送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

幸せで生産性の高い社員を育てる6つの秘訣

5月25日
175 ビュー

ビジネスを左右し、ダイナミクスを一変させるものは何でしょうか?それは、従業員です。従業員が生産的で、献身的で、やる気があり、幸せであれば、ビジネスは新たな高みに到達することができます。もし、あなたのビジネスが思うようにいかず、状況を改善する方法が見つからないのであれば、従業員の生産性を調べてみることをお勧めします。

業績が思うように上がらないのは、ほとんどの場合、従業員の生産性が低いからであり、これは多くの雇用者が気づいていないことです。

もし、あなたのビジネスが最近あまりうまくいっておらず、好転を望んでいるのであれば、従業員が幸せで、満足し、高い生産性を発揮できるようにするための努力を始めるべき時なのです。


従業員が幸せであることは、企業にとってどのような意味を持つのでしょうか?

昔は、従業員の幸せや幸福は、雇用主にとって最も重要なことではありませんでした。従業員はロボットとみなされ、シフト中ずっと働き続けることが期待されていました。給料をもらって働いているのだから、疲れや人間らしさを感じることはないだろうと思われていたのです。しかし、このような従業員に対する考え方は、今や時代遅れになっています。

今日、雇用主は、ビジネスにとって従業員の幸福を確保することがいかに重要であるかを知っています。ここでは、従業員が幸せであることがビジネスにとってどのような意味を持つのか、詳しく見ていきましょう。

高い生産性と効率性

従業員の幸福を確保する最大のメリットは、高い生産性です。従業員が幸せであれば、仕事中も機嫌よく過ごせますし、気分がいいと、最高の結果を出そうという意欲が湧いてきます。幸せな従業員は、最も生産性が高いのです。そして生産性の高い社員は、最高品質の結果を出すだけでなく、それをタイムリーに行うことができるのです。

優れたチームワーク

従業員の気分は、あなたが思っている以上に、従業員とビジネスに影響を与えます。従業員が職場で最高の気分でない場合、生産性の妨げになるだけでなく、他の従業員との関係にも影響を及ぼします。従業員の職場での不幸は、その行動や態度に反映されます。悪い態度で従業員に接すれば、従業員間に溝ができ、成果の質やタイムラインに影響します。幸せな社員は、同僚とのコミュニケーションや調整を効率的に行うことができます。チームワークが良くなるだけでなく、職場の環境も良くなるはずです。

健全なメンタルヘルスのため

幸せは、個人の心の健康に直結しています。従業員が幸せであれば、より良いパフォーマンスを発揮することができます。業績が上がれば、評価や報酬が増え、仕事上の成長も期待できるため、従業員のメンタルヘルスはさらに高まります。もし、社員が冴えない表情をしていたら、それはメンタルヘルスが低下している可能性のある兆候の一つです。

従業員が幸せで生産性の高い生活を送るための秘訣

従業員の幸せを実現するためには、従業員がロボットではなく人間であるという事実を認めることから始まります。従業員が疲れていること、休息が必要なことを理解すれば、従業員に共感し、従業員がより幸せな気持ちで仕事に取り組み、より良い成果を出せるよう支援することができます。

誰も教えてくれなかった、従業員の気分と幸福感を向上させる秘訣をいくつかご紹介します。


1. 職場を快適にする

従業員がより幸せで生産的になるための最初の秘訣は、従業員に肉体的な快適さを提供することです。でも身体的な快適さが従業員の気分や生産性とどう関係するのか、不思議に思われるかもしれません。しかし、この2つは密接な関係にあるのです。仕事中に快適でない従業員は、常に気が散っている状態になります。そうすると、集中力が低下し、結果的にパフォーマンスにも影響します。良い結果を出せないと、従業員はストレスを感じ、精神衛生上も気分的にも最悪になります。

しかし、従業員が職場で快適に過ごせるようにすることは、従業員が職場で活動し、生産性を高め、幸せになることを保証することになります。

従業員が職場で快適に過ごすには、ワークステーションを快適で人間工学に基づいたものにすることが重要です。人間工学は、従業員の気分や生産性に直結しています。従来のワークデスクとチェアを、人間工学に基づいたワークデスクとエルゴノミクスチェアに置き換えてみましょう。

エルゴノミクスデスクには、高さを調節できる機能があり、ユーザーはワークデスクを下げたり上げたりすることができます。ワークデスクの高さが適切でない場合、ユーザーは背中や首を伸ばしたり、背中を曲げて頭を前に出したりと、ぎこちない姿勢で座ることになり、非常に不快な思いをすることになります。しかし、ワークデスクの高さが適切であれば、従業員は快適に仕事をすることができます。

次に、エルゴノミクスチェアです。従業員は1日の大半をコンピュータ画面の前に座って過ごすことになります。椅子の座り心地が悪ければ、快適に仕事をすることができず、能力を最大限に発揮することができません。人間工学に基づいた椅子は、足が宙に浮かないように高さを調節できるだけでなく、座面の奥行きや背もたれを調節することができるので、仕事中も快適に過ごすことができます。快適であればあるほど、気分も良くなり、生産性も向上します。

2. マイクロマネジメントをしない

従業員が納期に遅れることがないよう、綿密なフォローアップをすることもあるでしょう。顧客からの評判を守りたいという気持ちは間違っていませんが、マイクロマネジメントは従業員にストレスや不安を与える可能性があることを理解しておく必要があります。ストレスを抱えた社員は、幸せではなく、また生産的ではありません。これが、次の秘密です。もしあなたが従業員をマイクロマネジメントしているなら、それをやめなければなりません。数時間おきに進捗状況を確認するのではなく、週1回のミーティングを計画し、従業員が上司にタスクの進捗状況を報告しなければならないことを周知するだけでいいのです。そうすれば、従業員もそれなりの準備ができ、常にストレスを感じることもなくなるでしょう。従業員にゆとりを与え、自分の仕事だという自覚を持たせることで、従業員はより献身的に、より幸せに仕事をすることができるようになるのです。

3. 休憩を促す

多くの雇用主は、従業員が仕事の合間に休憩を取ることを許可すると、生産性に影響し、決められた時間内にタスクを完了できなくなる可能性があると考えています。日中の休憩を認めないことは、実は従業員の生産性に悪影響を及ぼすと知って驚かれることでしょう。なぜなら、働き続けることで心身ともに疲弊し、仕事中にストレスを感じるようになるからです。そうなると、やがて気分にも影響が出ます。休憩を奨励することは、あなたと従業員の双方に多大な利益をもたらします。

仕事の合間に短い休憩を取ることで、従業員はリフレッシュして活力を取り戻し、アクティブな気分で職場に戻ることができます。また、休憩を取ることで、従業員の目を休ませることができ、休憩なしで長時間コンピュータ画面を見続ける不快感を軽減することができます。

多くの雇用主は、従業員が日中に休憩を取ることを奨励するために、特別な努力を行っているようです。同じ理由で、リラックスルームやゲームルームも今日、職場で人気を集めています。

4. 共感する

従業員のニーズを理解することは、従業員の精神的な健康や仕事に対する全体的なモチベーションやモラルに有益です。自分の悩みや問題が解決されないとわかっていれば、従業員は問題のある状況で働き続け、その結果、成果が上がらず、効率が低下し、ストレスレベルが高まります。従業員の幸せを願うなら、従業員が職場で直面している問題を気軽に相談できるように、従業員に対して共感的であることが必要です。従業員が話を聞いてもらい、理解されたと感じれば、ストレスを感じることは少なくなり、高い確率で幸せを感じることができます。

5. 大きな窓を取り入れる

自然光を浴びると、幸せな気分になれるって知ってましたか?これは事実です。大きな窓を取り入れて自然光がたくさん入るように職場を設計し直すと、社員の幸福感と生産性が高まります。陰気で日当たりの悪いオフィスで働くと、従業員も同じように、陰気で生産性が低いと感じてしまうでしょう。

6. 職場で体を動かすことを奨励する

社員が職場で思うように活動できない最大の理由は、体を動かすことができないことです。一日中椅子に座りっぱなしで、体を動かす必要のあることを何もしていないのです。運動不足は、人を退屈させ、生産性を低下させます。従業員が職場で活発に活動するよう促すことで、従業員の幸福度と生産性を高めることができます。デスク下のルームランナーやデスクバイクなどの機器を提供することで、従業員は仕事をしながら運動することができるようになります。どのような運動でも、快感をもたらすホルモンが分泌され、従業員の幸福感を高め、生産性を向上させることができます。

結論

社員の幸福のために費やした時間、お金、労力は決して無駄にはなりません。従業員の生産性を高め、本当に幸せで献身的な従業員という形で、その見返りを得ることができるのです。従業員の生産性が高ければ高いほど、あなたのビジネスにとっても良いことです。ですから、従業員がビジネスに適していないと結論づける前に、従業員に可能性を最大限に発揮させるチャンスを与えてあげてください。そうすれば、きっとその違いに驚かれることでしょう。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。