送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

職場での仮眠は生産性を上げるのか?

2月27日
387 ビュー

通常の勤務では、恒常的な睡眠に対するプレッシャーの上昇と概日リズムによる覚醒信号との間に不均衡が生じ、疲労感の増大と覚醒度の低下を招きます。このことは、他の精神的・感情的な指標と組み合わさり、生産性を低下させる原因となります。

 

生産性を高めるために、企業は従業員に定期的な仮眠をするように奨励すべきです。生産性の高い労働者は、会社や私生活でより多くのことを達成するための時間を持つことができます。

 

しかし、多くの人は仕事中に仮眠をとることに嫌悪感を抱いています。

 

 

 

職場での仮眠は生産性を高めるか?

 

勤務中の仮眠は悪いことのように思われるかもしれませんが、生産性とパフォーマンスを高めることができます。

 

米国国立睡眠研究所は、30分以内の短い仮眠でも覚醒度とパフォーマンスが向上し、ミスや事故の可能性が減少することを明らかにしています。短時間の休息を取ると、集中力と生産性が向上するのです。

 

昼寝はコルチゾールレベル(血糖値を上げることで知られるホルモンの一種)を下げ、ストレスや落胆感を軽減するため、健康にも良い影響を与えます。

 

仮眠の時間は重要です。30分以上まどろむと睡眠慣性が起こり、疲れやだるさを感じるようになります。では、仮眠で生産性を上げることは可能でしょうか?

 

日中に少し仮眠をとることで、以下のようなメリットがあります。

 

斬新で革新的な問題解決能力の向上

 

パワー・スリープは、思考をリフレッシュさせ、複雑な問題に対する最適な解決策を見出すのに役立ちます。

 

論理的な思考力の向上

 

20分のパワー・スリープは、もうひとつの効果をもたらします。問題解決能力を高めることができるのです。

 

学習効果

 

新しいことを学ぼうとするとき、パワー・スリープを活用すると良いでしょう。短時間の仮眠で、新しい概念を身につけ、重要な情報をより早く取り入れることができます

 

家にいる間にも、このような効果があり、生産性を高めることができます。午後の仮眠でストレスレベルを下げれば、生産性の向上につながります。

 

ストレスがかかると、コルチゾールとアドレナリンというストレスホルモンが増加し、それに伴って認知能力が低下します。

 

一日を過ごすのに十分なスタミナがあれば、ミスを少なくし、戻ってやり直すことを避けられるので、より多くのことを達成できるかもしれません。

 

日中に十分な睡眠をとるか、仮眠をとることで、目覚めがよくなり、全身の疲労を最小限に抑え、より快適でフレンドリーな仕事ができるようになるかもしれません。

 

エネルギーがあれば、性格のくらいやつになる可能性は低くなり、同僚との仕事における生産性も高まります。チームで仕事をする場合、このメリットは貴重かもしれません。

 

仮眠をとることは、ほとんどの人にとって不可能です。メールをチェックしたり、一日の予定を立てたりしているときに、デスク以外の場所で昼食をとる時間があればラッキーだと思います。

 

しかし、少しの仮眠のメリットは多く、多岐にわたります。それらを利用することで、生産性の向上、健康増進、生活の質の向上など、いくつかのメリットがあります。

 

 

 

睡眠は仕事の生産性にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

最高のパフォーマンスを発揮するために、睡眠協会は十分な睡眠をとることを推奨しています。十分な睡眠が仕事の能力に与える影響については、次のようなものがあります

 

集中力、注意力の向上

 

マイクロスリープの減少

 

ミスの減少

 

レスポンス速度の向上

 

仕事中のストレスや怒りの軽減

 

 

 

仮眠は個人にも会社にも良い影響を与えます。

 

仮眠をとらせることで、仕事の効率を上げ、健康状態を向上させ、事故の可能性を低くできるという斬新な方法です。

 

また、CSRの観点からも、企業のブランディングにつながる可能性があります。既成概念にとらわれない発想は、すでに仮眠に取り組んでいる「外部の人」によって取り入れられることがあります。

 

会議室を予約する以外に、自動車やラウンジで瞑想するふりをする人もいます。仮眠の効用に着目し、10〜20分程度の仮眠をゆっくり取れる空間を頻繁に提供することができれば、企業にとって理想的です。

 

そこで、深い眠りから目覚めたときに体がだるくならないように、30分以内の短い休憩仮眠は一般的に「パワーナップ」と呼ばれています。

 

 

 

パワーナップ:生産性向上のために流行中

 

睡眠をとることは、特に外見を重視する欧米諸国では、かなりの社会的スティグマ(汚名挽回)となっています。

 

イタリア、ギリシャ、スペインでは、昼下がりの休憩はリポーゾ、メシメリ、シエスタと呼ばれることが多いです。日本では、いつでもどこでも眠ることが仕事へのコミットメントの証とされ、燃え尽き症候群や疲労との境界線が曖昧な行動とされている。

 

日中、何人かの日本人の役員は、睡眠ポッドを使って仮眠をとっています。しかし、多くの場合、仮眠は選択肢にはなりません。多くの職場では、これを行う場所を見つけることができないのです。

 

パワー・スリープをコーヒーで代用することもできます。それでも、Facebookなどのソーシャルメディアをスクロールすることで、無意識のうちに、精神を再集中させることができるのです。

 

人は超人ではありませんので、集中したり気が散ったりする能力が生産性の高さを左右するのです。また、ウェブを閲覧するときと睡眠をとるときに一時停止することのメリットは同じではないことも知っておく必要があります。

 

 

 

日中に最適なパワーナップをとるには?

 

仕事のストレスレベルを下げ、アウトプットを増やすために、パワーナップを取ることを検討しましょう。日中に仮眠を取るというアイデアは誰にでも当てはまるわけではなく、個人によっては午後の時間帯に眠るのが難しいという人もいます。

 

仮眠に最適な時間は午後2時から3時の間です。

 

タイマーを設定する

 

30分以上の仮眠すると、疲れやだるさで目が覚め、夜眠れなくなることがあります。

 

気が散るものを減らす

 

電子機器の電源を切り、静かな環境で仮眠をとりましょう。15分の睡眠を確保するために、耳栓が必要な場合もあります。

 

カフェインの摂取は最低限にする

 

昼食後のリラックスタイムには、エナジードリンクやコーヒーの摂取を控えましょう。寝つきを良くするためには、寝る直前にカフェインを摂取するのが効果的です。

 

リラックスする時間を持つ

 

デスクやオフィスチェアで眠るのに飽きたら、オフィスソファで頭の下にクッションを敷いて寝てみましょう。ベッドサイドの適切なサポートと、安眠につながる温度管理が必要です。

 

部屋を薄暗くする

 

パワー・スリープは、光が強すぎると難しくなります。電気を消して、ブラインドを閉め、仮眠ができる程度の暗さにしましょう。

 

頭で考えたことをアウトプットする

 

パワー・スリープは、できるだけストレスを感じないようにしましょう。タイマーを15分、20分とセットし、この時間は自分のために確保した時間だと自分に言い聞かせましょう。

 

その日の残りの時間は、他の問題ややり残したことを処理するために使うのです。

 

コンピュータをゆっくり再起動する

 

仮眠した後、無気力になる人がいます。特に、調子が悪いと感じたら、ゆっくり時間をかけて、自分の状態を確認しましょう。

 

腕や太ももをさすり、冷たい水を顔にかけるなどして、体を元に戻すとよいでしょう。そうすれば、今日一日を元気に過ごすことができるはずです。

 

長時間の睡眠は禁物

 

仮眠をとると、夜の眠りが浅くなることがあります。しかし、昼間の過度な仮眠は、夜の睡眠を妨げ、不眠症の原因となります。

 

仮眠は30分以内に済ませ、午後3時までに済ませましょう。

 

まとめ

 

「仕事中の仮眠は生産性を上げるのか」というあなたの切実な疑問にお答えできたでしょうか。パワーナップは脳の働きを良くしますが、長時間とってしまうと睡眠が妨げられるかもしれません。

 

睡眠をとることで気分が高揚し、同僚や顧客など、他の人との関わり方にも良い影響があることがあります。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。