送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

よくある質問:オフィスにおける人間工学でパフォーマンスを上げる

7月14日
3071 ビュー

オフィスにおける人間工学が話題になるにつれ、これまであまり知らなかった多くの人々が、もっと知りたいと思うようになりました。オフィスにおける人間工学とは何か、どのようにしたら人間工学に基づいた職場作りができるのか、さらには人間工学がどのようにパフォーマンスの向上に役立つのか、知りたいことは山ほどあるはずです。

 

このような疑問に対する答えをお探しでしたら、このサイトをご覧ください。本日は、人間工学に関連するあらゆる疑問にお答えし、従業員のために正しい選択ができるようお手伝いします。

 1. オフィスにおける人間工学とは?

オフィスにおける人間工学は人々が職場で使う道具とどのように関わっているかを中心に考えます。人々がどのように仕事道具を使うかを理解できれば、それに応じてワークプレイスの設計を最適化することができます。そうすれば、従業員にとってより安全で、より効率的に仕事ができるスペースになります。オフィスにおける人間工学はすべての従業員にとって快適なワークプレイスを実現することに焦点をあてています。

 

2. 優れた人間工学は従業員の生産性にどのような影響を与えますか?

 

優れたオフィスにおける人間工学は従業員の生産性に良い影響を与えます。社員が快適な環境で仕事をすれば、疲れを感じることもありません。その結果、生産性が向上し、ミスを減らすことができます。

 

3. 劣悪な人間工学は従業員にどのような影響を与えますか?

 

人間工学の考え方が悪いと、人間にとって非常に有害です。人間工学の考え方が悪いと、一日ではその結果がわからないかもしれません。その兆候と結果はある期間にわたって表面化し始めます。人間工学的に悪いとは、間違った座り方、悪い照明、間違った事務機器の使い方を意味します。職場の人間工学が悪いというのは、家具が人間工学的でない、オフィスの照明が適切でない、従業員が使っているオフィス機器や道具が人間工学的でない、あるいは従業員が正しく使っていないことを意味するのです。

 

人間工学の考え方が悪いと、さまざまな形で従業員に害を及ぼす可能性があります。

 

筋骨格系障害(MSD)のリスク増加

 

劣悪な人間工学がもたらす最大のリスクのひとつがMSDです。長時間、正しくない姿勢で座っていると、筋肉や腱、関連する筋組織に影響を及ぼします。専門家が言うように、「座ることは新たな喫煙」です。間違った姿勢で長時間座って仕事をしていると、筋肉は常にストレスを受けている状態になります。筋肉に不必要なストレスがかかると、筋肉が疲労してしまいます。筋肉が疲労した状態が長く続くと、座ることがより苦痛になります。姿勢を正さない限り、筋肉へのダメージは悪化し、深刻な筋骨格系の合併症につながるのです。人間工学の不備が原因で起こる一般的なMSDには手根管症候群や腱鞘炎などがあります。

 

腰痛

 

腰の痛みは人間工学の考え方が悪いために起こる最も一般的な結果のひとつです。間違った姿勢は腰に過度の負担をかけ、腰痛の原因になります。背中の筋肉や神経は、間違った姿勢によって常に圧迫されており、そのうちに矯正しないと、慢性的な腰痛や坐骨神経痛などの神経痛になる危険性があります。

 

首と肩の痛み

 

コンピュータの画面を見るために首を下げたり上げたりしなければならないのなら、人間工学的に劣悪な環境で仕事をしていることになり、何か対策を講じなければなりません。首の上げ下げはコンピュータの画面が目の高さにないときだけすればよいのです。首を伸ばしたり曲げたりすると、首に負担がかかります。筋肉や腱が必要以上に引き伸ばされ、首や肩に痛みを感じるようになります。

 

頭痛と偏頭痛

 

人間工学に基づいたオフィス環境を実現するもうひとつの要素が照明の悪さです。オフィスの照明が明るすぎたり、明るすぎたりすると、目に過度の負担がかかり、これが一日中パソコンを使う人の頭痛や偏頭痛の最も一般的な原因の1つとなっています。また頭痛や偏頭痛を訴える人が多い理由として、コンピューターの画面からのまぶしさがあります。これを問題視する雇用主はあまりいませんが、コンピュータの画面から出る光は直接目に降り注ぎます。これは頭痛の原因になるだけでなく、長い目で見れば視力の低下にもつながります。

 

トリガーフィンガー

 

タイピングや物をつかむなど、仕事中に指を酷使していると、指の腱に炎症が起こり、わずかな指の動きで非常に痛みを感じるトリガーフィンガーになる危険性が高くなります。

 

このように人間工学の考え方が悪いと、従業員にさまざまな影響を及ぼします。

 

4. 劣悪なオフィスにおける人間工学に関連するリスクは軽減できますか?

 

もちろんです。劣悪な人間工学の結果で従業員が苦しむ可能性を減らすことができます。オフィス空間を一新し、人間工学に基づいた機能をすべて取り入れることで、人間工学的にやさしいオフィスとすることができるのです。オフィスにおける人間工学を改善し、従業員のリスクを軽減する方法には以下のようなものがあります。

 

人間工学に基づいたオフィス用品に投資する

 

劣悪な人間工学による健康リスクを減らす最も効果的な方法のひとつは人間工学に基づいた家具やオフィス機器への投資です。人間工学に基づいたワークステーションとして、シットスタンドデスク、人間工学に基づいた椅子、人間工学に基づいたキーボードやマウス、調節可能なモニターアームなどが挙げられます。これにより、従業員は自分の快適さに応じてテーブルと椅子の高さを調整し、コンピュータ画面の高さを自分の目の高さに合わせることができるようになります。人間工学に基づいたキーボードとマウスは手根管症候群のようなMSDやトリガーフィンガーのようなリスクを軽減することができます。

 

オフィス照明の改善

 

オフィスの照明が明るすぎる、あるいは小さすぎるなら、そろそろ変えてみてはいかがでしょうか。オフィスの照明は快適な明るさを保つのに十分な明るさが必要です。明るすぎたり、暗すぎたりすると、目に過度の負担がかかり、頭痛や視力低下の原因になります。

 

スクリーンシールドの設置

 

コンピュータ画面のまぶしさは明るいオフィスの照明と同じように目に負担をかけますが、明るいコンピュータ画面からの負担は目に直接降り注ぐため、より悪い影響を与えます。コンピュータの画面からのまぶしさを軽減する一つの方法は従業員全員にスクリーンシールドを設置してまぶしさを軽減することです。

 

5. オフィスにおける人間工学の改善は仕事でのパフォーマンスをどのように改善するのでしょうか?

 

オフィスにおける人間工学の向上は仕事におけるパフォーマンスを向上させます。社員が快適に仕事をすることで、より仕事に集中できるようになります。より注意深く仕事をすることで、ミスの可能性が大幅に減り、仕事の質も向上します。

 

オフィスにおける人間工学の向上が成果を上げるもう一つの方法は従業員の身体的負担を軽減することです。疲れがたまっていると、仕事を終わらせることだけが目的になってしまいます。早く家に帰ってベッドに横になりたいので、質の高い仕事をすることは優先されないでしょう。しかし、人間工学に基づいた快適なチェアに座ると、体の曲線にフィットして体がしっかりと支えられるため、リフレッシュして活動的になり、より効率的に仕事をこなすことができるようになります。仕事に集中し、それが結果に反映されるのです。

 

人間工学に基づいた職場環境を提供すれば、従業員が休みを申請する可能性も低くなります。離職率が下がるので、従業員の欠勤によって会社が負担しなければならない損失が減ります。また従業員が疲れ切っていなければ、オフィス内を動き回り、仲間に挨拶することも多くなります。社員同士の交流が深まり、ワークフローがより円滑になります。これらのことはより短い時間でより高い品質の仕事を期待できることを意味しています。

 

6. オフィスの人間工学を改善するのに最適な人間工学製品とは?

 

従業員の生産性と効率を向上させるのに役立つ人間工学的製品をたくさん見つけることができます。いくつか例を挙げると、以下のようになります。

 

シットスタンドワークステーション


長時間座りっぱなしでいることのリスクはたくさんあります。長時間座りっぱなしのリスクを克服するために最適な製品の一つが座る・立つを交互に繰り返すことで長時間同じ姿勢でいないようにするシットスタンドワークステーションです。カナバンブースタンディングデスクのようなスタンディングデスクは雇用主が投資する人間工学的家具の中で最も一般的なものです。これは幅広い調整機能を備えているためで、すべての従業員の快適さのニーズを満たす最も汎用性の高いテーブルの1つとなっています。

 

人間工学チェア

 

人間工学に基づいた製品として、もう一つ投資価値があるのが人間工学チェアです。椅子の高さを調節できるだけでなく、体のラインに合わせて座面を傾斜させることができます。また人間工学に基づいたチェアは背中全体をしっかりと支えてくれる優れたバックサポート機能を備えています。人間工学に基づいたチェアはアームレストの調節も可能で、最高のワークエクスペリエンスをユーザーに提供します。

 

人間工学のキーボードとマウス

 

オフィスでの必需品です。人間工学に基づいたキーボードは両手が適切な角度と距離になるように特別に設計されています。また手首をサポートする機能も備えています。人間工学マウスは手首や指への負担を軽減するために、ソフトで敏感な最小限のボタンで、無理に動かす必要がないように設計されています。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。