送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

リモートワークが思ったほど素晴らしいものでない5つの理由

5月17日
207 ビュー

毎朝、着替えや車での通勤をすることなく、自宅で仕事ができるというのは、確かに素晴らしいことだと思います。コロナウイルスの大流行のおかげで、これはもう単なるアイデアではなく、ほとんどの組織で本格的かつ広く受け入れられているワークモデルです。もし、あなたの雇用主が「オフィスで働くかどうか」という選択肢を提示してきたら、間違いなくあなたは在宅勤務を選ぶでしょう。

 

現在、リモートワークやハイブリッドワークモデルを採用する企業が増えており、一部の社員は完全に自宅で仕事をし、一部の社員は週のうち数日は自宅で仕事をし、それ以外は自宅で仕事をしています。従業員も雇用主も、このような配置に満足しています。

 

すべてが最高です!

 

しかし、リモートワークはあなたが思っているほど素晴らしいものではありません。今はまだ考えてもいないようなデメリットもあるのです。リモートワークのメリットを否定することはできませんが、自分にとってより良い選択肢を決めるためには、コインの両面を知ることが重要です。

 

そもそもリモートワークモデルがこれほどまでに普及した理由とは何でしょうか?

 

まだあまり多くの人に知られていないリモートワークの側面について説明する前に、まず、現在のようにリモートワークが普及した(一般的になった)多くの理由を調べてみましょう。

 

ワークライフバランスの向上

 

リモートワークの利点は、まず第一に、ワークライフバランスの実現です。もう、仕事に行き、疲れて帰ってきて、家族に会えないということはありません。リモートワークによって、以前はできなかった家族とのより質の高い時間を過ごすことができるようになったのです。

 

フレキシビリティの向上

 

あと数分眠りたいと何度思ったことでしょう。リモートワークなら、わざわざオフィスまで行く必要がないので、その分、睡眠時間を増やすことができます。自分が最も生産的だと思う時に仕事ができます。家族との食事や子供の送り迎えなどのために休憩を取ることもできます。柔軟性が増すことで、気分も良くなり、在宅勤務の生産性も高まります。

 

お金と時間を節約する

 

リモートワークは、お金の節約につながります。出勤する必要がまったくないので、ガソリン代にかかるお金が明らかに節約できます。もちろん、時間の節約にもなります。会社に行くには、起きて、服を着て、朝食を用意して、それから車で会社に行く必要があります。在宅勤務なら、準備や出勤に費やす時間を節約することができます。その分、リラックスできる時間が増え、準備が整ったときに仕事を始められます。

 

気分とモラルの向上

 

自宅で仕事をしていると、気分が良くなります(幸せになります)。リモートワークでは、より長い睡眠を楽しむことができます。朝早くから家を出る必要がありません。自宅にいながら、普段から、最も生産性が高いと感じる時間帯に仕事ができるのです。リモートワークはまた、多くの独立性、スペース、そしてマイクロマネジメントされることからの解放を提供します。これらすべてが、あなたを素晴らしい気分にさせます。そして、気分が良ければ、気分もモチベーションも高まり、より献身的に働き、より質の高い成果を出すことができるのです。

 

リモートワークの暗黒面

 

リモートワークは、あなたが思っているほど素晴らしいものではないと言うとき、私たちはその理由をきちんと理解しています。大抵の場合、私たちは明白なことに気づき、すぐには見えないものを見落とす傾向があります。リモートワークの裏側も同じです。

以下は、リモートワークを素晴らしいものにしていない理由の一部です。

 

 

 

1. 注意散漫と生産性の低下

 

リモートワークモデルの最大の欠点は、自宅にいると気が散りすぎるということです。オフィスで仕事をしているときは、気が散ることもなく、仕事に没頭できます。しかし、自宅で仕事をしていて、きちんとしたオフィススペースが用意されていない場合、仕事に集中することができないのです。家族の誰かがいつもそばにいる。子どもやペットがいると、一日中騒いだり、邪魔をされたりするので、最悪です。また、在宅勤務の場合、家族はあなたがまだ働いていることを理解しておらず、子どもの送り迎えや食器洗い機に食器を入れるなど、家事に貢献することを期待されていることも否定できません。自宅には、ドアを閉めて仕事ができる独立したオフィススペースがなければ、オフィスにいるときと同じように仕事をすることはできません。

 

その結果、生産性が低下し、質の低い仕事をすることになります。それどころか、失態を犯す可能性さえあります。なぜなら、自宅で仕事をしているときは、心と集中力があちこちに分散しているからです。

 

 

 

2. 仕事が私生活に影響を及ぼす

 

在宅勤務の場合、9時~5時までの決まった時間に働くわけではありません。始業時間が遅くなり、休憩時間が長くなり、会社にいるときよりも遅くまで働くことが多くなります。多くの人がこの柔軟性を良しとしていますが、実はベストではありません。在宅勤務の場合、上司は勤務が終わったという事実を尊重せず、午後5時以降もメールや電話で対応することを期待するかもしれません。オフィスに行くとこうはいきません。オフィスから出た瞬間に、その日の仕事は終わりです。このように、変則的な時間帯でも仕事に対応しなければならないというプレッシャーは、徐々に私生活にも影響を及ぼし始めます。仕事のことを気にせず、家族と楽しく過ごすことができたはずの時間が、邪魔されてしまいます。外での食事や外出の予定も、会議が入ればできなくなります。仕事とプライベートの境界線が徐々に薄れ始め、長期的には誰もそれを好みません。

 

 

 

3. 筋骨格系疾患のリスクが高くなる

 

自宅で仕事をしていると、会社に行ったときと比べて、車で送迎する必要がないにもかかわらず、1日の終わりに疲れを感じることにお気づきでしょうか?これは、自宅がオフィスとして設計されていないためで、労働条件が悪いのです。バックサポートエルゴノミクスオフィスチェアOC13のような適切なオフィス機器や家具の不足は、あなたをより疲弊させます。人間工学に基づいたホームオフィスの設計に投資する人はごくわずかで、大多数の人は人間工学的に劣悪な環境で働き続けています。そのため、背中や肩、首の痛みから始まる筋骨格系の障害を発症するリスクがあるのです。人間工学に基づいたホームオフィスを作らないと、筋骨格系障害は非常に深刻で、痛みを伴う不快なものであるため、すぐに医師の診察が必要になるのです。

 

4. コミュニケーション不足と仕事の遅れ

 

また、リモートワークでは、コミュニケーション不足による仕事の遅れが発生します。オフィスにいる同僚とすぐに話し合えたことが、メールやテキストで返事が来るまで待たされることになります。誰かのワークステーションに歩いて行く方が、間違いなく便利で早いのです。しかし、リモートワークの場合はそうはいきません。リモートワークでは、チームと経営陣の間に大きなコミュニケーションギャップがあり、その結果、全員がオフィスにいれば避けられる仕事の遅れが生じてしまうのです。

 

5. メンタルヘルスの低下

 

自宅で仕事をすると、人との交流がほとんどありません(もちろん、家族以外には)。オフィスに行けば、定期的に人と交わることができ、これは精神衛生上極めて重要です。人間は社会的動物であり、この社会的生活を奪われると、精神的な健康が損なわれてしまうということわざがあります。人との交流がなく、ずっと家に閉じこもっていると、ストレスがたまり、不安の度合いも増してきます。長期的なリモートワークは、精神的な健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

結論

 

リモートワークには、表面で見えないデメリットが多くのことがあることを知っていましたか?リモートワークは素晴らしいものであり、それが今日これほどまでに普及した理由でもありますが、デメリットも否定することはできません。良いニュースとしては、デメリットのほとんどは対処可能であり、リスクも軽減できることです。その結果、リモートワークのメリットを最大限に享受することができるのです。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。