送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

ライターであることがもたらす6つの健康リスクと、それを防ぐための方法

6月12日
548 ビュー

キーボードのキーを叩く音が、あなたの耳に音楽のように感じられるなら、あなたはライターであると思います。書くことは芸術であり、ライターは自分の考えや意見を言葉を通してインパクトのある形で表現するゲームを知っている芸術家なのです。多くの人が「自分は書ける」と思っているかもしれませんが、書くことは大学の課題を書くこと以上のものだということを知らないのです。

 

もしあなたが書くことに情熱を注いでいるのなら、本当に情熱を注げるもので収入を得ることができている幸運な人たちの一人なのです。ライティングは、お金を稼ぐのに役立つ最高のスキルの1つです。

 

しかし、どの職業にも言えることですが、一貫性が重要です。新鮮で質の高いコンテンツを定期的に書くことができなければ、思うように稼ぐことができないかもしれません。また、毎日文章を書くとなると、キーボードやノートパソコンの前に座り、毎日数時間キーボードを打ち続けることになります。

 

こう考えてみてください。あなたは多くの時間を室内で過ごし、コンピュータの前に座り、ほとんど体を動かさず、人との物理的な交流もまったくありません。このような生活が健康的だと思われますか?私たちはそう思いません。

 

専業ライターになると、数々の健康被害に遭うリスクがあります。プロのライターになるには多くのリスクがあるのです。でも心配しないでください。それを回避する方法があるのです。このブログ記事では、ライターであることに伴うすべてのリスクと、それを防ぐ方法について説明します。

 

ライターであることに関連する健康リスク

 

ライターの仕事というと、あまり何もしなくていい「いたってシンプルで基本的な仕事」と捉えている人も多いのではないでしょうか。結局のところ、ただ書くだけなんでしょう?と思われている人もいるそうです。しかし、そうではありません。ライターの仕事は単純で簡単そうに見えるかもしれませんが、精神的に疲れるだけでなく、肉体的にもリスクがあり、ライターの仕事は多くの健康状態のリスクにさらされるのです。

 

以下は、ライターであることに関連する最大の健康リスクのリストです。

 

 

 

1. 姿勢に関連する筋骨格系の障害

 

ライターが抱える最大のリスクのひとつが、筋骨格系障害の発症リスクです。ライターであれば、1日に何時間もパソコンの前に座り、まったく体を動かさないということもあるでしょう。流れ作業をしていると、時間を忘れてしまい、数時間かけて書いたことに気づかないことがあります。さて、数時間同じ姿勢で座っていると、背中や首、肩に負担がかかる危険性があります。まず腰、首、肩に痛みを感じるようになり、これらの問題を時間内に解決しないと、長期的な合併症を引き起こすことになりかねません。

 

2. 体重増加

 

締め切りが厳しいと、昼休みを取る時間すらないこともあるでしょう。仕事場で食事をすることもあるでしょう。これでは、カロリーを消費しているのに消費していないことになり、太りやすくなります。カロリーを消費することは重要です。そうしなければ、肥満の原因になります。

 

 

 

3. 慢性疾患

 

また、運動不足は長期的な慢性疾患のリスクとなります。コンピュータの前に座っている時間が長いので、体を動かさないために血液循環が悪くなり、心臓に負担がかかり、高血圧や脳卒中などの心臓病のリスクになります。また、運動不足はインスリン感受性を低下させ、2型糖尿病のリスクを高めます。

 

4. 眼精疲労

 

ライターの皆さんは、1日の大半をコンピュータの画面を見つめながらキーボードを打つことに費やしています。コンピュータの画面を長時間見続けていると、眼精疲労を引き起こします。コンピュータの画面からは、網膜に非常に有害なブルーライトが放出されています。ブルーライトを長時間浴びると、黄斑変性症や白内障の原因となります。また、タイピングをしているとまばたきが減るので、目が乾いてダメージが悪化します。さらに、画面の明るさやフリッカーの揺らぎも、頭痛や偏頭痛の原因になります。真剣に取り組まないと、目がかすんだり、視力が弱くなったりすることもあります。

 

 

 

5. 反復運動傷害

 

タイピングのような繰り返しの動作は、反復性脳挫傷(RSI)の危険性があります。ライターという仕事は、毎日何時間も一気にタイピングすることを意味します。手を使ってタイピングを続けていると、同じところに負担がかかります。さて、タイピングをしているときの自分の手を見てください。キーボードの上に手首を置き、タイピングをするときに手首を横にこすっていませんか?もしそうなら、手首を通る神経を圧迫して手根管症候群を発症する危険性が高いことを知っておいてください。この症状は、手や指がしびれたり、ピリピリしたりする感覚を特徴とし、タイピングを不快にしたり、痛みを感じたりします。

 

6. 精神的な健康問題

 

ライティングは、あまり人と接する必要のない仕事の一つです。オフィスに行っても、一日の大半はワークステーションに座っていることが多いでしょう。人間関係の希薄さ、運動不足、そして疲労は、すべてストレス、不安、そしてうつ病といった深刻な精神衛生上の問題を引き起こす可能性があります。

 

ライティングの仕事に関連するリスクから自分を守るにはどうすれば良いでしょうか?

 

私たちは、決して「書くのをやめなさい」と言いたいわけではありません。書くことは、あなたの情熱であり、仕事であり、趣味であるかもしれません。どのような書き方をするにしても、コンピュータの前で多くの時間を過ごし、座りっぱなしのライフスタイルやコンピュータの使い過ぎに関連する健康状態を発症するリスクがあることは否定できません。

 

しかし、このようなリスクから身を守り、健康、安全、そして幸福を確保することができるのは良いことです。その方法とは、以下の通りです。

 

人間工学に基づいたワークステーションを設置する

 

人間工学に基づいたワークステーションを設置することは、フルタイムのプロフェッショナルなライターであれば、最初に行うべきことです。人間工学に基づいたワークステーションは、正しい姿勢で座ることを促し、姿勢に関連する筋骨格系障害のリスクを軽減します。

 

まずは、プロプラス・スタンディングデスク(E7)のような人間工学に基づいたデスクに投資することから始めましょう。たとえノートパソコンを使っていても、人間工学に基づいたデスクなら、ノートパソコンが自分に合った高さに設置されるので、タイピングするときに背中を曲げたり、頭を曲げたり、肩を落としたりして座る必要がありません。人間工学に基づいたデスクには高さ調節機能がついており、好みに合わせてデスクの高さを下げたり上げたりすることができるからです。

 

次に必要なのは、エルゴノミクスチェアです。ノートパソコンを使って文章を書く場合、ソファやベッドで作業している可能性が高く、長い目で見ると大きな弊害になります。人間工学に基づいたチェアなら、正しい高さで座ることができ、背中を十分にサポートすることができます。

 

そんなときに頼りになるのが、人間工学に基づいたキーボードです。普通のキーボードを使うと、手根管症候群のリスクが非常に高くなります。普通のキーボードは、キーボードの上に手を自然に置くことを促すように設計されていません。人間工学に基づいたキーボードは、自然な手の置き方を可能にするユニークなデザインが特徴です。手首に負担をかけない角度で手を置くことができるのです。また、パッド入りのリストサポートが手首の負担を軽減し、手首を通る神経の圧迫を防ぎます。

 

人間工学に基づき、コンピュータの画面を適切な高さ、距離、角度に配置する必要があります。このためには、調節可能なモニターマウントを設置する必要があります。そうすることで、眼精疲労が軽減され、網膜の損傷や視力低下のリスクも軽減されます。

 

メガネをかける

 

メガネをかけることで、眼精疲労の原因となるパソコン画面からのブルーライトから守ることができます。眼精疲労が軽減されれば、頭痛や偏頭痛、視力が弱くなる可能性もかなり低くなります。

 

友達との会い、また家族との時間を過ごす

 

人と交流しないことは、先ほども説明したように、精神衛生に影響を及ぼします。日課を決めて、家族や友人のために1日か2日を設けることが大切です。執筆の手を休め、外出し、笑い、話し、楽しみます。人との交流の要素を生活の中に生かしましょう。

 

結論

 

執筆に没頭しているときに、コンピュータの画面から離れるのは難しいですが、アラームをセットしてでも、数時間おきに休憩を取ることを習慣にする必要があります。人間工学に基づいた適切なワークステーションと定期的な休憩があれば、執筆への情熱が健康と幸福を犠牲にすることはないでしょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。