送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

職場での1対1の会話を向上させるための14のヒント

3月14日
452 ビュー

1対1の会話は、職場におけるコミュニケーションの重要な一部です。1対1の会話は、社員が上司とより親密な環境で自分の考えやアイデアを共有する機会となり、社員と上司とのより良い関係を築くのに役立ちます。

 

しかし、このような会話は難しいこともあり、その効果を最大限に引き出すためには、会話の準備や進め方を知っておくことが重要となってきます。ここでは、職場での1対1の会話をより良いものにするためのヒントを見ていきましょう。

 

1対1の会話を定義する

 

1対1の会話とは、2人の人間がお互いの考えやアイデアを共有しながら行う話し合いのことです。この種の会話は、従業員と上司の双方にとって有益であり、従業員は上司とよりオープンで正直なコミュニケーションをとることができ、より良い関係を築くことができます。

 

上司と1対1の会話をしたい理由は様々です。共有したいアイデアや提案があるのかもしれませんし、仕事で抱えている問題を相談する必要があるのかもしれません。どんな理由であれ、1対1の会話をする前に、1対1の会話のメリットを理解することが重要です。

 

 

 

1対1の会話で得られるメリット

 

職場における1対1の会話には、以下のようなメリットがあります。

 

考えやアイデアの共有

 

1対1の会話の最も重要な利点の1つは、従業員が自分の考えやアイデアを上司と共有する機会ができることです。多くの場合、社員にとって重要なことを上司と話す機会は、このような機会に限られています。

 

例えば、職場の新しいプロジェクトのアイデアや、既存のプロセスを改善するための提案がある場合、1対1の会話は、それを持ち出すのに最適なタイミングです。また、このような会話では、わからないことを上司に質問したり、懸念事項を伝えたりする機会でもあります。

 

より良い人間関係の構築

 

また、1対1の会話は、社員と上司の関係をより良いものにするのに役立つというメリットもあります。このような会話は、社員と上司がお互いをよりよく知り、信頼と尊敬を築く機会となります。

 

多くの場合、社員と上司が交流するのは、廊下やすれ違いざまの短いやりとりだけです。しかし、1対1の会話に時間を割くことは、あなたが上司との関係を大切にし、それに投資する意志があることを示すことになります。

 

問題を解決する

 

また、1対1の会話は、通常では解決されないような問題や対立を解決するために使われることもあります。多くの場合、従業員は報復や仕返しを恐れて、上司に問題や懸念を持ち出すことをためらいます。

 

しかし、1対1の会話をすることで、解決策を一緒に考えようという意思があることがわかります。また、このような会話は、小さな問題が大きな問題に発展するのを防ぐのにも役立ちます。

 

新しいスキルの習得

 

また、1対1の会話は、従業員が新しいスキルを身につけたり、仕事でのパフォーマンスを向上させたりするのに役立ちます。多くの場合、上司は部下の気分を害することを恐れて、フィードバックをすることに消極的です。

 

しかし、1対1の会話では、上司があなたのパフォーマンスについて率直なフィードバックをする機会を提供します。このフィードバックは、あなたがスキルを向上させ、より良い従業員になるために貴重なものとなるでしょう。

 

期待値を理解する

 

1対1の会話は、部下が上司の期待することを理解するのにも役立ちます。多くの場合、部下は上司が自分に何を期待しているのかわからず、また期待されていることについて異なる考えを持っていることがあります。

 

 

 

1対1の対話の種類

 

上司との1対1の会話には、フォーマルなものとインフォーマルなものの2種類があります。

 

フォーマルな会話

 

1対1のフォーマルな会話は、仕事において軌道修正し、集中力を維持するための素晴らしい方法です。重要なトピックについて話し、全員が同じ考えを持っていることを確認するのに役立ちます。

 

正式な1対1の会話は、事前にスケジュールが組まれ、通常、特定の目的や目標があります。このタイプの会話は、業績評価、年次目標、または目的について話し合うためによく使われます。1対1の会話は、通常30分~1時間程度です。

 

インフォーマルな会話

 

1対1のインフォーマルな会話は、事前に予定されておらず、通常、特定の目的や目標がありません。このようなタイプの会話は、お互いのことを知るためや、仕事とは関係のない話題について話し合うためによく使われます。1対1のインフォーマルな会話は、通常5分から10分程度で終わります。

 

1対1のインフォーマルな会話は、上司と関係を築くのに最適な方法です。より個人的なレベルでお互いを知る機会を提供し、信頼と尊敬を育むのに役立ちます。

 

 <

 

職場でより良い1対1の会話をするためのヒント

 

事前のスケジュール

 

1対1の正式な会話をスムーズに行うための最善の方法は、事前にスケジュールを立てることです。そうすることで、あなたと上司の双方が会議の準備をするのに十分な時間を確保することができます。

 

覚悟を決める

 

1対1の正式な会話から最大限の効果を得るためには、準備することが重要です。話したいことを考え、関連する書類やメモを準備しておきましょう。

 

尊敬の念を持つ

 

1対1の会話をするときに最も重要なことの1つは、敬意を払うことです。これは、批判ではなく、オープンなコミュニケーションのための時間であることを忘れないでください。相手を尊重しないと、相手はあなたの話に耳を傾けず、真剣に話を聞いてくれなくなることがよくあります。

 

オープンで正直であること

 

1対1の会話を成功させるためには、お互いにオープンで正直であることが重要です。つまり、判断や報復を恐れることなく、自分の考えや感情を自由に共有することです。また、相手の話を遮ることなく聞くことも大切です。

 

基本ルールの設定

 

正式な1対1の会話を始める前に、いくつかの基本ルールを決めておくことが重要です。これは、あなたと上司が同じ考えを持っていることを確認するのに役立ち、誤解を防ぐことができます。一般的な基本ルールには、割り込み禁止、一方的な会話、電話禁止などがあります。

 

プロフェッショナルに徹する

 

一対一の会話はオープンなコミュニケーションの時間ですが、だからといってプロフェッショナリズムを忘れてはいけません。たとえ相手が言っていることに反対であっても、礼儀正しく敬意を払った態度を保つことを忘れないようにしましょう。

 

建設的であること

 

建設的なフィードバックができるのであれば、1対1の会話はその絶好の機会です。ただし、尊敬の念と前向きな姿勢を忘れないことが大切です。誰かの仕事を批判することは、傷つく可能性があり、生産的でないことがよくあります。

 

 

 

集中力を持続させる

 

1対1のフォーマルな会話では、つい話が脱線してしまいがちです。しかし、話したいことに集中することが大切です。話が脱線しそうになったら、そっと正しい方向へ誘導してあげましょう。

 

批判をしない

 

一対一の会話で一番やってはいけないことのひとつが、上司や同僚を批判することです。これは、関係者全員にとって不快な会話になるだけです。それよりも、目の前の問題に集中し、解決策を探しましょう。

 

デリケートな話題は避ける

 

1対1の会話では、政治や宗教など、避けるべき話題もあります。このような話題は口論になりやすいので、避けた方が無難です。

 

カジュアルさを取り入れる

 

一対一の会話は、ビジネスばかりである必要はありません。むしろ、同僚とより良い関係を築くためには、カジュアルな会話にした方が良い場合もあります。つまり、仕事に関連した話題は避け、その代わりに共通の話題に集中することです。

 

話すより聞く

 

1対1の会話をスムーズに進めるための最善の方法の1つは、話すよりも聞くことです。そうすることで、同僚のことをよりよく知ることができ、気まずい沈黙を防ぐことができます。

 

ポジティブな気分で終わる

 

一対一の会話は、同僚と関係を築く絶好の機会です。最後に、時間を割いてくれたことに感謝し、また近いうちに話できることを期待していますと、前向きな言葉で締めくくるようにしましょう。

 

話すのに適した場所を選ぶ

 

一対一の会話をする場所は、実際の会話そのものと同じくらい重要です。2人が快適に過ごせる場所、邪魔されない場所を選びましょう。

 

1対1の会話に適した場所には、次のようなものがあります。

 

休憩室

 

オフィス内の静かな一角

 

近くの喫茶店

 

公園などの屋外

 

職場で会話をするのが好きなら、2名ともにデスクのそばに座るか立つかのどちらかで良いでしょう。実際、会話中にデスクが目の前にあることは有益です。手を休めることができますし、ジェスチャーを使って自分の言いたいことをよりよく証明することができます。また、デスクを使ってメモを取ることもできます。

 

デスクに最適なのは、FlexiSpotのスタンディングデスクです。このデスクは高さ調節機能付きで、ボタンを押すだけで71センチから120センチまで対応可能です。このデスクは、オフィスワーク、ビデオ会議、そして1対1の会話に最適です。

 

まとめ

 

一対一の会話は、職場で欠かせない要素です。1対1の会話は、同僚とより良い関係を築き、問題を解決するのに役立ちます。1対1の会話を成功させるためには、敬意を払い、集中力を保ち、デリケートな話題を避けることが重要です。また、邪魔されないような快適な場所を確保する必要があります。

 

最後に、時間を割いてくれた同僚にお礼を言い、前向きな気持ちで終わらせてください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。