送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

仕事のパフォーマンスを向上させる健康的なオフィスでの生活習慣

5月9日
285 ビュー

健康的なオフィス習慣といえば、まず思い浮かぶのは自転車通勤や、一日の仕事を終えた後にジムに通うことでしょう。しかし、こうした習慣は持続可能なのでしょうか?1時間早く起きて、汗だくで疲れ果てて会社に行くなんて、本当にできるのでしょうか?私たちはそうは思いません。

 

健康的なオフィス習慣は、困難で面倒なものではありません。過度な運動や、普通の食事が欲しくなるようなダイエットをしなくても、オフィスでのライフスタイルを変える方法はたくさんあるのです。運動、栄養、睡眠は、人生を好転させ、より健康的なライフスタイルを送るための最良の方法であることは事実ですが、極端な生活の変化を行わなくても、できることがたくさんあることを知っておいてください。

 

本当に必要なのは、健康的なオフィス習慣と一貫性だけで、あなたの人生に真の変化をもたらすことができるのです。そこで今回は、あなたの生活を一変させ、仕事のパフォーマンスを向上させる、健康的なオフィス習慣をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

 

アクティブに過ごす

 

アクティブに過ごすには、仕事が終わった後、夕方からジムに通う必要はありません。仕事中もアクティブに過ごすことができるのです。

 

奇妙に聞こえるかもしれませんが、オフィスでのエクササイズは、そのために特別な時間を確保することなく、アクティブに過ごすための素晴らしい方法なのです。オフィスでの運動エクササイズは、健康的で健康的な生活を送るために非常に効果的です。これらのエクササイズは、ジムや自宅でワークアウトする時間を確保するのに苦労している人々にとって、非常に有益であることがわかります。

 

オフィスでのエクササイズには、仕事と並行してエクササイズができるオフィス家具を導入するのも良い方法です。デスクバイクや折りたたみ式のトレッドミルなど、オフィスでのエクササイズに最適なツールがあります。FlexiSpotでお得に購入することができます。

 

十分な睡眠をとる

 

私たちは、毎晩少なくとも6時間の睡眠をとることの重要性を知っています。しかし、実際に時間通りに寝ることができている人はどれくらいいるのでしょうか?目覚めが良く、起きることができますか?それとも、眠いままでグズグズとした気分で一日を過ごしているのでしょうか?

 

ハーバード・ビジネス・レビューの調査によると、睡眠不足は仕事のパフォーマンスや生産性に悪影響を及ぼすことが分かっています。睡眠不足は、仕事上の事故の増加、欠勤の増加、非生産的な仕事のやり方にもつながります。

 

一方、良質な睡眠は健康的なライフスタイルに大きく貢献します。心臓や精神に良い影響を与えるだけでなく、体重を維持し、仕事での生産性を最大限に高めることができます。

 

十分な休息をとることは、仕事のパフォーマンスを向上させ、燃え尽き症候群を防ぐのに役立ちます。仕事中の気分も良くなり、意思決定能力も向上するため、生産性の高い1日を過ごすことができます。

 

以下は、そのためのヒントです。

 

就寝時間を決め、それを守ります。平日はもちろん、週末も同じ時間に寝起きするようにしましょう。

 

寝室は涼しく快適な温度にして、ぐっすり眠れるようにしましょう。

 

就寝の1時間前までにスマホをしまい、照明を暗くします。

 

午後1時以降はカフェイン入りの飲み物を避け、アルコールを飲んだら少なくとも1時間後以上あけてから眠ります。

 

 

 

健康的な姿勢で座る

 

まっすぐな姿勢で座ることは、オフィスで最も重要な習慣のひとつです。背筋を伸ばしたまま、前かがみになったり、曲げすぎたりしないように注意しましょう。さらに、肩を前に出したり、腰を反らしたりしないように注意しましょう。手首はオフィスチェアのアームレストにまっすぐつけ、コンピューター画面は目線の高さに合わせます。

 

これはニュートラル・ワーク・ポジションと呼ばれるもので、関節や筋肉の自然な位置を尊重するものです。この姿勢を保つことで、バランスの取れた状態を維持できます。筋肉に過度な負担がかからず、基本的な仕事をこなすために筋肉を伸ばしすぎることもありません。

 

一日中正しい姿勢で仕事をするための最善の方法は、FlexiSpotの人間工学に基づいた家具に投資することです。FlexiSpotは、あなたのオフィスニーズに完璧に応える革新的なデザインの家具を特別に提供しています。サマーセールでは、様々なオフィス用品が35%オフで購入できます。

 

体の疲れを防ぐために休憩を取る

 

仕事における90分ルールをご存じでしょうか。

 

90分ルールとは、あるタスクに90分間、気を散らすことなく取り組み、その後、肉体的・精神的にそのタスクから離れることで小さな休憩を取ることです。つまり、集中力と注意力のすべてを目の前のタスクから離し、代わりに別の場所で時間を過ごすということです。近くのデリで軽食をとったり、同僚と交流したりするのもいいでしょう。

 

休憩が終わったら、すぐに仕事に戻れます。休憩が終わると、再び仕事に集中できるようになります。このルールを守れば、仕事のパフォーマンスを向上させ、より生産的な1日を過ごすことができるのです。

 

背中や肩への過度な負担を防ぐには、FlexiSpotのコムハーオールインワンスタンディングデスクを購入するのも良い方法です。スタンディングデスクは、座って仕事をするか、立って仕事をするかを選択できるため、二つの動きで仕事をすることができます。そのため、自分の体がどのように快適に感じるかを判断し、それに合わせて作業姿勢を変えることができるのです。

 

コムハースタンディングデスクは、72センチから121センチまでの4つのプログラム可能な高さ設定にカスタマイズされた多機能デスクです。作業する際に好みの高さを簡単に選択でき、それに合わせてオフィスチェアを調整することができます。座っている時と立っている時の切り替えも、ボタンを押すだけで非常にスムーズです。

 

デスクは、オフィスのスペースを最小限に抑えながら、必要なものを収納できる広々としたスペースを確保できるよう設計されています。さらに、天板には安全性と耐久性を高めるため、エッジを丸めた強化ガラスを採用しています。

 

 

 

お弁当

 

オフィスで昼食をとるとき、外食するのはとても魅力的ですが、これは最も良くない食生活の1つです。なぜなら、私たちは仕事中に最も安くて早い食事を注文したくなり、そうすると少なくとも週に3回はファーストフードを食べることになるからです。

 

研究によると、食べ物は日常的に私たちの認知パフォーマンスに大きな影響を与えるそうです。メールの返信や会議の議事録作成、キャンペーンの準備などに追われる中、食事は私たちを支えてくれる燃料です。もし、あなたの体が適切な燃料を得ていないなら、パフォーマンスが低下するのは当然です。

 

仕事中の食事に気を配るには、前日の夜にお弁当を作るのが一番です。1週間分の食事計画を効果的に立てることで、これを実現することができます。毎日の昼食に何を食べるかを意識し、摂取カロリーも把握することができます。

 

カフェイン入りの飲み物を控える

 

仕事中、午後になると、ついついコーヒーに手が伸びてしまうという経験はありませんか?また、自動販売機で甘い飲み物やスナック菓子を買えば、エネルギー補給ができると考える人もいます。しかし、砂糖やカフェイン入りの飲み物は、短時間のエネルギー補給にしかならず、長期的には気分を悪くする可能性があります。

 

カフェインの大量摂取は、不安感や緊張感の増大と密接に関係しています。睡眠を台無しにし、安眠の邪魔をすることもあります。また、カフェインの摂取量を1日400mgに抑えると、体内での栄養の吸収がよくなります。

 

 

 

仕事をやめるタイミングを知る

 

最後に、パソコンの電源を切り、その日の仕事を切り上げるタイミングを見極めましょう。重要なプロジェクトや締め切りが迫ってくると、ついつい残業や徹夜をしてしまうことがあります。しかし、体を休め、翌朝に備えれば、時間をかけなくても多くのことを成し遂げることができます。

 

心身を酷使してまで仕事をしようとすると、かえってうまくいきません。なので、仕事を中断するタイミングを見極めることが大切です。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。