送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

コンピュータに関連する怪我とその予防法

5月26日
245 ビュー

コンピュータは私たちの生活の一部となり、コンピュータのない生活を想像することは不可能となりました。コンピュータは、私たちの仕事をより速く、より効率的にしてくれる一方で、エンターテイメントや、どこにいても他の人とつながっていられる方法も提供してくれます。しかし、この便利さには代償がつきものです。

コンピュータ関連の怪我はよくあることですが、初期症状が軽いため、人々はそれを無視しがちです。しかし、このような怪我を放置しておくと、将来的に深刻な問題を引き起こす可能性があります。それでは、一般的なコンピュータ関連の怪我について見てみましょう。


筋膜性疼痛症候群

MPS(筋膜性疼痛症候群)は、コンピュータを使う人やデスクワークの人に影響を与える可能性のある慢性疼痛疾患です。筋肉組織にあるトリガーポイントによって引き起こされ、全身に痛みをもたらすことがあります。このトリガーポイントとは、血行不良により筋肉に十分な酸素が供給されないときにできる、筋繊維が収縮した小さな結び目です。信じられないほどの痛みを伴うこともあり、疲労感やこわばり、寝つきの悪さなどの症状を引き起こすことも少なくありません。

コンピュータの前で長時間過ごすデスクワークの方にとって、MPSは避けられないと感じるかもしれません。しかし、予防する方法はあります。1日を通じて、(数分間でも)ストレッチをすることで、筋肉が硬くなったり縮んだりしないようにすることができます。また、こまめに休憩を取り、体を動かして血流を良くすることも重要です。最後に、コンピュータの設定を人間工学的に正しいものにすることで、MPSを発症する可能性を低くすることができます。


腱鞘炎

腱鞘炎は、「キーボード肘」や「マウスショルダー」とも呼ばれ、繰り返しの動作により腕や肩の腱を酷使することで起こります。腱鞘炎は、毎年何百万人ものコンピュータユーザーに影響を与え、患部の腫れ、硬さ、圧痛などの痛みを与えます。

腱鞘炎の最も一般的な症状は、タイピングやマウスをクリックしたときに関節の周囲が熱くなる感覚です。腱鞘炎を放置しておくと、筋肉や関節に長期的なダメージを与える可能性があります。

しかし、腱鞘炎になるリスクを減らすために、いくつかの簡単な予防策があります。

1日を通じて、定期的に休憩を取る

椅子や机を調節して、正しい姿勢を保つ

タイピング時にリストレストを使用する

定期的に筋肉を伸ばしたり、マッサージをする

腱鞘炎の兆候が見られたら、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。

後頚椎背部症候群

PCDS(別名:コンピュータバック)は、コンピュータに長時間座っていることで起こる一般的な症状です。首と肩が痛くなり、神経が圧迫され、緊張します。症状としては、首、背中、肩のコリやハリ、肩甲骨の周りや腕、指への放散痛があります。

また、肩甲骨の周りや腕、指への放散痛もあります。コンピュータバックの人は、不快感や痛みなしに頭を自由に動かすことができないことがよくあります。放置しておくと、数週間から数ヶ月続く慢性的な痛みにつながることもあります。

幸いにも、PCSDを予防する方法はあります。例えば、コンピュータステーションに座っているときは定期的に休憩をとり、椅子が適切に調整され、ランバーサポートがしっかりしていることを確認してください。

滑膜炎

滑膜炎は、関節を覆っている薄い組織の層である滑膜に影響を与える疾患です。この疾患の最も一般的な症状は、患部の関節の腫れ、痛み、こわばりです。膝や腰など体重のかかる関節に多く見られますが、体のどの関節にも起こる可能性があります。痛みや腫れのために運動が非常に制限されることもあります。その他の症状としては、患部の発赤、関節周囲の温かさ、自由に動かすことの困難さなどがあります。

滑膜炎は通常、関節リウマチや痛風などの炎症性疾患や自己免疫疾患によって引き起こされますが、外傷が原因で起こることもあります。

治療方法は、根本的な原因によって異なりますが、炎症や痛みを抑える薬物療法、運動能力を高めるための理学療法、そして場合によっては手術が必要です。滑膜炎に関連する症状がある場合、正確な診断のために医師の診察を受けることが重要です。早期治療が、患部である関節の長期的な損傷を防ぐために重要です。

滑膜炎と診断された方、またはこれらの症状がある方は、治療の選択肢について医師に相談することをお勧めします。医師は、あなたの症状を管理し、将来の合併症を最小限に抑えるための最良の方針を決定することができます。今、手を打つことで、将来にわたって関節を健康に保つことができます。


腰椎の問題

腰の問題は、デスクワーカーや、コンピュータやモバイル機器の操作で長時間座っている人によく見られます。長時間座っていると姿勢が悪くなり、腰の筋肉や椎骨に負担がかかり、痛みや不快感を感じるようになります。

腰の問題を抱える人は、歩くこと、屈むこと、まっすぐ立つことが困難であり、慢性的な痛みを感じることも少なくありません。これらの問題の多くは、弱い部分を強化し、硬い関節の柔軟性を回復するように設計された理学療法エクササイズによって対処することができます。

また、姿勢の悪さは背骨のバランスを崩し、以下のような問題を引き起こす可能性があります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨にある椎間板が正常な位置から膨らみ、近くの神経を圧迫することです。これにより、患部の痛み、不快感、しびれなどが生じます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰から始まり、臀部、脚、そして足へと放射状に広がる痛みです。筋力低下、しびれ、ピリピリとした感覚を引き起こすこともあります。坐骨神経痛は通常、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの基礎疾患による坐骨神経の炎症または刺激によって引き起こされます。

変形性関節症

変形性関節症は、背骨の椎骨を含む関節がすり減る医学的な疾患です。腰やお尻などの関節に慢性的な痛みやこわばりを生じさせることがあります。

腰椎の問題への対応

理学療法は、腰椎の問題を治療する最も一般的な方法です。運動は、弱い部分を強化し、柔軟性を高め、痛みを減少させ、姿勢を改善します。その他の治療法としては、炎症を抑え、症状を緩和するための薬物や注射を行うこともあります。他の治療法に反応しない重症の場合、手術することもあります。

最良の結果を得るためには、一貫した治療を行い、医師の勧告に従うことが重要です。

良い姿勢を保ち、定期的に休憩を取り、健康的な食事をとるなどライフスタイルを変えることで、腰椎の問題を予防、軽減することができます。

ワークステーション・エルゴノミクスでコンピュータ関連の怪我を予防する

デスクワークの方は、1日の大半をワークステーションで過ごされるため、ワークステーションを正しく設置することが重要です。以下のガイドラインに従うことで、コンピュータ関連の怪我を防ぐことができます。

キーボードを正しく配置する

キーボードは体の真正面に置き、肘の高さより少し下に置くようにします。これにより、タイピング時に快適な腕の位置を確保することができます。テンキーを別途使用する場合、キーボードの右側に配置します。

手首はなるべくまっすぐな状態でタイピングしてください。キーボードの位置が高すぎると手首が伸び、手首や前腕に負担がかかり、低すぎると手首が曲がり、上腕に負担がかかる可能性があります。

マウスについても忘れないようにしてください

マウスは、キーボードの真横に同じ高さで置くようにします。こうすることで、ニュートラルな姿勢を保つことができます。リストレストを使用することもできますが、手首はまっすぐ、前腕と一直線になるように保つ必要があります。

モニターを調整する

モニターは体の真正面、腕の長さ程度に置きます。画面の上部は、目の高さより少し下になるようにします。こうすることで、モニターを見るときに楽な姿勢を保つことができます。

また、モニターの明るさとコントラストを快適なレベルに調整する必要があります。眼鏡をかけている場合、頭上の照明や窓からの照り返しを防ぐために、画面を少し後方に傾ける必要があります。

椅子を正しく調整する

椅子は、背中をしっかりサポートするように調整されている必要があります。また、タイピングをしないときに腕や肩を快適に休めることができるように、アームレストを調整できるものがよいでしょう。また、座面の高さは、足が床やフットレストに平らになり、太ももが床と平行になるように調整する必要があります。最後に、椅子が安定しており、背もたれに寄りかかったときに動かないことを確認してください。

結論

コンピュータを使用する際に良い姿勢を保つことは、コンピュータに関連する怪我のリスクを最小限に抑えるために不可欠です。職場を正しく設計し、人間工学に基づいたオフィス家具を使用し、定期的に休憩を取ることは、コンピュータの長時間の使用に伴う一般的な痛みや苦痛を避けるために重要です。正しい姿勢を保ち、怪我をしないようにすることで、生産性を高め、快適にコンピュータを使うことができます。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。