送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

スタンディングデスクへの投資を雇用主に説得する方法

12月28日
2923 ビュー

健康に害を及ぼす可能性がありながら、誰もが毎日行っていることは何でしょうか?座ることです。長時間座っている人は、心臓病や糖尿病のリスクが高くなると言われています。また、体重増加や肥満との関連も指摘されています。これは、ほとんどの時間を座って過ごすオフィスワーカーにとって、大きな問題です。スタンディングデスクを導入することで、健康的な従業員を確保することができるかもしれません。

 

雇用主にスタンディングデスクを導入してもらいたい場合、スタンディングデスクに投資するよう雇用主を説得する方法をご紹介します。

 

事前準備が大切

 

本当に上司を説得してスタンディングデスクを購入させたいのであれば、ミーティングをする必要があります。あなたのアイデアは、40枚のスライドを使ったパワーポイントのプレゼンテーションである必要はありませんが、十分に検討した上で、わかりやすく伝える必要があります。そのアイデアは、その買い物がビジネスにどのように役立つかに集中することから始めることです。

 

率直に言って、上層部は興味を示さないでしょうから、机の特徴の話から始めるのはやめましょう。彼らは、あなたが仕事をするために必要な道具を揃え、会社の黒字を確保しなければならないのです。スタンディングデスクの購入を彼らの目標達成につなげることができれば、説得はより簡単になります。

 

経済効果、生産性への影響、従業員へのやる気、この3つが説得を勝ち取るための重要な要素です。この3つの項目は相互に関連しており、ビジネスを強化するために連動しています。あとは、上層部の人たちに、これが可能であることを示すだけです。

 

経済的影響

 

購入品の承認を検討する際、管理職は目先の出費に目が行きがちである。しかし、判断の期限や支出を分散させることで、長期的なメリットや業績への好影響を見落とす可能性があります。あなたの仕事は、スタンディングデスクという「費用」が、実は会社の長期的な目標に対する「投資」であることを説得することです。

 

Gallup-Healthways Well-Being Indexによると、77%の従業員が、がん、ぜんそく、高コレステロール、うつ病、高血圧、糖尿病、心臓発作、肥満など、少なくとも一つの慢性的な健康問題を抱えている。これらの従業員が欠勤することで生産性が低下するコストは、年間840億ドルにも上ります。

 

予定外の欠勤は、米国企業にとって根強い問題であり、控えめに見ても、時間給労働者1人当たり年間3,600ドル、フルタイム労働者1人当たり年間2,650ドルが発生しています。病欠、FMLA期間、労働者災害補償、身体障害などはすべて予定外欠勤に含まれる。

 

欠勤に関連するコスト変動要因は以下の通りです:

 

仕事が出来ない労働者に賃金が支払われる。

 

高いコストで代替要員を確保する(他の労働者の残業代および/または契約労働者の残業代)

 

欠勤の管理には管理費がかかる。

 

欠勤がもたらす間接的なコストや影響には、次のようなものがあります:

 

残業による疲労や人員不足のため、商品・サービスの品質が低下する。

 

生産性の低下

 

経営者が過剰に費やす時間(適切な代わりの従業員を探す、規律の管理)

 

安全性への懸念(欠勤者の穴を埋めるための適切な訓練を受けていない従業員や、代わりの従業員を急いで探すことは、安全上の問題を増大させる可能性があります。)

 

欠勤した同僚の分まで時間を割いたり、追加で仕事をしなければならない社員は、士気が下がる。

 

欠勤が企業にとって高いコストであることは明らかです。欠勤の多くは、長期的な健康問題に関連しています。調査によると、従業員の健康増進を目的とした取り組みにより、欠勤率を最大で3分の1まで減らすことができるとされています。スタンディングデスクは、座っている時間を減らすことで、特定の健康問題のリスクを低減させるのに役立ちます。スタンディングデスクの導入は、従業員の欠勤率やグループ医療保険料の増加、労災保険の請求などの減少など、経済的なメリットもあります。

 

生産性向上への影響

 

スタンディングデスクの経済的なメリットについて話した後は、生産性への効果について話をする必要があります。スタンディングデスクの使用は、創造性、生産性、アイデアの共有を高めるということが、多くの事例からわかっています。Business Insiderによると、FFベンチャーキャピタルでは、スタンディングデスクを会議室に設置したところ、立つことでスタッフのアイデア共有がより活発になることがわかったそうです。

 

スタンディングデスクは、GoogleやFacebookの従業員健康増進の取り組みの一環として提供されています。Facebookでは250人以上の社員がスタンディングデスクを使用しており、仕事場のエネルギーレベルが高く保たれていると主張しています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の取材に応じたFacebookのグレッグ・ホイ氏は、「3時のスランプがなくなり、一日中生産的な気分でいられる」と語っています。

 

スタンディングデスクは、社員の注意力を高め、エネルギーレベルを維持し、仕事を完了するまでの集中力を高めるとともに、社員の健康を増進し、欠勤率を低下させる効果があると言われています。これらの利点により、従業員の生産性が向上します。

 

従業員の参加

 

ギャラップ社は数十年にわたり、従業員が企業の成功に与える影響について宣伝してきました。ギャラップ社の調査によると、仕事に従事している社員は全体的に幸福度が高く、生産性も高いという。また、彼らの研究によると、従業員が従事している組織は不況からの回復が早く、1株当たりの収益も高いことが分かっています。

 

ギャラップ社は、従業員の従事とそのパフォーマンスとの間には、幅広い企業、分野、地域にわたって強固な関係が存在することを発見しました。また、従業員十字のスコアが上位半分の組織は、下位半分の組織と比較して、成功する確率が実質的に4倍になることも確認されました。

 

従業員は、雇用主が自分たちのことを気にかけてくれていると思えば、より積極的に行動するようになるのです。企業が必要に応じてスタンディングデスクを提供することは、従業員の健康を気遣い、福利厚生に投資することに関心があることを示すことになるのです。

 

グリーン化

 

また、オフィスは、これをサステナブルで環境に優しい取り組みとして描くことができます。サステナブルな仕事場に関心を持ち、従業員の健康に気を配る企業を好む消費者が増えている中、経営者がこの投資を真剣に考えることは有益なことです。

 

まず、「調節可能なスタンディング・デスク プロシリーズ」のように、竹素材を使ったサステナブルなデスクを選ぶことができます。実は竹は、鉄よりもさらに優れた引っ張り強度をもっています。

 

このため、オフィスではデスクの長寿命化が期待でき、将来的な買い足しの心配もありません。また、静音モーターを搭載しているため、音を立てずにデスクをスタンディングモードにすることができ、オフィス環境にも配慮しています。

 

持続不可能な資源から作られたプラスチックやその他の種類の素材は、海やすでに溢れかえっている埋立地に行き着くため、このような素材を選択することは重要です。従業員が全体的に健康になり、環境にとっても良いことなので、経営者もすぐにスタンディングデスクのメリットを理解することでしょう。

 

従業員の健康

 

一日中デスクに座っていると、腰や首の痛みは確実に増えます。オフィス用に選んだデスクやチェアが人間工学的でない場合、良いことよりも悪いことを行っている可能性があります。従業員は、仕事中のもっと健康的な選択肢を見つける必要があります。スタンディングデスクは、背中や首の痛みを軽減するのに役立ちます。テイク・ア・スタンド・プロジェクトによると、毎日66分以上立っている従業員の54%が、腰痛を軽減していることがわかりました。

 

スタンディングデスクは、従業員の気分を向上させることもわかっています。66分以上立っている社員は、より健康的で幸せ、爽快感、集中力を感じることができます。このことは、仕事の生産性や効率に直接影響を与える可能性があります。気分が良くなった社員は、時間内に仕事を完了させる意欲が高まります。

 

スタンディングデスクは、体重や体力を維持するのにも最適です。一日中座っていると、特にお尻や太もものあたりがかなり太ってしまいます。毎日1時間でも立っていれば、仕事中もカロリーを消費することができます。

 

結論

 

スタンディングデスクの導入について雇用主を説得するには、まず会社のメリットに焦点を当てることが肝心です。生産性や従業員のモチベーションにどのような影響を与えるかを検討し、説得力を高めましょう。あなたが会社の成長を心配していることを証明すれば、経営陣はあなたの提案を喜んで受け入れるでしょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。