送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

一日に活力を与える昼休みの過ごし方8

1月3日
430 ビュー

昼食は一日の中で最も重要な食事であるため、昼食は抜かないようにしましょう。昼休みの時間は休息に充てることもできますし、気力が充実していれば、仕事以外の個人的なことをすることもできます。自宅やオフィスなど、どこで仕事をしていても、デスクから離れ、落ち着いた気分で過ごすことが大切です。

 

そうすれば、昼休みの後、また新たな活力と明確な展望を持って仕事に戻り、残りの一日をやり遂げることができるはずです。

 

まず、昼休みの始まりには食事をすることです。その後、用事を済ませたり、瞑想や近所の公園で新鮮な空気を吸ったり、癒しの時間を設けるとよいでしょう。仕事から離れることで、あなたのエネルギーは驚くほど回復します。すべての仕事を終わらせる、あるいは少なくとも次の仕事の準備をするために、より意欲的な気分になれるでしょう。昼休みは、あくまでも仕事の合間に取るものであり、「生産的」である必要はないのです。

 

昼休みを最大限に活用するためのアイデアをいくつかご紹介します。

 

同僚とつながる

 

人生のこの時期には、職場で親友に出会うかもしれません。昼休みに彼らとの時間を作りましょう。パントリーや近くのレストランで食事をしながら、仕事とは関係ない楽しい話題や、仕事でみんなが興味を持っていることについて話すのもよいでしょう。職場の外で同僚と仲良くなれば、プロジェクトでの共同作業もよりシンプルになります。仕事でも遊びでも、お互いが心地よく感じられるので、仕事も楽しくなり、ストレスも減ります。

 

個人的な用事を済ませる

 

仕事以外の雑用をこなすことで、仕事に縛られることなく昼休みを有意義なものにすることができます。食料品リストの商品を購入したり、アポを取った医者の所に行ったり、請求書を払ったり、洗濯物を処理したり、ワークスペースを整理したりすることができます。昼休みの間にこれらのことを済ませておけば、勤務時間の前後にこれらのために時間を使う必要がなくなります。

 

外出する

 

昼休みに外で過ごすというのは、特に8時間のデスクワークをしている人にとっては、素晴らしい昼休みの過ごし方です。新鮮な空気を吸うことで、活力を感じたり、思考をクリアにしたりすることができます。同僚を誘って外でランチをしたり、ビルの周りを散歩したりしてみるのもいいでしょう。デスクや仕事場に戻れば、より良い気分で1日を終えることができるでしょう。

 

瞑想をして、深呼吸をする

 

頭をすっきりさせるために時間を有効に使いましょう。一人になれる場所、休める場所、思索できる場所を探してください。静かであることが望ましいです。仕事中であれば、自分の車や誰もいない会議室などでもよいでしょう。在宅勤務をしている場合、誰もいない部屋のドアに鍵をかけてください。体の緊張をほぐすために、呼吸法を実践したり、自分で工夫したりしましょう。目を閉じながら、呼吸をして集中力を高めます。これから数時間の仕事をこなす中で、このエクササイズによって、自分の仕事に集中し、ネガティブな考えを取り除くことができたとしたら理想的です。そうすれば、昼休みの後、困難な仕事をこなすことができるようになるでしょう。

 

日記を書く

 

ストレスが溜まっているとき、多くのセラピストが日記をつけることを勧めてくれます。特に、気持ちが強くなりすぎて、魂まで飲み込まれてしまいそうなときは、日記を書くことで、今の気持ちを把握することができるようになります。今日一日の出来事を記録し、それが今の自分にどのような影響を与えているかを考えてみましょう。今、あなたは何を体験していますか?何があなたにその感情を与えたのでしょうか?気分を改善するために、何ができますか?ストレスから解放されたい場合、ジャーナルプロンプトを活用して書くことを決めるとよいでしょう。<

 

週の残りの日数のタイムテーブルを作成する

 

あなたはできるビジネスパーソンの性格かもしれませんし、単に時間を有効に使いたいだけかもしれません。昼休みに、1日または1週間全体の計画を立てることはいかがでしょうか。今週は何をしなければならないのでしょうか?どんな重要な仕事が残っているのでしょうか?友人と会うのでしょうか、デートに行くのでしょうか?週末は、両親が訪ねてきて、あなたの家をチェックするのでしょうか?リストは無限大です。月曜日から始めて、昼休みのたびに追加していけばいいのです。過去のパフォーマンスと今後のタスクを更新しましょう。また、優先順位が変わっている可能性も考慮に入れておくとよいでしょう。これを習慣にすれば、1週間の中で、途方に暮れることはなくなるでしょう。

 

運動する

 

仕事のストレスが溜まっていて、退社までの残り時間にエネルギーを補給したい場合、昼休みに運動しましょう。リラックスしてヘルシーな夕食をとる前に、インターバルトレーニングやヨガのストレッチをしたり、近所をランニングするのもよいでしょう。運動は仕事の前後に行うことが多いものですが、昼食前後に行えば、仕事以外の午前中や午後を運動の代わりに他のことに使うことができます。

 

映画を見たり、本を読んだり、ポッドキャストを聴く

 

仕事から離れながら、知性を養うために読む本を選びましょう。気が散るのを減らすために、スマホやタブレットで読むよりも、ハードコピーを持ち歩くことをお勧めします。仕事上の悩みを一時的に解消し、新鮮な情報を吸収することができます。また、仕事のマニュアルや、幸福を追求するための人生指南書を読むのもよいでしょう。また、小説を読むのが好きな人は、仕事に戻るまでの時間を、小説を味わいながら過ごすのも楽しいと思います。

 

映画やドキュメンタリーを見たり、ポッドキャストを聴いたりして、楽しみながら、学ぶこともできます。デスクトップをエンターテインメントが見やすい位置に設置し、モニターマウントを利用すれば、こうしたことも簡単に実現できます。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。