸念事項を参考に、ビジネスの成長であなたが取り組むべき領域を選びましょう。企業、市場、ビジネスについて、あなたが持っている知識を書き出すのです。

 

あなたのビジネスやチームが拡大するために利用できそうな機会を見極めます。会社の欠点をメモしておきます。その業界の好きな面を書き出します。その中で、あなたができることは何でしょうか?

 

仕事で新しい責任を負うことになったら、別のチームと協力する覚悟が必要です。経営陣は、あなたが様々な人々と協力できることを理解することで、あなたが個人的な成長と仕事上の成長の両方に取り組んでいることを見て取ります。

 

 

 

仕事が増えても現在の職務に対応できることを示す。

 

仕事量を増やしても、本来の責務を怠ることなく対応できることを、オフィスのみんなに示す必要があります。自分が始めたプロジェクトに、自分の注意とモチベーションを奪われないようにします。

 

自分で始めたプロジェクトのために、他の仕事をおろそかにしてまで積極的に行動することは、上司に時間管理能力がないことを示すだけです。このことが、あなたが望んでいたような昇進を果たせない原因になっているかもしれません。

 

スタンディングデスクなど、人間工学に基づいたオフィス機器を活用すれば、日中に座ったり立ったりと姿勢を変えることができ、深く仕事に集中することができます。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。