送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

9時~5時サラリーマンの慢性疲労を克服するための5つのヒント

1月17日
2388 ビュー

生産性とメンタルヘルスを向上させるためにオフィスが設計されていない場合、9時~5時のオフィスでの仕事は疲れ果ててしまう可能性があります。従業員が仕事で絶えず疲れを感じる時、彼らは燃え尽き症候群を感じ始めます。この感覚は特に従業員が話す相手がいない、または職場が不健康な環境にあると感じている場合、克服するのが難しい場合があります。燃え尽き症候群の危険性は生産性の低下、欠勤の増加、および職場での全体的な不満感につながる可能性があります。

 

ある研究によると、慢性的な仕事の倦怠感は感情的、肉体的、精神的な倦怠感の組み合わせであり、睡眠や休息時間によって低下することはありません。この倦怠感は集中力を低下させ、モチベーションを低下させながら、タスクを実行する従業員の能力に影響を与えます。ストレス要因はインタラクティブな仕事環境がない、長時間の仕事、オフィスのレイアウトが悪い、色などであり、職場での慢性疲労につながる可能性があります。

 

9時~5時サラリーマンの慢性疲労を克服するためのヒントを次に示します。

 

仕事と生活の境界を作る

 

雇用主として、あなたは従業員の慢性疲労を下げるため、職場での健康的な仕事と生活の境界を作り、確保しなければなりません。これは従業員が仕事に費やす時間が少なくなるという意味ではありません。それは単に彼らが体と心を休ませて能力を回復することができるように、勤務時間後に会社から連絡がこないということを意味します。

 

確立しなければならないことの1つは仕事から離れるという規則です。勤務時間外にメールを送信しないでください。事前に通知されていない限り、24時間体制で仕事にアクセスしなくてもよいと従業員に伝えてください。あなたのオフィススペースが活気に満ちた、よく休んでいる従業員でいっぱいであることを確実にするため、彼らに精神的および肉体的に休む時間を与えなければなりません。従業員がいつでも電話やメールに返信できる場合、職場の倦怠感の問題に直面し始めるでしょう。

 

コロナウイルスの感染拡大に伴い、リモートワークはますます一般的になっています。これには物理的なオフィススペースは必要ありませんが、従業員が仕事と仕事の境界線を知っていることが必要です。この境界線はしばしばぼやける傾向にありますが、重要なのは規律を確立することです。従業員は通常、簡単に仕事を離れることができないため、在宅勤務で苦労しています。自分たちの唯一の通勤はオフィスの机からソファまでだけなのです。

 

従業員の健康に気をつけてください

 

慢性疲労は健康上の問題によって引き起こされる可能性があり、そのほとんどは不健康な食べ物を食べたり、一般的に十分な食べ物を食べなかったりすることから生じます。従業員がアクティブで生産性を維持できるようにするために、オフィスにフードサービスを設置して、従業員が1日を通して健康的な食事を提供できるようにするのが最善です。これは追加コストのように思えるかもしれませんが、実際には従業員をケアしなければ、ビジネスでも苦しむことになります。結局のところ、食事は自分のエネルギーと生産性のレベルに影響を与えます。例えば、炭水化物を食べすぎると、短期間のエネルギーブーストを引き起こす可能性がありますが、しばらくすると逆効果となります。

 

また、従業員が水分補給を維持できるように、水分にすぐにアクセスできるようにしておく必要があります。水は濃度レベルを高めることが知られているので、双方にメリットのあるソリューションと言えます。

 

さらに、予算とリソースがある場合、従業員がジムを使えるようにします。ほとんどのオフィスの仕事は長時間座ることを要求し、その結果、背中と姿勢にさらなる負担がかかります。ジムへを簡単に使えるように、または割引されたジム料金をオファーすることは従業員が仕事後に運動することを奨励し、彼らが健康的および肉体的に維持することを可能にします。

 

仕事中にメンタルヘルスと休憩をサポートする

 

あなたが良い仕事のパフォーマンスを模索しているなら、従業員に時々仕事から休憩を取るように勧めなければなりません。調査によると、生産性の高い従業員は17分間休憩する前に一気に52分間働くことが知られています。スプリント形式で仕事することにより、体と認知機能は休息してリセットするのに十分な時間を確保できます。休憩後、従業員は優れた効率で仕事を再開できます。

 

さらに、メンタルヘルスの日を従業員に提供することが重要です。これらは処方箋や医師の書類が必要なく、従業員は自身のニーズに基づいてそれらを取ることを許可されるべきです。慢性疲労に対処する時、これらは従業員がリセットするのを助けることができます。 結局のところ、ルーチンはモチベーション、生産性、創造性にとって敵となります。従業員が休みを取ることを許可することにより、燃え尽き症候群や慢性疲労の可能性を減らすことができます。
人間工学に基づいたオフィスデザインをお試してみてください

 

一日の多くを座って過ごす従業員は心臓病、糖尿病、肥満、早期死亡のリスクが高いことをご存知ですか?長時間座ることに伴うリスクによって、オフィスや職場ではシットスタンドデスクや人間工学に基づいたオフィスチェアなど、より人間工学に基づいたオフィスデザインを採用するようになりました。これらは高さ調節可能な家具であり、すべての職場で利用できるはずです。

 

シットスタンドデスクを使用すると、従業員は仕事をしている間、座っている状態と立っている状態を交互に切り替えることができます。仕事を続けながら、好みに応じて立ったり座ったり、筋肉を伸ばしたり、姿勢を変えたりすることができます。調節可能なデスクがカロリー燃焼と体重増加のリスク低下に関連していることをご存知ですか?研究によると、従業員が座りがちな仕事をして過ごすのではなく、都合に応じて立ったり座ったりすることが許可された場合、彼らは毎日170カロリー余分に燃焼することができます。その結果、毎週1000カロリーが追加で消費できるのです。

 

同様に人間工学に基づいたオフィスチェアは背中の痛みや首の痛みを軽減するのに役立ちます。1つの場所に長時間座ると、動きがないために体に痛みを引き起こしながら、姿勢を大きく乱す可能性があります。しかし、高品質のオフィスチェアは股関節の負担を和らげ、体をサポートしながら、血液循環を改善するのに役立ちます。従業員が快適であればあるほど、効率的かつ生産的に働く可能性が高くなります。

 

従業員と経営陣の間の透明性のあるコミュニケーションのためのポリシーを作る

 

従業員は彼らがマネージャーと話すことができると感じていなければなりません。倦怠感リスクマネジメントやメンタルヘルスマネジメントプログラムなどのマネジメントプログラムを開発する必要があります。これは従業員を支援し、仕事でより良いパフォーマンスを発揮するためのヒントを提供してくれます。プロセスを理解し、これらのプログラムを利用することを躊躇わないように従業員に周知徹底することが重要です。

 

さらに雇用主は職場でのコミュニケーションのギャップを感じるべきではありません。オープンなコミュニケーションを促進する職場では特に従業員はケアされ、大切にされていると感じ、より成功することが知られています。これを許可しない職場は通常、暴動や悪い行動など、職場における事態に対処しなければならなくなります。

 

明確なコミュニケーションと調整を促進するため、従業員とその問題に対処する責任を持つ社内のセラピストを雇うことも1つです。これは特に従業員が人間としての権利を尊重する現代の職場に所属していることを従業員が知っているため、慢性疲労や燃え尽き症候群のリスクを減らしながら生産性を高めるのに大いに役立ちます。

 

結論

 

あなたのオフィススペースをより良くする方法を探し続けながら、従業員とマネージャーがお互いに話すことを奨励してください。このような会話を避けたオフィススペースを構築しないでください。あなたの労働者が何を必要としているかは決してわからないでしょう。

 

従業員を理解することは仕事のモチベーションを大幅に高めることができ、あなたのビジネスにも役立つ可能性があります。従業員が話しにくいと感じる雇用主になってはなりません。そうしないと慢性疲労、欠勤の増加、そしてもちろん最高の従業員の一部を失う可能性があります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。