送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

オフィスインテリアの基本的なチェックリスト

1月11日
386 ビュー

世界人口の半数以上が、毎日職場と自宅を行き来しています。在宅勤務が流行っても、職場が第二の家であることに変わりはありません。

 

したがって、退屈を最小限に抑え、従業員の効率レベルを最大化するような方法で、ワークスペースを装飾し、配置することが重要です。一方、それは勤務形態が単調でない場合にのみ可能です。

 

もし、あなたのオフィスのインテリアデザインが水準以下であれば、この記事で紹介する最も刺激的で効果的なヒントを活用する絶好の機会でしょう。

 

それは多くのオフィスワーカーにとって驚くべきことではありませんが、あなたのワークステーションのインテリアデザインの質は、あなたが一日のタスクのために設定することで生産性に影響を与えます。

 

そこで、この完全ガイドでは、基本的なチェックリストと、あなたのオフィスが見逃してはならないクリエイティブなインテリアのアイデアを紹介します。

 

オフィスデザインのためのチェックリスト

 

基本的なチェックリストに入る前に、なぜオフィスのインテリアデザインを変えるのか、そして一日の終わりに何を達成していたいのかを明確にしておく必要があります。

 

その上で、スペースを一新する方法を紹介しながら、心に留めておくべき核となる目標をいくつか挙げてみましょう。

 

ワークスペースに来るゲストに魅力的で持続的な印象を与える。

 

雇用者として、従業員の効率を高めるスペースをつくる。

 

従業員にとって統一感のある、親しみやすい環境をデザインする。

 

あなたのニーズとインスピレーションに応じた他の目標は、ここに従うことができます。

 

これらは、オフィスのインテリアデザインのための重要なチェックリストであり、あなたが計画自体へと掘り下げる前に、それらを評価し、それらを達成する方法を投影する必要があります。

 

 

刺激的で使い勝手のよい職場

 


職場は常にポジティブなエネルギーとモチベーションに満ちている必要があります。そのためには、「もっと仕事をしたい」、「生産性を上げたい」と思わせるようなアイテムに囲まれることが必要です。

 

また、モチベーションは必ずしも大きな仕事、多忙な仕事のためだけではありません。頭を使わず、スムーズに仕事をこなすためでもあるのです。

 

そのためには、オフィスの小物類との相性も考えて、明るく生き生きとした配色を選ぶのが手っ取り早いでしょう。

 

色彩は、完璧に組み合わされたとき、魔法にかかるのです。また、現代的なオフィスレイアウトを目指すのであれば、他の従業員との調和を図ることも大切です。

 

人間関係を良好にすることは、健康的な生活を送るための刺激となるのです。

 

快適な家具

 


次に、理想的な家具やホームアクセサリーを使用することで、適切なインテリアオフィスデザインを構築することができます。つまり、すべての家具は人間工学に基づいたものでなければなりません。

 

たとえ座りっぱなしの仕事であっても、一日中快適に過ごせるようにするためです。

 

人間工学に基づいたオフィスチェア、高さ調節が可能なスタンディングデスク、LEDデスクランプ、収納ユニット、デスクアクセサリーなどが必須アイテムです。これらによって、すべての勤務時間がいかに快適になるかが決まるため、間違いなく最も重要なチェックリストと言えるでしょう。

 

たとえ無駄を省きたいとしても、人間工学的なサポートがない家具を選ぶことは得策ではありません。それよりも、全身をサポートし、健康的な座り心地を実現する家具に、一生に一度の投資をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

自然光

 


刺激的でユーザー主導型のワークステーションには、部屋の良い雰囲気を十分に盛り上げるための適切な照明が必要です。だから、ワークスペースにはできるだけ自然光が入るようにする必要があります。

 

そして、もしあなたが雇用者なら、ここにあなたのオフィスに欠けてはならない要件があります。刺激的なオフィスは、適切な換気、暖かさ、照明によって、ワーカーが効率的に過ごす速度を加速させるからです。

 

技術の進歩のおかげで、床から天井までの大きな窓が市場で購入可能です。自分自身や他の従業員のために、魅力的でモチベーションの上がるワークスペースを作るため、それらに投資することも良いでしょう。

 

さらに言えば、自然光は従業員の気分や健康全般に絶大な効果があることが医学的に証明されています。ですから、十分な自然光を取り入れましょう。

 

 

 


地球温暖化や環境の悪化に伴い、緑は現代のワークスペースに欠かせない要素のひとつとなっています。

 

では、どうすればいいのでしょうか?ワークステーションに植物を取り入れればいいのです。このアイデアは、ストレスを最小限に抑え、気分を再活性化するのに役立ちます。あなたのデスクにある植物を見た他の従業員も、精神的に楽になるはずです。

 

これは、植物が人間の脳に与える不思議な影響によるもので、活気を押し上げ、脳から体の他の部分に流れるようにポジティブなホルモンを分泌させるのだそうです。

 

ですから、私たちは、植物を加えるだけで、優れたワークステーションを構築することを優先するよう、強くお勧めしています。

 

 

オフィスのインテリアレイアウトの5つのヒント

 


オフィスのインテリアレイアウトハックは、全面的に変更する必要はありません。むしろ、あちこちに変化をつけることで、印象が鮮やかになります。

 

例えば、座席の配置を変える、既存の配色を変える、オフィスに必要な小物を追加する、などです。小さな変化が大切です。

 

とはいえ、予算が許す限り、大規模な改装をするのも一案です。結局のところ、魅力的なオフィスレイアウトをデザインすることの意義は、結果を最大限に引き出すことなのです。

 

さて、ここでは、あまり時間がかからず、非常に働きやすいと証明された5つの素晴らしいインテリアオフィスデザインを集めました。

 

ライブラリーアーカイブ

 


ライブラリーアーカイブのデザインは、生産性のレベルを高く維持するために、静けさの一定レベルを持つ必要がある場合に、最適です。

 

また、不要なものや気晴らしを排除したいオフィス空間にも最適です。そして、どんなオフィスでも、従業員が勤務時間中に気が散ってしまうことを望んでいないと私たちは信じています。

 

ライブラリーアーカイブの特長は、一度に多くのストレージユニットを使用できることです。多くの収納スペースを確保することは、健全なオフィスレイアウトの唯一の決定要因であると確信しているからです。

 

また、落ち着いたクラシックな色調を取り入れ、グループ用のキュービクルを個々のスペースに分離して、ワークモードを維持することも可能です。

 

新進の空間

 


カジュアルでアーティスティックな外観をデザインすることで、簡単に新進の空間を作り出すことができます。これは多くのオフィスワーカーが思考しやすく、健康的な仕事習慣を促進するスペースを切実に必要としているという論理で成り立っています。

 

そのため、可動式のラップトップデスク、カウチ、コーヒーテーブル、ビーンバッグ、リクライニングシートなど、仕事中の柔軟性を向上させるオフィスアクセサリーを持ち込むとよいでしょう。

 

上記のパラグラフから、新進の空間が考慮すべき主要なファクターは柔軟性と移動のしやすさであることがわかります。そのため、ラップトップやタブレット、ファイルなどのデバイス用に、拡張可能なサーフェスを迷わず取り入れるべきでしょう。

 

アブレイズオフィスデザイン

 


このようなオフィスデザインの変更で予算が合わないということで考え直したことはありませんか?アブレイズオフィスデザインは、そんなあなたのために用意された、もうひとつの「おいしい」セットアップです。

 

精神的にリフレッシュできるワークスペースを実現するために、多額の投資をする必要はありません。LEDランプや電球をすべて消し、自然光を取り入れるだけでいいのです。

 

そう、とてもシンプルです。部分的に空いたスペースと窓があれば、自然光は簡単に部屋の中に入ってきて、刺激的な環境と普遍的な温かさを与えてくれるでしょう。

 

コンテンポラリーなワークスペース

 


プロジェクトデザインやマネジメントに関わる仕事をしている人におすすめです。ピッチングなど、ビジネスの関わりを自由にする文化に共鳴します。

また、現代的なワークスペースは、十分なミーティングスペースを補助するような形で構築することができます。より実用的にするために、アイデアバンクやワイプボードを置くとよいでしょう。また、半オープンのミーティングやイベントも可能です。

 

そして何より、社員同士が意見を出し合うことで、アイデアの流れがスムーズになります。

 

ニューススタジオ

 


このインテリアデザインは、会議やディスカッションのために共有スペースやコラボレーションスペースを使用する企業や団体に適しています。このような複数のミーティングやディスカッションのために、常に会議室が使えるという保証はないので、ニューススタジオはより革新的な代替案と言えるでしょう。

 

ワークフローを維持し、グループキューブや仕切りが必要ないほど時間をかけずにセットアップすることができます。一方、スタンディングデスクが会議室と同じように配置されていますが、快適なシーティングの構成には影響しないことに注意が必要です。

 

結論

 


オフィスやホームオフィスのインテリアをスタイリッシュに演出するために、押さえておきたいポイントがいくつかあります。1つ目のポイントは、自分の生き方や考え方など、自分が大切にしていることに共鳴するインテリアデザインをすることです。

 

次に、オフィスのレイアウトは、仕事をする際にオフィスのテーブルと椅子に座るたびにモチベーションが高まり、アクティブな気分になれるような統一感が必要です。

 

そして最後に、オフィスのインテリアは保守的であればあるほど、クライアントやそのスペースに来る誰からも評価される空間となります。

 

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。