送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

デスクチェアはキャスター付きとキャスターなし、どちらがいいでしょうか?

1月12日
3489 ビュー

自宅用のデスクチェアやオフィス用のデスクチェアなど、生産性と快適性を両立させたデスクチェアは、日々の暮らしに欠かせないアイテムです。そして、その成果を左右するのが、椅子のキャスターです。キャスターのある椅子とない椅子とでは、どちらが良いのか迷うかもしれません。そのような場合、この記事が役立ちますので、心配しないでください。

 

現代の仕事環境では、ほとんどのエグゼクティブオフィスチェアは、主に合計で5個のキャスターを備えているようです。ほとんどの人に言わせれば、これらのキャスターがある理由は、それに座っている間、強固な基盤とバランスを提供します。そのおかげで、何かを取ろうとして立ち上がることなく、移動することができます。人間工学に基づいた椅子の多くは、私たちが知っている通常のオフィスチェアを最適化したものであるため、キャスターが付いています。また、背中や足、首の痛みも軽減されるため、長期的には慢性的な症状の改善にもつながる可能性があります。

 

また、キャスターのない椅子は、床が変形してしまうのが心配な方におすすめです。このタイプの椅子は、モデルのデザインや布張りの種類に関係なく、すべての厳密さとミニマリズムを好む人々に特に魅力的となっています。キャスターのない安価なデスクチェアは、あなたのオフィスでお気に入りの製品になると思いますが、すべてのあなたの要求を満たすものを見つけることは、骨が折れる作業です。この記事では、キャスター付きデスクとキャスターなしのデスクの重要性、長所、短所、そしてキャスターなしとキャスター付きチェアの比較について説明します。さっそく見ていきましょう。

 

キャスター付きのデスクチェアは、以前からあります。前述したように、キャスター付きにすることで、デスクに座ったまま移動できるようになり、生産性が向上します。椅子に座ったまま長時間同じ姿勢でいると、足を動かしたくなるにも関わらず、キャスターがないと足が止まってしまいます。キャスター付きのデスクチェアは、それを好む人が増えてきて、人気が出てきました。生産性を高めるという意味でも、キャスター付きチェアに座るのが良いです。

 

 

 

デスクチェアにおけるキャスターの重要性

 


デスクチェアにおけるキャスターの重要性、なぜキャスターがあるのか、そしてキャスターがデスクチェアに不可欠なものである理由は何なのかについて考えてみたことがあるかもしれません。その昔、チャールズ・ダーウィンは、デスクチェアにキャスターを付け、ポジションを切り替えて生産性と快適性を高めることを提案しました。

 

長時間座って過ごすには、血流を維持することが重要です。そのためには、座ったまま体を動かしたり、体勢を変えたりすることが必要です。そんなときに便利なのが、キャスター付きのチェアです。ただし、キャスター付きの重要性は、座っている時間や仕事内容によって異なります。

 

 

 

キャスター付きデスクチェアの長所と短所

 

長所

 


最近のデスクチェアは、背もたれが人間工学的に特大サイズになり、体重を支えきれなくなっているため、デスクチェアをバランスよく支え、転倒を防ぐには、移動機能を持たせることが有効です。デスクチェアにキャスターがあると便利なのは、そのためです。

 

生産性向上:キャスター付きデスクチェアは、使用する人の生産性を向上させます。長時間座っていても休憩が少なくて済み、生産性が向上します。

 

血圧の流れ:数時間以上、同じ姿勢、同じ場所に座っていると、血圧の流れを阻害する可能性があります。デスクチェアはキャスター付きなので、足を動かして座る位置を変えることができ、血流を良好に保つことができます。

 

快適性:デスクチェアは座り心地が命です。キャスター付きのデスクチェアに座れば、動きに制限を感じることなく、より快適に、よりコントロールしやすくなります。

 

短所

 


高価:キャスター付きデスクチェアは、キャスターのないものに比べて少し高価になる場合があります。あなたの予算を超えるかもしれませんが、あなたの健康が最優先事項である場合、高く感じないかもしれません。

 

キャスターの洗浄:デスクチェアにキャスターがある場合、キャスターをきれいにしておかなければなりません。キャスターの清掃は、あまり慣れない人にとっては困難または面倒かもしれません。

 

 

 

キャスターなしデスクチェアの長所と短所

 

長所

 


安価:これらの椅子の構造は、よりシンプルであり、多くの椅子の付属品や機能を必要としないので、他のオプションに比べて安価になります。あなたがデスクチェア以外の何かを予算を使いたいと思う場合、良いオプションでしょう。

 

簡単な組み立て:これらの椅子を組み立てる必要はありませんので、余分な時間が必要ありません。これらの椅子は、余分な作業を嫌う人々に適しております。

 

見た目:キャスターのないデスクチェアは、キャスター付きのデスクチェアよりも、より上品で洗練されたイメージになります。そのため、見た目で選ぶのであれば、キャスターなしの椅子から選ぶと良いでしょう。

 

短所

 


調整機能が少ない:シンプルなデザインと一次構造のため、調整機能が少ないのが特徴となっています。キャスター、フレキシブルアーム、シートチルトのないチェアはあまりないかもしれません。これらの機能は、姿勢の悪さからくる体の痛みや怪我を大幅に軽減してくれます。

 

移動性:キャスターなしのデスクチェアは、キャスターがないため、移動性を楽しむ機会がありません。そのため、背伸びして書類を取ったり、立ち上がったりすることができないのが難点です。

 

 

 

キャスターなしのデスクチェアとキャスター付きのデスクチェアの比較

 

ここまでで、デスクチェアにキャスターが付いている理由と、2つのチェアの長所と短所は理解できたと思います。しかし、キャスター付きのデスクチェアとキャスターなしのデスクチェアを比較すると、具体的に何が違うのかを知っておく必要があります。

 

メンテナンス性

 


キャスター付きのデスクチェアは、メンテナンスが少々大変です。前述したように、デスクチェアのキャスターの掃除に時間を割くことになります。しかし、キャスターなしの場合は、キャスターがない分、椅子自体の掃除に時間とお金をかけることになります。

 

携帯性

 


携帯性は、最も重要なことの一つです。キャスター付きデスクチェアの携帯性に注目すると、いかに携帯性に優れているかがわかります。しかし、頑丈なデスクチェアについて、そのベースにキャスターがない場合、キャスター付きのデスクチェアのように移動することはできません。

 

修繕費

 


キャスター付きデスクチェアの修理を考えた場合、修理代が問題になります。特にキャスターが壊れてしまった場合、費用がかかります。良いことは、これらの椅子のほとんどに保証が付与されており、破損した部品を無料で修理することができます。また、これらの椅子に使用されている材料は、損傷しずらいことも良い点です。それ故に椅子は修理を必要とせずに何年も使い続けることができます。

 

キャスターのないデスクチェアについては、高い修理費を必要としないので、修理は簡単です。キャスターがなく、他の部品は一般的なデスクチェアと同じです。

 

全体的なサポート

 


先ほど、人間工学に基づいた大きな背もたれを持つチェアは、キャスターが多いほどベースと背もたれのバランスが良いという話をしました。しかし、キャスターのないデスクチェアは、もう少しサポート力があってもいいのではないかと思います。背もたれの形状が人間工学的でないため、背中でつまずきやすくなっています。

 

最後に、キャスター付きのデスクチェアは、移動が簡単です。それとは別に、全体的な仕事の生産性を高めるのに役立ちます。したがって、専門家や個人の仕事環境に大きな影響を与えることができます。Flexispotは最高のキャスター付きデスクチェアを提供しており、ウェブサイト上でそれらを探すことができます。また、キャスター付きデスクチェアの多くは、静かに動くので、仕事にも周囲にも迷惑をかけません。

 

また、キャスター付きのデスクチェアは床が傷つくのではと心配されている方もいらっしゃると思いますが、Flexispotのキャスター付きデスクチェアはその心配はありません。Flexispotのキャスター付きチェアは、タイルやカーペット、寄木細工など、あらゆるタイプに対応するように設計されています。また、キャスター以外にも様々な機能を備えており、長時間座って仕事をする方でも怪我をする心配がありません。これらの追加機能については、Flexispotのウェブサイトをご確認頂き、様々な価格の多くのキャスター付きデスクチェアのオプションを見てみてください。

 

デスクチェアの最適なタイプを選択するとき、その使用方法を検討する必要があります。もちろん、あなたはそれに座るでしょうが、座っている間、あなたは何をするのでしょうか?あなたは、長時間座って、あなたはサポートと快適さのために椅子を調整する必要がありますか?

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。