送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

人間工学がメンタルヘルスを助ける3つの方法

3月21日
1974 ビュー

仕事関連のストレスは非常に大きなものです。KPIを設定し、期限を守り、同僚との関係を管理し、職場でのいじめに取り組み、雇用主のますます高まる期待に応えるために競争するというプレッシャーはすべて仕事でストレスを感じる要因となります。統計によると、アメリカ人の約92%が職場でストレスを経験しています。誰もが仕事のストレスに対処する能力を持っているわけではありません。心理的にそれほど強くない人は多くの場合、肉体的および精神的の両方で何かしらの健康不安を発症することになります。

 

あなたは自分の仕事の性質がストレスと不安を感じる唯一の理由であると思うかもしれません。あなたの仕事の本質は責任ですが、あなたのメンタルヘルスに影響を与えているのはそれだけではありません。職場の状態や人間工学の悪さもメンタルヘルスを悪化させる上で重要な役割を果たしているのです。

 

人間工学とメンタルヘルスの関係を理解していないかもしれませんが、それらがどれほど密接に関連しているかを説明すると、驚かれることでしょう。それらは直接関係しているわけではありませんが、人間工学は本当にあなたのメンタルヘルスに大きな影響を与える可能性があります。

 

このブログ投稿では職場のストレスがメンタルヘルスにどのように影響するか、そして人間工学がメンタルヘルスと身体的健康の改善にどのように役立つかについて述べます。

 

職場環境はメンタルヘルスにどのように影響するか

 

職場環境は本当にあなたの精神的健康に影響を与える可能性があります。仕事上のストレスや同僚との関係の悪さだけでなく、職場で提供される快適さのレベルがここで重要な要因となります。仕事のストレスを軽減するためにできることはほとんどありませんが、職場をより快適にするためにできることはたくさんあります。

 

人間工学がメンタルヘルスにどのように役立つかを説明する前にまず人間工学がメンタルヘルスにどのように影響するかを見てみましょう。

 

効率と生産性への効果

 

気づかないかもしれませんが、職場のデザインが最適に仕事ができない理由かもしれません。一日中間違った姿勢で座ると、脊椎にストレスがかかり、腰、肩、首に痛みを引き起こす可能性があります。姿勢の悪さもほとんどの人が職場で一貫した頭痛に苦しむ主な理由です。頭痛や体の痛みに悩まされていると、仕事の速度が自動的に遅くなります。1時間で完了できる仕事が数時間に及ぶため、効率とパフォーマンスに大きな影響を与えます。 あなたがこれよりもうまくやれることを知っているのに実際にそれができない場合、自己批判的になり、よりストレスを感じ、さらには落ち込んでしまうかもしれません。

 

仕事の質の低下

 

仕事に慣れていない場合、その日の仕事を終えて帰りたいと思うかもしれません。レポートを数ページ入力する必要があり、キーボードが非常に不快な高さに配置されているとします。この場合、肩や腕が痛くなり、筋肉が疲れます。この時点であなたはとても疲れているので、あなたの焦点は落ち、仕事を正しく行うことではなく、時間通りに仕事を終わらせることに集中するでしょう。当然、修正を求められ、マネジメントからのプレッシャーが高まり、すべての要因が不安に感じるかもしれません。不安はパニックやうつ病などの深刻な精神的健康問題の出発点となることがよくあります。

 

病気リスクの増加

 

姿勢を正すために何も行っていないことは問題を最悪にするだけです。あなたが体に感じる痛みは慢性的になり、あなたは本当に病気になるかもしれません。あなたの効率と生産性はさらに下り坂になります。あなたは仕事から頻繁に休みをとらなければならないかもしれません。あなたの矛盾と信頼性の欠如はあなたの仕事を危険にさらすかもしれません。そしてあなたはそのような極端なレベルのストレスが続くものと知っており、うつ病となるかもしれません。

 

人間工学がどのように役立つか

 

人間工学の欠如がメンタルヘルスにどのような影響を与えるかがわかったので、人間工学がどのようにして良い結果をもたらすのに役立つかを知ることにこれまで以上に興味を持つかもしれません。これまでは人間工学に基づいた職場の身体的健康に対する多大なメリットを示すコインの片面しか見ていなかったかもしれませんが、コインのもう一方の面について理解したところで、人間工学がどのようにあなたのメンタルヘルスに改善に役立つかについて詳しく見ていきましょう。

 

人間工学は従業員のニーズと快適さに合った職場を提供することが含まれます。これはすべての従業員が最大限の快適さで仕事できるよう、標準的なオフィス機器を人間工学に基づいた機器に置き換えることを意味します。

 

職場の人間工学の改善が従業員のメンタルヘルスにどのように影響するかを見てみましょう。

 

1.スタンディングデスクを使用して体の疲労を軽減する

 

スタンディングデスクはすべての正当な理由で途方もない支持を集めています。これらのワークデスクは職場で使用している標準のデスクとは異なります。身長に合わせて調節できます。スタンディングデスクは人間工学に起因するメンタルヘルスの問題に対処するための優れた方法と言えるのです。一日中同じ姿勢で座ると、背骨に大きなストレスがかかり、腰、肩、首に痛みが生じる可能性があります。それはあなたを動揺させ、最終的にあなたの生産性に影響を及ぼします。

 

ただしカナバンブースタンディングデスクのようなスタンディングデスクは長時間座った場合の影響を克服するのに役立ちます。下肢の筋肉はより活発になり、倦怠感が少なくなります。あなたはより新鮮でより活発に感じるでしょう。より多くの熱意をもって働くことができ、それはあなたの仕事の結果に反映されます。そしてそれが人間工学によってあなたが自身の気分を高めてくれるのです。自尊心が高くなると、自信が高まり、ストレス、不安、うつ病に陥るリスクがかなり減ります。

 

2.人間工学に基づいた椅子を使用して背中の負担を軽減する

 

人間工学がメンタルヘルスの問題を解決するもう1つの方法としては脊椎への負担を軽減することです。人間工学に基づいた椅子を採用することで、正しい姿勢を確保できます。 人間工学に基づいた椅子が背中をサポートし、腰痛や肩や首の痛みを防ぎます。脊椎へのストレスや圧力も頭痛や片頭痛につながる可能性があります。一貫した頭痛と片頭痛の影響は大きく、締め切りに間に合わせる能力を損ない、それによってあなたはより多くのストレスを感じる可能性があります。ただし人間工学に基づいた椅子を使用すると、快適に仕事をして、割り当てられたすべてのタスクを時間どおりに実行できます。これはストレスを軽減し、メンタルヘルスを改善するのに役立ちます。

 

3.人間工学に基づいたキーボードを使用し、指や手首への負担を防ぐ

 

一日中キーボードでタイプした後、手、特に手首や指に何とも言えない不快感を感じたことはありますか?はいの場合、それは人間工学に基づいたキーボードが必要であることを示しています。人間工学に基づいたキーボードを使用すると肉体的な痛みや不快感を軽減するだけでなく、締め切りが迫っている不安やストレスをコントロールするのにも役立ちます。1日で完了しなければならないプレゼンテーションがあり、キーボードで3〜4時間入力した後、手が崩れたようになるとします。さてどうなるでしょうか?あなたはパニックに陥り、おそらく時間通りに仕事を完了できないでしょう。ただし人間工学に基づいたキーボードを使用している場合、一気に数時間入力し続けても、痛みや不快感を感じることはありません。これらのキーボードは手首を適切にサポートし、両手が互いに十分な距離を置いて肘にかかる負担を最小限に抑える特別なデザインになっています。ストレスを感じることはなく、不安、パニック、うつ病などのメンタルヘルスの問題を発症するリスクもありません。

 

今日の人々は人間工学が身体の健康にどのように影響するかをより認識しています。しかし人間工学がメンタルヘルスにも影響を与える可能性があることを知っている人は多くありません。あなたがストレス下にあるとき、痛みへの耐性は大幅に減少します。職場のデザインが快適さを保証していない場合、なぜそう感じているのか理解できずにいつもイライラしたり不安を感じたりするかもしれません。これらすべての要因が一緒になり、メンタルヘルスに影響を与えます。物理的なストレスは仕事でのパフォーマンスの低下につながり、最終的には精神的なストレスを悪化させます。これはまさに人間工学が防ぐことができるものなのです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。