送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

現代の職場環境における屋外へのアクセスのメリット

2月22日
531 ビュー

最近のオフィスでは、屋外をデザインに取り入れることが多くなっています。これは、ワークプレイスに屋外を取り入れることの意義に、より多くの企業が気づき始めたことが主な理由です。

 

実は、9時〜5時のデスクワークの場合、私たちは屋外で過ごす時間があまりありません。オフィスにいる時間が長いため、私たちは新鮮な空気を吸い、自然と一体化する機会に恵まれていません。しかし、最近では、自然が従業員に活力を与え、生産性を向上させるということが、企業でも認識され始めています。

 

屋外で仕事をすることで、記憶力が向上し、生産性が高まり、幸福感を感じることができるのです。さらに、屋外で仕事をするメリットはこれだけではありません。そこで私たちは、屋外勤務の最も重要な利点と、屋外と屋内のバランスが取れた現代的な職場環境を作るために活用できるヒントについて、このガイドをまとめました。

 

 

 

企業がオフィスに屋外を取り入れるべき理由

 

私たちの多くは、1日の大半をコンピューターの画面を何時間も見つめながら過ごしています。しかし、そのような座りっぱなしの行動は、私たちの健康や幸福、生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。一方、仕事を屋外に持ち出せば、様々なメリットを享受することができます。太陽の光を浴びてビタミンDを無限に摂取できるだけでなく、新鮮な空気と酸素は体にとって素晴らしいものです。

 

人間は、画面の前に何時間も座っているような、座りっぱなしのライフスタイルを送るように設計されてはいません。そのため、そのような行為を続けることは、私たちの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。私たちは、屋外を歩いたり、運動したり、その他の身体的活動に従事することによって、そのような習慣から離れる必要があります。そうしないと、健康が損なわれてしまいます。

 

デスクワークで何時間も座っていると、体重が増え、糖尿病や心臓病、がんなどの危険な健康状態になる可能性があります。しかし、ウォーキングなど屋外での活動を取り入れると、これらの問題を抑制することができます。

 

 

 

屋外で仕事をするメリット

 

外出を増やすだけでなく、毎日の仕事の習慣に屋外の時間を取り入れる努力をしなければなりません。幸いなことに、多くのオフィスではすでに屋外に出やすいようにスペースを設計しなおしています。例えば、Googleは社員のパフォーマンスを向上させるために、屋外を室内に取り込むオフィス空間を作りました。

 

オフィスデザインに自然を取り入れ、屋外スペースにアクセスすることで、社員や企業が享受できる屋外での仕事の他のメリットを見てみましょう。

 

ストレスの軽減

 

勤務時間中に屋外に出て休憩をとると、たとえ小さな散歩でも、脳の中枢を刺激することになります。これは、ストレスレベルを下げ、リラックスさせるのに役立ちます。その結果、集中力が高まり、仕事への集中力が高まります。

 

その結果、従業員が目標やゴールを効率的に達成できるようになり、会社は従業員のパフォーマンス向上の恩恵を受けることができるのです。

 

エネルギー補給

 

屋外の新鮮な空気と純粋な酸素は、個人をリフレッシュさせ、明晰な思考を助けることができます。これは、多くの場合、より大きなエネルギーを提供するための燃料として働くことができます。その結果、難しい課題にも明晰な頭脳で取り組むことができるようになります。

 

目と脳を休ませる

 

何時間も画面を見続けていると、眼精疲労や頭痛、偏頭痛などの原因になりがちです。そのため、画面を離れて他のものを見て目を休ませることが大切です。屋外の景色を眺めることで、目を休ませることができます。また、脳を休ませることで、難しい課題やプロジェクトに取り組んでいるときにも有効です。

 

記憶力を高める

 

屋外で過ごす時間は、記憶力、特に短期的な記憶力を高める効果があります。そのため、オフィス内に屋外スペースを設けると、プレゼンテーションを控えている社員にとって、重要なポイントを思い出すために屋外で休憩することができ、効果的です。

 

気分転換と幸福感

 

屋外で過ごす時間は、あなたの気分に大きな影響を与えます。例えば、不安な気持ちを軽減し、気分や幸福感を高めることができます。屋外を歩いたり、ベンチに座ったり、自然を眺めたりして、気分が高揚したときに休憩を取ることができます。深呼吸をして、新鮮な空気を肺の中に取り込んでみてください。仕事中の幸福感が高まることに、きっと驚かれることでしょう。

 

環境負荷の低減

 

自然を取り入れることは、人間の役に立つだけでなく、環境にも貢献します。例えば、太陽光の近くで仕事をすれば、電気をあまり使わなくて済みます。環境負荷が軽減され、電気代も安くなります。

 

健康を維持する

 

どんな形であれ、職場に自然を取り入れることは、精神的にも肉体的にも健康を維持するのに役立ちます。例えば、太陽の光を浴びてビタミンDを摂取すれば、様々な病気を予防し、健康増進に役立ちます。また、屋外を歩いたり、目の前の風景を眺めたりすることで、デスクワークで画面の前に座りっぱなしになった腰や目を休ませることができます。

 

屋外とワークプレイスを融合させる方法

 

屋外で働くことの素晴らしいメリットがお分かりいただけたと思います。では、屋外にアクセスできるオフィスをどのようにデザインすればよいのでしょうか。ここでは、従業員が屋外を楽しみ、生産性を高め、気分を向上させるような職場環境を作る方法をいくつかご紹介します。

 

L字型のスタンディングデスクを導入する

 

屋外を見渡せる窓がすでにオフィスにいくつかある場合は、従業員用にL字型のスタンディングデスクを設置することを検討してみてはいかがでしょうか。屋外の景色を楽しみながら、健康的な立ち仕事の習慣を身につけることができます。窓のすぐ前にスタンディングデスクを設置するとよいでしょう。

 

このようなスタンディングデスクは、仕事の合間に頻繁に休憩を取ることができない従業員にとって、非常に便利です。何時間も座りっぱなしでいることによる弊害を、立ったまま仕事をすることで防ぐことができるのです。FlexiSpotのL字型スタンディングデスクは、まさにそれを可能にする優れた選択肢です。最大限の安定性、耐久性、調整機能を備えています。

 

窓を設置する

 

庭や屋外にアクセスできるオフィスは多くありません。しかし、オフィス全体に大きな窓を複数設置することで、この問題を解決することができます。これにより、日光を取り入れることができるようになり、また、画面を見ながら休憩したいときに眺めることができるようになります。

 

休憩は屋外でとる

 

すべての社員が、少なくとも1時間に1回は休憩を取ることが理想的です。休憩時間には、散歩や運動、ストレッチをするのがよいでしょう。休憩は屋外で、景色を楽しみ、新鮮な空気を吸い、画面から離れることが大切です。可能であれば、自転車や徒歩で通勤することも検討しましょう。

 

ミーティングやブレーンストーミングを屋外で行う

 

屋外は一般的に問題解決能力や認知能力を向上させます。そのため、気持ちのよい天気のときに屋外でミーティングやブレインストーミングを行うのはよいアイデアです。このような環境は、創造性を高め、より良いアイデアを生み出すのに役立ちます。また、会議中に屋外でウォーキングをすれば、エネルギーレベルも高まります。

 

オフィスに植物を置く

 

自然との触れ合いを深めるために、オフィスに植物を置くのもデザインのヒントになります。例えば、各ワークステーションに小さな観葉植物を置くのもいいアイデアです。これは、優れた美的感覚を加え、よりクリアな空気を提供します。また、目や脳を休ませたいときに眺めるオブジェとしても最適です。

 

自然素材を取り入れる

 

オフィス環境に自然を取り入れるもうひとつの方法は、木や石、あるいは水辺をオフィスに取り入れることです。これは、屋外の雰囲気を模倣し、オフィスに美的タッチを提供することができます。予算が許せば、噴水やエントランスの石垣など、様々な工夫を凝らすことができます。これらは、従業員にとってリラックスできる隠れ家として機能しながら、オフィスを本当に歓迎される空間にすることができます。

 

結論

 

新鮮な空気や日光にアクセスできない狭い室内での作業は、完全に不自然な環境であるため、個人にとっていくつかの健康上の悪影響につながる可能性があります。

 

そこで、FlexiSpotのL字型スタンディングデスクを手に入れ、鏡の前に設置し、室内植物を置くことで、職場環境に自然や屋外の要素を取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。そうすれば、驚くような効果が得られるはずです。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。