送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

人間工学に基づいたスタンディングデスクと腰痛の緩和に関するすべて

9月17日
3260 ビュー

背中の不快感や痛みと職場は密接に関連していますが、大部分のおとなは何年もの間、ただ腰痛について不満を口にし続けているだけです。

 

坐骨神経痛のような重大な健康問題を長期に渡って持ち続けている人もいれば、回復する人もいます。いずれにしても、あなたの職場が腰痛の原因であってはいけないのです。

 

仕事によってもたらされる肉体的疲労や痛みは身体に悪いだけでなく、あなたから活力を奪い、生産性を低下させます。

 

研究者は長い間、座ることの背中への影響を調査して来ました。それにより、背中の問題に対処するための高さ調節可能な机や人間工学に基づいたスタンディングデスクが開発されたのです。

 

立ち姿勢での働き方など、より健康的な選択が出来るようになっても、未だにたくさんの人々が机のせいで引き起こされる腰痛について文句を言っています。

 

スタンディングデスクには、コレステロール値の低下や肥満のリスクの軽減、過剰な血糖値を抑えるサポートなど、多くの健康上の利点があります。とは言え、長時間ただ立ち続けていると仕事中に腰痛を引き起こす可能性もあります。

 

座り姿勢と立ち姿勢を切り替えること、スタンディングデスクを利用することでこの問題に対処できます。この記事では、スタンディングデスクが背中の問題の克服にどのように役に立つか、またその適切な使い方についてご紹介します。

 

スタンディングデスクが腰痛緩和にどのように役立つか

 

専門家が、1日に数回椅子から立ち上がってストレッチすることを勧めるのには理由があります。

 

職場でエクササイズをすることやストレッチを日課にすることは、心をリフレッシュし、椅子から立ち上がる理由にもなるため、長年に渡りますます人気になっています。

 

けれど、1日に何時間も座りっぱなしでいると、多くの人が気づいていないものの、身体に害がおよびます。

 

世界で一番快適な椅子に座っているとしても、数時間足を動かさないだけで身体が疲れ、様々な悪影響が起きるのです。

 

正しくない座り方は、私たちの姿勢を悪くするだけでなく、循環器系に混乱をもたらします。これが肥満と不健康な高血糖値の原因になるのです。

 

高さ調節可能な机が従来の机に取って代わりつつあります。また人間工学が普及することで、作業中に座り姿勢と立ち姿勢の切り替えができるようになってきています。

 

こうした機器のおかげで、肩や背中への負担を軽減しながら足を休めることもできるようになってきています。スタンディングデスクは腰痛を和らげるためにもよく利用されています。

 

けれど、スタンディングデスクが背中の不快感や痛み、その他の健康上の問題に役に立つのはどうしてなのでしょうか?ここからはその機能についてご紹介します。

 

太もものサイズ

 

太ももを支える椅子の前面のエッジ幅が指の幅よりも広くないことを確認しましょう。幅がそれ以上広い場合、不快感を引き起こし、腰痛につながる可能性があります。人間工学に基づいたスタンディングデスクには高さ調節機能が備わっていることが多く、机の高さを調節して太ももの位置を変更できます。

 

腰へのサポート

 

立ち姿勢でも座り姿勢でも、作業中に腰に余計なストレスをかけないようにしましょう。脊椎は私たちの身体の最もデリケートな部位のひとつです。長時間緊張状態に置くと、健康に深刻な影響がもたらされる可能性があります。

 

腰が常に椅子にしっかりサポートされていて、前かがみにならないことを確認しましょう。あるいは、スタンディングデスクの高さを、椅子の背もたれに背中を預けて座れる位置まで下げてください。

 

肘の位置

 

身体が適切な姿勢を取っていない時にストレスがかかりやすいのが肘です。上腕の緊張が肘にまでいたる場合があります。両肩の重さと長い間のストレスによって、首を痛める可能性もあるのです。

 

スタンディングデスクは、机本体とデスクトップの角度を90度に保つことで、肘の位置角度を修正することができます。この結果、肘にストレスがかかることがなくなります。

 

目の高さ

 

リラックスした姿勢で仕事をするために最も重要なことのひとつが目の高さです。モニターを目の高さに合わせないと、目や首に余計な負担がかかります。スタンディングデスクの高さ調節機能を使って、デスクトップを目の高さに合わせて調節できます。

 

また、立ち姿勢と座り姿勢を変える際にもこの機能を使って、デスクトップを目の高さに合わせて調節することができます。

 

スタンディングデスク

 

スタンディングデスクは決して安くない買い物です。腰痛に対処するためにスタンディングデスクを購入する前に学んでおくべきことがいくつかあります。スタンディングデスクですべての問題が解決するわけではありませんが、上手に使えばあなたの助けになる製品です。

 

FlexiSpotのような信頼がおける会社からスタンディングデスクを購入しましょう。腰痛の問題は、最先端の人間工学に基づいた機器を使うことで解決できます。

 

常に背中の痛みで苦しんでいるなら、腰をサポートするクッションや人間工学に基づいた椅子を購入することも賢明な選択です。人間工学に基づいたあらゆる製品があなたを待っているワンストップ・ショップがあるのです。

 

スタンディングデスクを設備するには

 

人間工学に基づいたスタンディングデスクを設置することは難しいことではありません。ありがたいことに、人間工学に基づいた家具は取り扱いも管理も簡単にできます。とは言え、そのコツをつかむためには何回かの試用が必要になるかも知れません。

 

特に、手動で高さを調節するスタンディングデスクや、高さ調節ができる人間工学に基づいた椅子を使用する場合には、手動による高さ調節機能システムの動かし方やメンテナンス方法を学ぶのに時間がかかる可能性もあります。

 

背中のためにスタンディングデスクを持っていても、適切に使っていないという場合は、あなたの仕事のニーズに合わせて高さを調節しましょう。前かがみや肩をすぼめた姿勢にならないように、机のサイズが適切であることを確認してください。適切であれば、目の高さがデスクトップの下、もしくは上になるようなことはないはずです。

 

デスクトップの上面に肘を適切に置くためには、モニターを腕の長さだけ離して置きます。肘を酷使すると肩に不快感が生まれるだけでなく、背中や首の筋肉に長く続く痛みが現れる可能性があります。

 

自動制御可能なスタンディングデスクの機能により、微調整も簡単にできます。

 

長時間立っていることで脚に痛みが生じる、筋肉がこわばるという場合は、抗疲労マットを使用することをお勧めします。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。