送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

新しいオフィス環境での適応方法

4月13日
323 ビュー

私たちの会社でのキャリアにおいて、私たちは全員、はじめは新入社員でした。なので、新人が来たとき、彼らが周囲にどのような反応を示すかについて、私たちは理解しています。新入社員は、上司であれ、スーパーバイザーであれ、あるいは同僚であれ、あなたに近づき、特定の職場の文化にどうすれば溶け込めるかについて聞くかと思います。

 

長く働いているあなたなら、新入社員にとって有益なアドバイスができるかもしれません。彼らに手を貸すことで、あなたの仕事もやりやすくなります。職場で仕事をこなすための重要な知識や方法を伝授するのも一つの方法です。

 

そうすることで、新入社員の生産性が上がり、結果的に職場全体のワークフローが改善されます。

 

上層部や人事部の担当者は、新入社員に対して頻繁に指導を行います。採用担当者、役員、上司、グループリーダー、部門長などです。このような人たちが指導のメンターとして期待されていますが、誰でも新入社員にアドバイスをすることはできます。

 

ここでは、新入社員が新しい職場に早くなじむためのアドバイスを紹介します。

 

 

 

周囲の環境に気を配る

 

新入社員が数日間を職場で過ごせば、その組織や社員について詳しく知ることができます。昼食の場所、出勤・退勤の時間、服装、ソーシャルメディアの使い方、職場での振る舞い方など、具体的な内容です。新入社員が慣れない職場をよりよく理解できるように、誰にでも質問するように促しましょう。ハンドブックも、新入社員が疑問に思ったことを解決するのに最適な情報源となります。

 

 

 

仕事中も、仕事後も、同僚との絆を深める

 

同僚と一緒に仕事をすることで、新しい知り合いができることもメリットのひとつです。波長が合い、エネルギーが似ていることを知れば、新入社員は安心できるはずです。また、それぞれの仕事ぶりを知っているため、それぞれの仕事ぶりに順応することができるようになります。新入社員は、チームの誰かが自分のことを気にかけてくれていることを自覚し、より自信を持って仕事に取り組むことができるようになります。

 

新入社員には、全員の名前を覚えるという仕事を課してください。新入社員は、慣れ親しんだ同僚から名前を呼ばれることに感動し、気まずい思いをすることがなくなったり、緊張を解きほぐしたりできます。

 

 

 

第一印象が良くなるように努力しましょう

 

誰もがあなたのことを見ているのですから、いつあなたのプライベートのことを話題にされても慌てないようにしましょう。オフィスの人々は、あなたが入ってきたときに、あなたを一目見て、あなたに対する印象を形成します。新入社員とおしゃべりして、同僚についてポジティブなイメージを持ってもらうようにしましょう。先輩たちも、新入社員とおしゃべりしたい気分のときに、新入社員と話しやすくなります。彼らは、新入社員が頼りになり、勤勉で、愛想がよくて、一緒に働くのが絶対楽しいと思うでしょう。新入社員は、この時間とチャンスを利用して、自分が実際にプロジェクトに貢献できることを示すことができるのです。職場で効果的なパフォーマンスを発揮することは、同僚に好印象を与えることです。

 

 

 

ミーティングに積極的に参加することを恐れないでください

 

その結果、あなたの自信は高まり、働き始めてからも役立つはずです。新入社員には、たとえ初めての会議であっても、斬新なアイデアを持っているはずですので、積極的に発言するように言ってください。ただ、彼らの発言が会議を前に進めてくれるということを認識させてください。新入社員が恥ずかしさを克服するのは難しいですので、ディスカッションが行われる前に質問を募ってもよいでしょう。

 

 

 

自己主張をもって相手の境界を尊重する

 

新入社員には、今が自分の境界線を確立するのに最適な時期であることを伝えましょう。会社のプロトコルを理解した上で、従業員に自分の境界線について自由に語らせると良いでしょう。どのような調整が必要かを尋ね、会社の方針に沿うようにあなたが何かできることを見つけてみてください。

 

 

 

メモを取るように、念を押す

 

新しい仕事の場面では、誰でも圧倒されることがあります。知識が山のように押し寄せてきて、彼らは一度に吸収しなければならず、いくつかのことを忘れてしまう傾向があります。忘れないように、メモを取るようにしましょう。メモに書いてあることがわからない場合、聞くことになります。さらに、期限や人物、重要な仕事など、覚えておくべきことをすべて把握できるよう、早いうちから習慣づけておくのが賢いやり方です。

 

 

 

サポートを求めることをためらわない

 

質問に対応したり、新入社員の仕事を手伝ったりする機会があれば、必ずその旨を伝えましょう。そうすることで、新入社員はためらうよりも、より積極的にサポートを求めてくるようになります。新入社員が個人的に直接質問できるようなルートやプラットフォームをたくさん作ってあげましょう。その結果、新入社員は時間を有効に使うことができるようになるはずです。

 

現在と将来の両方に有益なツールにお金を使う

 

新入社員のために、あなたがこのキャリアで役立ったリソースのリストを提供するのもよいでしょう。これらのツールのおかげで今のポジションにいられるのは明らかですから、この知識をすぐに知ることができれば、役に立つはずです。

 

人間工学に基づいた家具は、良い投資と言えます。仕事の生産性と効率を高めることができます。また、長時間座ることによるリスクから健康を守り、日常的に働く際の筋肉痛を軽減することができます。

 

結論

 

新入社員であれば、フレンドリーで親しみやすく、好奇心旺盛であることが大切ですが、無理に接点を持とうとしないでください。自然にそうなるはずです。その人たちがあなたの友人になることを期待しないでください。ただ、できるだけプロフェッショナルな職場環境を目指してください。彼らと友達になることは、おまけのボーナスみたいなものです。

 

古株の人たちは、新入社員に対して親切で、理解力があり、親しみやすい人であってください。自分もかつて新入社員だったのだから、以前同じ境遇にあったときと同じように礼儀を尽くし、サポートしてあげましょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。