送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

ホームオフィスを改善するための10の実用的なインテリアデザインのアイデア

11月18日
519 ビュー

太古の昔から、家やオフィスを飾ることは、インテリアデザイナーの中心的な目的でした。そして、ミニマル、コンテンポラリー、ボヘミアン、カントリーなど、思い通りの仕上がりにするための方法はさまざまです。

 

だから、従業員の効率とイノベーションを誘発するようなスタイルにする必要があるのです。そのために、私たちはナチュラルモダンのインテリアデザインのアイデアをご紹介しています。これらのデザインオプションは、すでにあるスペースを最大限に活用し、既成概念にとらわれない発想ができるようサポートします。

 

なぜ、このようなナチュラルデザインを勧めるのかというと、自然の成分には新鮮さや心地よさが宿っていることを忘れてはいけないからです。

 

さあ、次のアイデアで、オフィスをカスタマイズし、個性を磨き、生産的に仕事をするペースを速めましょう。

 

ホームオフィスを改善するファンキーなインテリアのアイデアベスト10一覧

 

特に、自宅で会社経営や何らかの才能を発揮して収益を上げている人にとって、ホームオフィスは特別な場所であり、羨望のまなざしを向けるべき場所です。

 

そのため、他のワークステーションと同じように、あるいは他のワークステーションを凌駕するようなスパイスが必要です。そのため、他のワークステーションと同じように、あるいは他のワークステーションを凌駕するようなスパイスが必要なのです。

 

その一方で、私たちが目指しているのは、お客様の趣味や好みに合わせて、オフィス内の家具を充実させることです。したがって、これらのアイデアは、より深い快適さと暖かさを与えるために信頼することができます。

 

また、これらのデザインオプションは、あなたが毎日の活動のためにインスピレーションを引き出すことができる土や素朴な装飾に恋するのを助けるでしょう。

 

アースカラーを基調としたコンビネーション

 

石灰岩のようなタイルや土のような模様が流行った頃を覚えていますか?それが今、見事に復活しています。

 

未完成の壁絵、アースカラー、ベーシックな繊維などを使って、ホームオフィスの美観を高めることができるようになりました。

 

家具やデスクの装飾は、フォールオレンジ、ラスティ、オリーブグリーン、レンガ、エメラルドなど、明るいナチュラルトーンでペイントすることができます。また、床や壁には、グラニット、ウォールナット、デザートサンディ、ベージュなど、人気の暖色系カラーを使うこともできます。

 

人間工学に基づいた正しい家具用デスクの選択

 

インテリアにアースカラーを取り入れることは、ニュートラルカラーのデザインを空間に取り入れることと相性がよいのです。つまり、いつもの仕事場に白いキャビネットや白い壁面装飾を取り入れることで、仕事中もよりリフレッシュできるのです。

 

素朴な仕事場は、新鮮さだけでなく、独特のオーラに包まれ、素晴らしい仕事場となるはずです。

 

しかし、ここでの基本的かつ最も基本的なハックは、ワークステーションにしたい場所の幅全体に適合するテーブルを手に入れることです。

 

カーペットにスタックを

 

ホームオフィスは、ラグやナチュラルなインテリアで飾ると、より輝きを増します。

 

これは、基礎となるカラーパレットを構築するだけでなく、落ち着いたタッチや感触を得るのにも役立ちます。もっと楽しくするために、単色のカーペットを使い分けたり、上の層にいくつかの配色を使ったりしてはいかがでしょうか。

 

最終的には、手織りのカーペットの方がこの点では優れていると思います。

 

花瓶の中のチップ

 

粘土で作った花器やコンテナは、ホームオフィスにナチュラルな雰囲気を取り入れるための、最も手軽でシンプルなテクニックのひとつです。

 

もし、あなたの街に発展途上の会社があれば、その会社の発展に貢献する方法として、さまざまな職人や小売店から花瓶を調達することをアドバイスします。

 

テラコッタの花瓶を愛用している方なら、十分すぎるほどの暖かさを部屋に循環させることができるので安心ですね。

 

一方、オーガナイザーや暖炉の上に、高さを変えながら3点セットで並べるのがコツです。

 

植物を取り入れる

 

植物は自然を代表する存在です。そのため、ワークスペースにアーシーなデザインを取り入れるには、植物がいかに重要であるかがわかるはずです。

 

植物は何本必要なのか、どれくらいの大きさがいいのか、それはスペースやお好み次第です。すべてはあなた次第なのです。

 

ただし、観賞用の観葉植物をシーンに取り入れることは忘れてはいけません。また、自然を存分に感じたいのであれば、庭の真ん中にオフィスポッドとしてワークステーションを置いてみてはいかがでしょうか。

 

植物は多いに越したことはない。精神的、肉体的な爽快感に驚くほどの影響を与えます。

 


手編みのプレースマットやバスケットを部屋に置く

 

オフィスの壁に取り付けられたアートワークを想像してみてください。それは、ワークスペースに好奇心と個性の深みを与えるのにうってつけの方法です。

 

そして、もし自分で面白い壁のデザインをしたいのなら、自然から得たさまざまなデザインのヒントをミックスして使うことをおすすめします。その筆頭が、手織りのテーブルクロスや水中カゴです。

 

もうひとつ、部屋に特別な雰囲気を出すには、壁紙で飾るのもいい。しかし、壁紙は明らかに緑のタッチやテクスチャーと印象的な類似性を持っている必要があります。

 

絶妙なバランスを見つける

 

コンテンポラリーなオフィスデザインを構築するために必要なのは、「中庸」であることをご存知でしょうか。つまり、中庸と無制限のバランスを取る必要があるのです。

 

そうすれば、目の前の仕事に十分に集中できますし、時間が来ればリラックスすることもできます。そこで、床や壁に飾る絵は、中間色を選ぶことをおすすめします。

 

また、適度な換気と暖かさでポジティブなオーラを保ちたいのであれば、植物を加えることもできます。

 

例えば、ブランケットやクッション、毛糸などを使ったウォールデコは、ダイレクトで快適な作業空間を演出します。

 

紙粘土の家具

 

自然派でなくとも、自然素材を使ったオフィス用品や生活用品を支持することはできます。

 

籐や織物、ペーパーケーンなどのアクセントチェアを使えば、環境にやさしいだけでなく、オフィスの印象ががらりと変わります。

 

また、予算などの準備を綿密に行えば、非常に経済的であることもメリットの一つです。

 

最後に、この種の家具の起源をご存知でしょうか?何百年も前に、インドではペーパーケーンの家具が普及していました。ですから、この家具を使うことは、インドの文化遺産を視覚的に表現していると結論付けてもいいでしょう。

 

パソコン用人間工学デスク

 

リモートワークがどのように行われるかを頭の中でイメージしてくださいと言われたら、おそらく、いつもの椅子に詰め込んで雑然としたデスクで、すぐそばにお菓子の入ったボウルを置いているワーカーのイメージが浮かぶと思うのですが、いかがでしょうか。

 

一見、快適そうに見えますが、これでは社員の能率が落ち、体脂肪が蓄積するのは確実です。そこでおすすめなのが、人間工学に基づいたスタンディングデスクです。

 

理想的な座り心地を実現するまで、昇降を調整できる贅沢なデスクです。

 

また、ほとんどのデスクは高さ調節が可能なので、立ちながら仕事をすることもできます。そして、そのように仕事をすることで、エネルギーレベルが上がり、体重をたたき出すことができるのです。

 

照明の点灯

 

何より、照明の悪い場所で仕事をするのは不快です。それに、薄暗い環境を好む人はいません。

 

退屈と疲労の元凶です。この2つの影響が忍び寄ると、目の疲れはすぐそこまで来ています。ですから、作業の適切な遂行を高める良い照明を優先させる必要があります。

 

実用的なインテリアのアイデアの中でも、光はあなたの高いテンションとエネルギーを維持するものでもあります。そして、どの照明を申し込むか迷ったら、自然光は照明のAクラスのカテゴリーだと覚えておくとよいでしょう。

 

また、部屋を広く見せることもできます。このように、いざというときに窓を閉められるように、ユニークなカーテンやシェードに投資すればいいのです。

 

ボトムライン

 

例えば、あなたがインテリアデザインのオフィスを作るために、エレガントなオフィスアクセサリーを必要としているとしたら、Flexispotのウェブサイトには十分すぎるほどのオプションが用意されています。

 

Flexispotは、デスクコンバータに始まり、エルゴノミクスオフィスチェア、エルゴノミクスオフィスデスク、アジャスタブルベッド、オフィス照明アイテム、その他のアクセサリーなど、あらゆる形態の人間工学的ソリューションを取り扱う、試験と信頼に裏付けられた販売店です。

 

今すぐユーザーの仲間入りをし、あなたのワークライフを蘇らせましょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。