送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

不適切な物の持ち上げ方がもたらす3つの重大な影響と、それを回避する方法

5月29日
652 ビュー

物を持ち上げることは、私たちの日常生活の一部です。一日中、様々な重さや大きさの物を持ち上げていると思います。軽い物もあれば、重い物もあります。ある物を持ち上げるのは簡単であり、別のある物を持ち上げるのは困難なことがあります。一般的な思い込みでは、重い物を持ち上げるには別のテクニックが必要で、注意を払う必要があるとされています。しかし、持ち上げる物の重さに関係なく、持ち上げるテクニックが同様に重要であることに驚かれることでしょう。ただ、重いものを持ち上げると、体にかかる負荷が大きくなるため、特に注意が必要なのです。

不適切な持ち上げ方は、健康や全体的な幸福に深刻な影響を及ぼす可能性があります。特に、倉庫や物流作業員のように、日々、物を持ち上げなければならない場合、その影響は大きくなります。

このブログでは、不適切な持ち上げ方がもたらす数々の影響と、それを回避する方法について説明します。


不適切な持ち上げ方がもたらす影響

不適切な持ち上げ方は、労働災害の主な原因の1つです。一歩間違えれば、腰痛がひどくなり、最悪の場合、寝たきりになるような大怪我を負うことになります。自分の持ち上げ方がどのような害をもたらすか知らないために、自分の持ち上げ方を考える人はあまりいません。

以下は、不適切な持ち上げ方がもたらす主な結果です。

筋肉の緊張と靭帯の捻挫

不適切な持ち上げ方による最も一般的な結果は、筋肉の緊張と靭帯の捻挫です。筋肉や靭帯は、筋肉や腱の反復運動や長時間の使用により、緊張することがあります。筋肉や靭帯に負担をかける可能性が高いリスクとして、物を持ち上げるときに腰を丸めてしまう、腰が弱くて怪我をしやすい、腹筋が弱い、太っている、ハムストリングスが硬いなどが挙げられます。間違った持ち上げ方で筋肉を痛めたことを示す兆候としては、筋肉痛、歩きにくさ、曲げたときの痛み、長時間立っているときの強い不快感などが挙げられます。

腹部ヘルニア

不適切な持ち上げ方は、あなたが知っている以上に多くのパターンであなたを傷つける可能性があります。不適切な持ち上げ方がもたらすもう一つの結果は、腹部ヘルニアです。これは、体腔内の内容物が特定の部位から膨れ上がる状態です。通常、内容物は腸など特定の部位に収まっています。腹筋が弱く、重いものを持ち上げることが多い方は、腹部ヘルニアを発症するリスクが高いといえます。腹部ヘルニアは、前立腺に関連する問題や腹腔内の液体変位がある男性に多くみられます。腹部ヘルニアは通常、吐き気、便秘、発熱、脱力感、耐えがたい腹痛を伴います。

腰椎椎間板ヘルニアについて

不適切な持ち上げ方の結果、最も一般的で痛みを伴うものの1つが、腰椎椎間板ヘルニアです。椎間板は、背骨の各椎骨の間に存在する、柔らかいゼリー状の物質です。この椎間板は、圧縮や運動による衝撃を吸収し、怪我から背骨を保護します。不適切な持ち上げ方をすると、椎間板がずれたり損傷したりする危険性があります。腰部に存在する椎間板は、床から物を持ち上げるために多くの人が背中を曲げる部位であるため、持ち上げの際に滑って損傷するリスクが最も高いです。腰椎椎間板ヘルニアやすべり症は、片側のお尻と脚の間に伝わるような痛み、しびれ、筋肉のけいれんなどが特徴です。この症状は非常に痛く、全く動くことができなくなることもあります。

間違った持ち上げ方による影響を避けるために

姿勢と持ち上げに関する人間工学には、細心の注意を払う必要があります。ほとんどの人は床から物を持ち上げるために腰を曲げますが、それこそが間違ったやり方なのです。

正しい持ち上げ方について、以下で詳しく見ていきましょう。

状況を把握し、計画を立てる

床から物を持ち上げなければならなくなったとき、すぐにその作業に取り掛かるのはやめましょう。状況を把握し、リフトアップを計画しましょう。物を持ち上げる前に、周囲にスロープや階段、ドア、障害物がないかどうかを確認します。重い物を手にしたまま、ドアを探すためにあちこち行ったり、障害物につまずいたりすることを想像してみてください。ベストプラクティスは、持ち上げる前にその物を持って歩くルート全体を歩き、その長さ、階段や段差の数、気をつけるべきことを正確に把握することです。また、一旦置いたものを再度持ち上げる必要がないように、置く場所を正確に把握しておく必要があります。また、対象物の重さを測っておきましょう。22キロ以上の重さがある場合、誰かに手伝ってもらいながら持ち上げるか、押し車や手押し車があればそれを利用しましょう。

物を持ち上げる人が腰痛や怪我をする最大の理由は、必要以上に長く物を持ち上げてしまったり、正確な置き場所がわからず、結果的に物を持ち上げたり置いたりすることを繰り返してしまうからです。

持ち上げる前にウォームアップする

先ほども言ったように、すぐに対象物を持ち上げてはいけません。状況を把握し、持ち上げに関する計画を立てたら、体を温めて持ち上げに備えましょう。準備なしに体を負荷にさらすと、怪我のリスクが数倍にもなります。ウォームアップエクササイズやストレッチを行い、特に大腿四頭筋、ハムストリングス、上腕三頭筋、腰の筋肉など、持ち上げ中に働くすべての筋肉を鍛えるストレッチを行いましょう。また、跳び箱をしたり、軽く走ったりすると、血流が良くなり、筋肉が負荷に耐えられるように準備できます。

持ち上げに関する人間工学に従う

最も一般的な持ち上げの姿勢は、腰を曲げて物を地面から持ち上げることです。それは間違いです。安全に持ち上げるためには、正しい持ち上げの人間工学に従わなければなりません。できるだけ対象物に近づき、持ち上げの際に対象物に近ければ近いほど、背骨にかかる負担は少なくなります。膝を曲げ、体をまっすぐにして、背中で持ち上げず、足で持ち上げるようにします。物をつかんだら、肩と背中をまっすぐにしたまま、上を向きます。背中は少し反らせる程度にします。どんなに重いものを持ち上げるときでも、決して体を動かさないようにしてください。ひねりの動作は、背中に負担をかけることになります。

落として怪我をしないように、しっかり握れることも重要です。持っている部分は、あなたの指に心地よくフィットするものでなければなりません。手のひらに食い込むような場合、正しい持ち方をしていないと判断してください。持ち運ぶときは、小刻みに歩くようにしましょう。肩は常に腰と一直線上にある必要があります。方向転換するときは、腰を使いましょう。対象物は体に密着させ、肘は脇腹につけてください。理想的なのは、対象物がパワーゾーン(太ももの真ん中から胸の真ん中までの領域)内にあることです。この領域に対象物を置くことで、最小の力で最大の重量を持ち上げることができます。

物を置くときは慎重になってください

目的地に着いたら、慎重に物を置きます。持ち上げるときに腰を曲げてはいけないのと同じように、物を置くときも腰を曲げてはいけません。足を下げ、膝を曲げて、物を体に密着させながら置きます。腹筋を鍛え、頭を高くして物を降ろします。


物を持ち上げるときにやってはいけないこと

以下は、物を持ち上げるときにやってはいけないことのリストです。

物を持ち上げるときに、体をねじったり回したりしないこと

対象物が大きすぎたり、重すぎたりする場合は、一人で持ち上げない

対象物を高く持ち上げない

視界を遮るような大きさのものを持ち上げない

あせらない

不適切な持ち上げ方による腰痛を改善するためにできること

重いものを間違って持ち上げて腰が痛くなった場合は、以下のことを試してみて緩和してください。

しばらくの間、物を持ち上げないようにします。しばらくは物を持ち上げないようにしましょう。手押し車やハンドトラックがあればそれを使いましょう。数日間仕事を休んで休養するのもよい考えです。

物を持ち上げないときは、ランバーサポートの付いたエルゴノミクスチェアを使って、職場で座っていてください。人間工学に基づいた椅子は、背中をしっかりとサポートし、リラックスしながら背中に負担をかけないようにします。

結論

労働災害の多くは、不適切な持ち上げ方によって発生します。持ち上げの人間工学に注意深く慎重でなければ、大怪我をしてしまうかもしれません。正しい持ち上げ方に従うことで、怪我のリスクを減らし、健康と安全を確保することができます。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。